神戸店営業再開、及び十三店リニューアルオープンのお知らせ

お茶を挽く

女の子がお客さんを呼べないことを「お茶を挽く」と言います。
この言葉の由来はなんと江戸時代にさかのぼり、江戸時代の芸者さんが、お座敷にお呼びがかかるのをお客さんのお茶を引きながら待っていたことらきています。お客さんのつかない芸者さんはどうしても暇で、おしゃべりばかりして時間をつぶすことになります。そういった売れない芸者さんは「おちゃっぴい」とも呼ばれていたそうです。
この言葉は現在では、キャバクラ業界以外の風俗や水商売の業界はもちろん、一般のお店などでも知られており、一般人でも意外とし言っている「隠語」になっています。

お茶を挽くの使い方

お客さんが呼べなかった時などに女の子同士の会話などでよく使われます。

女の子
今日はお茶挽いちゃった~
などです。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。