神戸店営業再開、及び十三店リニューアルオープンのお知らせ

痛客

「痛いお客さん」を略して「痛客」と呼びます。
痛いと言っても別に肉体的な痛みの事ではなく、他人から見た時にそのお客さんの行動などが、非常識で恥ずかしい場合や、多くの人が不愉快に感じる行動を取っている場合の事を言います。
キャバクラは想像の通りいろいろなタイプのお客さんがお店に来ます。したがって一言で痛客と言っても様々なパターンがあり、女の子に無茶な量のお酒を飲ますお客さんや、騒ぎすぎなどで周囲の別のお客さんに迷惑をかけるお客さんなど様々です。
こういったお客さんをあしらうには女の子のテクニックが必要ですが、飲みなれている人が多いのも事実です。ですから、上手い子は所謂「痛客」を華麗にかわしつつ売り上げにつなげる場合も多いです。

痛客の使い方

女の子①
あのお客さん強引に飲ませるからいやだな~完全に痛客だよ。
女の子②
え~お酒たくさん飲んでお金使ってくれるからいいお客さんじゃん!
このように『痛客』というのは個人の見方よってかなり違う場合もあるので、いろいろなお客さんに合わせられるように頑張りましょう!それが稼ぐコツでもあります!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。