Wワークするなら何がオススメ?実はセクキャババイトがWワークに最適なんです!

近年では、『働き方改革』という言葉をそこら中で耳にするようになっており、一昔前と比較すると、人々の働き方や職場への考え方も大きく変わってきていると言われています。特に、大手企業などでも副業が認められる会社が増えているなど、「より良い収入」を目指していくつかの職を掛け持ちするような人が増加しています。

しかし、実際に副業をしようと考えた場合には、どのような職業を副業として選択すれば良いのか…迷ってしまう人が多いと耳にします。例えば、アルバイトの代表ともいえるコンビニや居酒屋、ファミレスなどで考えると、時給も大して高くないのに、仕事自体は忙しいなど、本業を抱える人にとって、Wワークとしての仕事と考えた場合、メリットよりもデメリットが上回ってしまうという声が多いでしょう。そこでWワークに最適な業種として注目されるのがキャバクラやセクキャバなどを始めとしたナイトワークです。ナイトワークは、基本となる時給が他の仕事よりも圧倒的に高いですし、お店が忙しくなるのも、昼職の業務が終わってからと、Wワークとしてみても『稼げる・働きやすい』という条件がそろっているわけです。

実際に、ここ数年で考えると、ナイトワークで働く女性の多くは、他に本業を持っているWワークの方が急増しています。それでは、Wワークに向いているナイトワークの中でも、「稼ぎたい!」と考える方にオススメ出来るお店はどのようなお店なのでしょうか?答えから言ってしまいますが、Wワークでナイトワークをする場合、最も稼ぎやすいと言われるのがセクキャバなのです。
本稿では、セクキャバがなぜWワークで最も稼ぎやすいのか?をご紹介します!

セクキャバがWワークに最適と言われる理由は?

それでは、数あるナイトワークの中でも『セクキャバ』や『いちゃキャバ』と呼ばれる業種が「Wワークに最適!」と言われる理由を考えてみましょう。

そもそもセクキャバなどの業種は、男性からの知名度が非常に高い反面、女性からはあまり知られていないのが現状です。最近でこそ、好条件の求人情報が注目され「キャバクラより全然稼げる!」などと言われ、キャバ嬢がセクキャバに流れてくることも増えているのですが、一般の方からすれば「風俗店なの?」と少し勘違いされている部分もあるのです。最初に言っておきますが、セクキャバやいちゃキャバなどと呼ばれるお店は、風俗店ではありませんので、デリヘルのような性的サービスの提供は必要ありません。

それでは、どのような点が好まれてWワークに最適だと言われているのでしょか?以下で見ていきましょう。

理由① 時給が高い

Wワークをする方の目的は、やはり現在の収入に不満がある、将来のために貯金したい…など、お給料面が主な目的になるでしょう。そのことを考えると、セクキャバ店が最もオススメなのです。

というのも、セクキャバ店は「お触りがOKなキャバクラ」などと言われるように、単純なキャバクラ店よりも多少サービスが過激になります。そのため、基本となる時給などがキャバクラなどと比較すると1.5~2倍程度も高くなるのです。繁華街の人気店ともなると、キャバクラの平均時給が2,500~3,000円なのに対し、セクキャバ店では5,000円以上が保証されるのが当たり前になっています。また、風俗店などと比較しても、デリヘルなどは完全歩合制になっているのが当たり前で、お客様がつかなかった日は1日の給料が0円になることも珍しくないのです。
その点、セクキャバ店は時給制が採用されていますので、出勤していれば、お客様が0人だった日でも時給分は確実に保証されているのです。ちなみに、キャバクラも時給制なのですが、お客様がいない間は『時給カット』されるなど、女性に不利な制度があるお店も多いのですが、セクキャバはそういった制度がないのが普通です。

つまり、セクキャバは、「1カ月に最低でも〇万円稼ぎたい!」など、自分の計画通りに稼ぐことができ、さらに、短時間でも時給が高く確実に稼げるため、本業の合間に行うWワークだとしても確実性が高い点が人気なのです。

理由② 各種バック制度がある

ナイトワークにはどのような業種でもあるのですが、そもそもの時給が高く設定されているセクキャバでも指名やドリンクなどのバック制度が作られています。バック制度に関しては、お店によってかなり違いがあるのですが、指名バックに関しては確実に加算されると考えておいてよいでしょう。したがって、Wワークで働く方の中でも、人気嬢ともなれば時給で1万円を超えるような女性は非常に多いのです。
つまり、他のアルバイトをWワークとして選ぶことを考えると、圧倒的に効率よく稼ぐことができるのがセクキャバなのです。

理由③ 未経験でも働きやすい

セクキャバ店がWワークとして人気なのは、今までナイトワークの経験がない方でも、比較的馴染みやすいというのも理由のひとつに上げられます。

例えば、キャバクラ店で考えた場合、働く女性はトーク力のみでお客様を楽しませなければいけません。また、お店にお客様を呼ぶのもキャバ嬢の仕事とされていますので、コミュニケーション能力や経験値が稼ぐためには必要不可欠なのです。しかしセクキャバの場合には、ボディタッチやキスなどのサービスがあるため、お客様もトークよりは女性とのイチャイチャを楽しみに来る傾向があるのです。そのため、セクキャバで働く場合には、コミュニケーションやトーク力というのがそこまで必要とされず、未経験者の方がいきなりナンバークラス同等に稼ぐようなことも珍しくないのです。

セクキャバ店は、ナイトワーク未経験OK、お酒が全く飲めなくてもOKなどのメリットがあるため、女子大生のWワークとしても近年人気です。

理由④ 給料にならない仕事がない

キャバクラで働くキャバ嬢は、お店でお客様のお酒とトークの相手をするのが仕事と考えていたら大間違いです。キャバ嬢として稼ぐために、お店に出勤していない時間帯でも、メールやSNS、電話を利用してお店にお客様を呼ぶための営業を常に行わなければいけません。さらに、同伴やアフターなど、稼ぐためには店外デートが必要不可欠となってきますので、ナイトワークの代表のように言われますがWワークには適していないのです。

その点、セクキャバでは、お客様はお店が責任を持って呼ぶ決まりになっていますので、営業時間外に女性がお客様に連絡をすることなど一切ありません。それどころか、キャストとお客様の連絡先交換自体を完全に禁止しているお店が多く、安心して働くことができるのです。セクキャバで働く場合には、働いた分はきちんとお給料として帰ってくるシステムになっていますので、本業に悪影響を与えることもなく稼げるのが人気の理由のひとつです。

セクキャバWワークの注意点は?

Wワークとしてセクキャバを選ぶことには、上記のような様々なメリットがある一方、いくつかの注意点もあるのでご紹介しておきましょう。Wワークとしてセクキャバで働く場合には、メリット面だけを考えるのではなく、以下でご紹介するような点も総合的に考えて決めるようにしましょう。

注意点① 夜型の仕事というのを忘れない

まずは、セクキャバ店は、夜から深夜にかけてが本番のお仕事だという点です。Wワークとしてセクキャバで働く場合には、日をまたぐような時間まで働くこととなるので、必然的に睡眠時間が削られてしまいます。したがって、「お金が稼ぎたい!」一心で、何も考えずに出勤してしまったのでは、睡眠不足で体調を崩してしまったり、本業で大きなミスをしてしまうなど、さまざまなリスクを背負うこととなります。

対策としては、次の日がお休みの場合をメインに出勤するようにするなど、体調管理を怠らないように注意するのが必要不可欠となります。他には、お店に相談して、必ず終電前に帰らせてもらうことや、お店ではお酒を飲まないようにするなどの対策を取ると良いでしょう。セクキャバ店は、基本的にどのお店でも自由出勤制がとられていますので、本業に悪影響を出さないように働くにはどうすれば良いかお店に相談することも可能です。
セクキャバでWワークをするときには、面接の時点でWワークであることをいっておき、働き方を相談するのが良いと思いますよ。Wワークだということで面接に落とされるようなことはありませんし、隠す必要はないですよ。

注意点② 収入の良さが逆にネックになる…

セクキャバでのWワークは、一般職と比較して『圧倒的に稼げる!』というのがメリットです。実際に、週に2、3回程度しか出勤しないような方でも月収で100万円近く稼ぐような方も珍しくなく、Wワークする意味としては確実にあると言えます。

しかし、この収入の良さが人によってはネックになってしまうのです。なぜかと言うと、昼職では上司に怒られながら汗水流して働いで20万円そこそこのお給料なのに、セクキャバで短時間働いただけで100万円近く稼げてしまうわけです。そうなると、「本業をやっている意味って何?」と考えてしまい、本業を辞めてしまう人もいるのです。もちろん、その人の人生ですので、それがダメだという訳ではありませんが、ナイトワークはやはり一生できる仕事ではありませんので、きちんと副業だと割り切って働くようにするのがオススメです。
特に女子大生などがWワークで働く場合には、就職説明会の条件が馬鹿らしくなってしまい、まともに就活をしなくなる子がいるので注意しましょう。

まとめ

今回は、近年増加している副業に関して、セクキャバがWワークをする業種としては最適と言われる理由についてご紹介しました。本稿でご紹介したように、近年Wワークとしてセクキャバが選ばれることが非常に多くなっています。女性がナイトワークをWワークとして選ぶ場合、真っ先にキャバクラが思い浮かぶという人が多いと思うのですが、実際にはセクキャバの方がWワークに向いていると言えるのです。

キャバクラは、現在では『水商売』色も薄れており、若い女性が憧れの職業に上げるほど輝かしい仕事になっています。しかし、実際にキャバクラで働いてみると、お店以外の営業活動が非常にしんどく、お給料が全然割に合っていないというキャバ嬢は少なくないのです。確かに、高額なボトルが出るキャバクラは、一晩で数百万円を稼ぐようなキャバ嬢もいるのですが、それはほんの一握りで、ほとんどのキャバ嬢は拘束時間に対してもらえる給料があっていないと言います。キャバ嬢は、店外でもメールなどの営業やアフターなどの店外デートがあるため、お給料に反映されないのに拘束される…ということが多いのです。
一方セクキャバで考えた場合、お店の責任でお客様を呼ぶ決まりになっていますので、どのような方でも平均して稼ぎやすいというのが人気なのでしょう。Wワークとして、計画的にお金を稼いでいきたいと考えている方は、ぜひヴィヴィッド・クルーにご相談ください。

ヴィヴィッド・クルーでは、OLさんや美容師、看護師さんまで幅広い方がWワークとして働いていますので、Wワークでの効率的な稼ぎ方もいろいろな人に相談することができるはずですよ!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。