セクキャババイトは怖い?意外と知られていないセクキャバのメリット

今回は、ナイトワーク業界についてあまり詳しくない方が勘違いしている『セクキャバのお仕事』についてご紹介します。

セクキャバという業種は、オッパブやいちゃキャバ、ツーショットキャバクラなどと呼び名も多いですし、「キャバクラと風俗の中間のようなお店」などと言われることもあり、ナイトワーク未経験の女性からすれば謎の業界のように思われています。中には、「セクキャバは風俗だから働きたくない…」と、根本的に間違っている人も多いですし、働く前と働いてみた後でのイメージがナイトワーク業界の中でも最も大きい業種と言われています。
もちろん、働いた後には、「なんでもっと早くこの業界に気付いていなかったのか…」など、良い方に代わる方がほとんどです。というのも、セクキャバのお仕事は、全てのナイトワークで考えても、最もリスクが少なく、安定して高収入が得られるお仕事だと言えるのです。もちろん、やってみて「自分には厳しいかな…」と考える人が絶対にいないという訳ではありませんが、ナイトワークができる人であれば、おそらく『向いていない人』はいないと思います。

そこで今回は、ナイトワークの中でもあまり仕事内容まで理解されていない『セクキャバのお仕事』について、他と比較した場合のメリットなどをご紹介していきたいと思います。

法的な取り扱いや仕事内容について

冒頭でご紹介したように、セクキャバというお店については風俗店だと考えている女性が多いです。もちろん、広義の意味では風俗業というジャンル分けになるのでしょうが、デリヘルなどのような性的サービスの提供がありませんので、風俗店のように取り締まりを受けることはありません。ただし、「性風俗に近いお店」とみなされている部分もあり、街中で女性をホステスとして勧誘する、いわゆる「スカウト行為」は禁止されています。
このように、ある時は「性風俗店ではない」とみなされ、また別の視点から見た場合は「性風俗店と同じ扱いを受ける」という非常にあいまいな立場にあるのです。つまり、法律上も中途半端な立場にあるため、ナイトワーク事情にあまり詳しくない女性たちが「セクキャバ=風俗」と考えてしまい、好条件のお仕事なのに内容も見ずに敬遠してしまうわけです。

セクキャバのお仕事内容は?

それではセクキャバで働く場合に必要になるお仕事内容についてもう少し詳しくご紹介しましょう。セクキャバのお仕事をあらわすときによく言われるのが「お触りありのキャバクラ」という表現です。要は、キャバクラのようにお客様の横に座ってお酒の相手をするのですが、その時にお客様が女性キャストに触ってもOKということです。キャバクラでも多少は触られますが、本来はキャバクラでは女性に触れるのを禁止しているのです。

女性からすれば「どの程度お触りがOKなのか?」が気になると思いますが、これについてはお店によってその範囲が全く異なりますので、一概に何とも言えません。例えば、服の上から上半身を触ってもOKと言ったソフトサービスのお店から、服を脱いでお触りOK、キスや舐めあり、過激店になると下半身のお触りもOKなどサービス内容がお店によって異なるのです。
ただし、お客様へのサービスはあくまでも『お触り』程度で、性的なサービスは一切しません。他の仕事と言えば、キャバクラ同様にお客様との会話やお酒作りがメインとなります。キャバクラとの決定的な違いは、やはり『お触りOK』の部分で、本来水商売では禁止されていた「女の子の身体に触れる」ということが解禁されたこともあり、男性顧客からの支持が一気に火がついたのです。

働く女性からしても、キャバクラよりも過激になる分、お給料が良くなります。そのため、男性顧客も多く稼ぎやすいということや、性的サービスもないのに時給がかなり高いということで、近年人気急上昇のお仕事となっているのです。

あまり知られていないセクキャババイトのメリット

上述のように、セクキャバは、風俗のように性的サービスが必要ないため、体への負担が少ない上に、稼げるという非常にメリットの多いお仕事なのです。しかし、女性からはあまり知名度が高くない職業ということで、そのメリットがあまり知られていないのが現状です。ここでは、働く女性目線で考えたセクキャババイトのメリットをご紹介しておきます。

時給が高く女性の負担が無い

セクキャババイト最大のメリットと言えば、キャバクラなどと比較して、かなり高い時給がもらえるということと、キャバクラのような面倒な制度がないということです。

例えば、キャバクラであれば、繁華街の人気店で時給2,500~3,500円程度なのが一般的ですが、セクキャバの場合、人気店となると時給だけで5,000円以上のお店もあり、かなり稼ぐことができます。もちろん、ここに指名やドリンクなどの各種バックが加算されますので、それなりに稼ぐ子であれば、時給換算で10,000円を超えるキャストがザラにいるといって良いでしょう。もちろん、キャバクラのように高額なボトルが出ることは少ないので、1日に数百万円稼ぐ…などと、キャバクラのナンバークラスの稼ぎには届かないのですが、平均的な稼ぎで言えば圧倒的にセクキャバの方が稼ぎやすいです。
また、キャバクラに似ていると言われるセクキャバですが、キャバクラ嬢のようにお客様をお店に呼ぶための営業は一切必要ありません。キャバクラでは、お店に出勤していない時間帯でも、メールや電話を使ってお客様に営業をかけることが義務付けられています。しかも義務なのですが、その時間のお給料は出ません。一方、セクキャバは、お店にお客様を呼ぶ集客は全てお店の責任で行いますので、キャストが煩わしい仕事で、さらにただ働きするようなことは一切ないのです。
ちなみに、ノルマや待機バックなど、キャバクラ特有の女性に不利なシステムもセクキャバにはありませんので、快適に『セクキャバのお仕事だけ』に集中できるのが大きなメリットとなります。

自由な働き方が可能!

セクキャバは、ほとんどのお店が自由出勤制をとっています。これは、キャストが働きたいときに働きたい時間だけ働くという制度で、自分のライフスタイルに合わせて稼ぐことができるということです。例えば、昼間はOLさんや学生さんをやっている方であれば、翌日に疲れを残さずに働きたいと考えるでしょう。そのような方でも、翌日が休みの日だけ出勤する…とか、週に2日3時間だけ働くなど、自分の都合に合わせて働くことができるのです。さらに、昼間営業しているお店などであれば、主婦やシングルマザーの方が短時間だけ稼ぐ…なんて使い方をしている人も多いです。
また、キャバクラや他の風俗店と違って、指名を取るように強要されることもありませんので、かなり働きやすい環境があります。キャバクラなどであれば、指名が取れないキャストは時給が下げられる…などのペナルティがあるのが普通ですが、セクキャバで働いている場合、まずそのようなことはありません。
セクキャバは、安心して稼げるという点と、自分の都合に合わせて働けるというのも大きなメリットです。

誰もが稼ぎやすい

セクキャバは、キャバクラと風俗の中間と表現されることもあり、風俗とキャバクラのデメリットを両方受ける…と考える人がいます。しかし、そうではないのです。

上述しているように、セクキャバでは風俗のような性サービスの提供が一切ありませんので、「高収入を得たいけど風俗はちょっと…」という方でも問題なく稼ぐことが可能です。さらにキャバクラのことを考えると、トークだけでお客様を楽しませる、大量のお酒を飲んで稼ぐ…などが特長となるのですが、コミュニケーションが苦手…お酒が飲めない…なんて人であれば「キャバクラでは稼げない…」と考えることでしょう。
この点、セクキャバであれば、キャバクラほど会話は重要ではありませんし、お酒は一切飲まなくても普通にお仕事ができるという特徴があります。つまり、コミュニケーションが苦手でお酒が全く飲めない…など、一見水商売に全く向いていないと思える女性でも何の問題もなく稼ぐことができるのです。これは、そもそも来店するお客様が、キャバクラのように会話やお酒を楽しみに来ているわけではないというのが理由です。

セクキャバであれば、通常ナイトワークでは稼ぎにくい条件の方であっても、誰もが稼ぎやすいということが大きなメリットになります。

30代の方でも稼げる

キャバクラは、10代後半から20代中盤までの方が活躍するお店です。そのため、稼げる期間は非常に短いのが特徴と言えるでしょう。デリヘルなどの風俗で考えても、比較的若い女性に人気が集まります。

セクキャバも同じナイトワークに入りますので、若い女性でなければ稼げない…と考える人が多いのですが、実はセクキャバの場合30代を超えても20代前半の方と同じように稼ぐことができます。セクキャバ店は、他の業種よりも明確にコンセプトを作っているお店が多く、その中には『人妻』『熟女』をコンセプトとしたお店があり、男性顧客からも非常に高い人気があるのです。男性は、母性に惹かれるなどと言った話もありますが、実際にセクキャバ店の求人を調べてみればよくわかります。

キャバクラなどであれば「20代の方」などと記載されていることがほとんどなのですが、セクキャバであれば30代の求人もたくさん出ています。そして、人妻コンセプトのお店などであれば、20代そこそこの女性では逆に面接で落とされてしまう…ということも珍しくないのです。つまり、セクキャバは、自分に合うコンセプトのお店さえ見つければ、通常稼ぎにくくなると言われる30代の方でも稼ぐことができるのが大きなメリットです。

このメリットがあるため、主婦やシングルマザーの方がセクキャバで稼いでいるということが非常に増えています。

まとめ

今回は、高収入アルバイトを探している女性の方にもあまり知られていないセクキャバのメリットをご紹介しました。

本稿でもご紹介したように、セクキャバは風俗店と勘違いされ敬遠されたり、キャバクラと風俗のデメリットを合わせ持つと勘違いされていたり、本当の姿があまり知られていない業種となっています。しかし、高収入ナイトワークを探しているのであれば、セクキャバほど女性が稼ぎやすい環境が整っているお店はないのではないかと思います。
デメリットをあげるとすれば、他のナイトワークのようにどこにでもお店があるという訳ではなく、ある程度都会にしかお店が無いということでしょうか?地方都市であれば、セクキャバのお店がない事も珍しくなく、そもそも選択肢に入っていない…という場合もあるかと思います。しかし、こういった方であっても、「出稼ぎで働く」を受け入れているセクキャバ店も多いので、一度問い合わせてみることをオススメします。出稼ぎの場合は、交通費を支給してくれたり、すぐに入居可能な寮を用意してくれますので、旅行のついでに短期間で稼いで帰る…なんて働き方も可能です。実際にヴィヴィッド・クルーでも、女子大生の方が長期休みを利用して大阪を楽しみながら短期で稼いで帰る…なんて使い方をしている人も多いです。気軽に安心して稼げるのがセクキャバのメリットです。

ただし、注意が必要なのは、時給が高く、自由も多いなど、他業種にはない魅力がたくさんあるお仕事ですので、一度セクキャバに慣れてしまうと他の仕事ができなくなってしまう…なんて人もいます。したがって、セクキャバで働く場合には「〇〇万円貯めるまで!」などと、自分の目標を決めて働くのがオススメですよ!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。