今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

セクキャバ嬢に聞いた!セクキャバで働いている時に「しんどい…」と感じる瞬間って何?

今回は、セクキャバ嬢として働いてみようかなと考えている方に向け、「これは理解して業界に入ってこよう!」と考えられる、セクキャバ嬢のネガティブな面についてご紹介していきたいと思います。

セクキャバのお仕事は、さまざまある夜職の中でも、特に安定して高収入が得られると人気になっています。稼げる最大の金額に関して言えば、高額なボトルバックが狙えるキャバ嬢の方が高いと言えるのですが、セクキャバ嬢のお仕事は、キャスト側に不利なルールなどが無く、お店外での仕事もない、さらに通常サービスが過激な分、他の業界よりも圧倒的に時給が高いというメリットが存在しています。

こういった特徴があることから、昼職と夜職を兼業しようと考えているWワークの方には、特にセクキャバのお仕事が人気になっています。ただし、セクキャバの仕事は「出勤していれば稼げて楽!」と表現されることが多いのですが、これを鵜呑みにしてはいけませんよ。確かに、待機カットなどの制度がないセクキャバの仕事は、出勤時間に比例してお給料がどんどん増えていくものです。しかし、『楽な仕事なのか?』と言うとそうではなく、働いているセクキャバ嬢にとって「しんどいな…」と感じてしまう場面も意外に多いと言われているのです。
何も考えずに「楽に稼げそうだから」なんて理由でセクキャバ嬢を始めると、すぐに辞めてしまうと考えられますので、ここではセクキャバ嬢のネガティブな面をいくつかご紹介しておきます!

セクキャバ嬢が「しんどい…」と感じる時

それでは、現役セクキャバ嬢さんに聞いた、セクキャバ嬢として稼げていたとしても「しんどいなこの仕事…」とネガティブな気持ちになってしまう瞬間がどのような時なのかをご紹介していきましょう。なお、人によって、感じ方がかなり違ってくるものもあるので、以下で紹介する事例が、全員にとってしんどいわけではないと思いますよ。

①お客様のニオイ…

セクキャバは、キャバクラと同じ接客飲食店なのですが、お客様に接する距離感が圧倒的に近くなってしまいます。例えば、お客様は嬢へのお触りが認められていますし、キスなどもサービスの内なので、キャストはお客様とゼロ距離で接することになるのです。

お客様とゼロ距離で接する…と言う部分に関しては、それに納得してセクキャバ業界に入ってきているので、特に気にならないと思います。しかし、接客する相手の体臭や口臭については、好みの問題もありますが、セクキャバ嬢が「仕事がしんどい…」と感じてしまうポイントになるようです。
例えば、お店に来店する直前に、臭いのキツイ食べ物を食べていた…、お酒をたくさん飲んでいてアルコールとヤニの匂いが混ざってえげつない口臭に…、風呂に入っていないような匂いがする人などがいても、普段通りに接客しないといけないのです。セクキャバ嬢に取っては、臭いの問題が必ずついて回るので、上手にお客様に歯磨きさせたり、口臭用のタブレットを食べさせるスキルを覚えると良いですよ。

②おっぱいが痛い

これはセクキャバ嬢の職業病ですね。セクキャバの代表的なサービスは、「おっぱいを揉める!」と言うことですよね。そのため、セクキャバは、男性から『おっパブ』と呼ばれているわけです。

例えば、一日に1人しか接客しないというのであれば、「おっぱいが痛い…」なんて状況にまでなることはないと思いますが、当然接客するのが一日一人なはずがありませんよね。人気店のセクキャバ嬢になると、1日8時間出勤していれば、7時間半程度はおっぱいを触られている…なんてことになるケースもあるのです。ちなみに、セクキャバは、ダウンタイム制と呼ばれていて、数十分に一回お触りが出来る時間が来るタイプの店もあるのですが、最近はオールダウンタイム制で、席につけばいつでもお触りをして良いというルールの店が増えています。よって、セクキャバ嬢は、出勤していれば、常におっぱいを揉まれたり舐められたりしているので、痛くなってしまう訳です。肌があまり強くない人であれば、乳首の皮がむけてしまう…なんてこともあるようですよ。

さらにセクキャバ嬢を苦しめるのが、AVで知識を得たのか、乳首にかみついてくる客がいて、こういった客に当たった場合は、本当に痛くて「しんどい…」と感じてしまうようですね。

③鬱陶しい質問をされた時

これは精神的なしんどさに当たりますね。セクキャバ嬢によっては何も気にならないという方もいるのですが、意外に傷ついてしまう…と言っているセクキャバ嬢も多いです。

要は、席についたお客様から「何でこんな仕事してるの?」「親に申し訳ないと思わないの?」「そんなに稼いでどうするの?」などと言った質問をされるケースですね。このタイプの質問は、どの夜職で働いていたとしても一度はされると考えておいた方が良いですよ。こういった質問をされた時には、何と答えたらよいのか…と困ってしまい、笑顔で返しても、精神的にはしんどさを感じるようですね。

なお、こういった質問は、お客さも嬢が嫌がると理解しています。要は、嬢に応えにくい質問をしてストレスを解消しているようなクソ客ですので、「何を言われてもこいつより稼いでいるし」と考え方を変えてテキトーに返答しておけば良いですよ!

④ルール違反をする客がいた時

次は、ルール違反をしようとする客がいた時です。なお、セクキャバのルールに関しては、お店によって微妙に異なりますので、その辺りは注意しましょう。

基本的なセクキャバ店のルールは「上半身のお触りOK」と言うものです。また、性風俗店ではないので、お客様が下半身を露出したり嬢に触らせるなんて行為もNGです。それなのに、お客様の中には、興奮してしまっていて、無理やり嬢の下半身を触ろうとしたり、自分の下半身を触らせようとする人がいるのです。当然、ルール違反なので「ダメですよ」と優しく伝えるものの、興奮しているお客様であれば、辞めてくれないなんてこともあるのです。さらに、嬢の下半身が濡れていることを良いことに「濡れてるってことは感じてるってことだ!」と考えてしまうような人もいるわけですね。

嬢がサービスの時に濡れてしまうので、生理現象ですので、当たり前なのですが、それを自分の都合の良いように考えてルール違反をするわけです。このような客がいれば、どんなセクキャバ嬢でも「しんどい…」と感じてしまいますよね。なお、ルール違反をしてくるお客様がいて、それを指摘したとしても辞めてくれない場合、直ぐにボーイさんに助けを求めると良いですよ。お店側は、お客様がしたいのだからさせろ…なんて対応はせずに、嬢を守ってくれます。

その他の意見

最後に、少数意見ですが、セクキャバ嬢の中に「ここがしんどい…」と上げる方がいた意見もご紹介しておきます。

例えば、セクキャバはキャバ嬢と異なり、お客様との連絡先交換や店外デートをする必要がないというメリットがあります。これは、お店によっては、ルールとして明確に連絡先交換を禁止としている場合も多いので、嬢はお客様に頼まれても「ルールで禁止されているので…」と断りやすいはずです。しかし、そういったルールがあったとしても、関係なしで連絡先交換や店外デートにしつこく誘ってくる客がいるのです。フリー客にしつこく誘われた場合、「私がクビになっちゃうので」など、テキトーにあしらえば良いのですが、何度も指名して通ってくれるような客が頼んでくる場合、「申し訳なくて…」としんどさを感じてしまうことがいるようです。
他には、セクキャバの仕事環境が「しんどい」と感じる方もいます。と言うのも、セクキャバは、風俗店のように完全な個室になっているのではなく、ボックス席でカーテンのような物で仕切られているだけと言った環境になっています。要は、自分がサービスをしている姿が、他のキャストからも丸見えになってしまうような環境の店もあるのです。正直、これについては、気にならないという方の方が多いのですが、一定数のキャストは、恥ずかしさを感じてしまい、「しんどい…」と言うポイントに上げています。

まとめ

今回は、セクキャバ嬢として働いていく上で、キャストが「この仕事、ここがしんどい…」と感じてしまうポイントをいくつかご紹介してきました。

セクキャバ嬢の仕事は、非常に高額な時給設定になっていることから、出勤さえすれば、誰でも楽に高収入が得られるという点が強調されることが多いです。確かに、こういった仕事上の特徴があるのは事実なのですが、しんどさが全くないのかと言うとそうではないということは頭に入れておいた方が良いですよ。

この記事でご紹介したポイントは、実際に働いている嬢があげているポイントですので、これからセクキャバで働いてみようかな…と考えている方は、そういったこともあるのだということは理解しておきましょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

もちろん勤務地のご相談も受け付けております。神戸、京都からも好アクセスの梅田や身バレしにくい十三など、あなたにピッタリの求人を探してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。