神戸店営業再開、及び十三店リニューアルオープンのお知らせ

稼げると言われるセクキャバ嬢ですが、仕事的に我慢しなければならないポイントもある!

女性の稼げる仕事と言われているナイトワークですが、ナイトワークにもさまざまな業界が存在しています。有名なナイトワークで言えばキャバ嬢やデリヘル嬢などになるのですが、ここ数年の間で一気に注目度が高くなっているのが『セクキャバ嬢』のお仕事です。

セクキャバは、デリヘルやピンサロのような風俗店で、いわゆる『ヌキ』と呼ばれるサービスが必要になる…と敬遠していた方も多かったのですが、これが勘違いだということが理解されてきて、一気にその人気に火が付いたという感じです。もともとキャバクラから派生してできたのがセクキャバと呼ばれる業態で、仕事内容はキャバ嬢と同じく「お客様のお酒とトークの相手をする」というのが主です。キャバ嬢との違いは、接客をしている際にキャバクラでは禁止されている『お触り』がOKになっていると言う点で、その過激さから男性客に高い人気を誇っているわけです。

ちなみにセクキャバ嬢は、キャバ嬢のように高いトーク技術が必要ない、お酒を飲まなくても良い、時給がキャバクラより高いなどといったメリットがあり、現在ではナイトワークの中でもトップクラスに稼ぎやすい仕事と言われるようになっています。そのため、もともとキャバ嬢として働いていた方が、セクキャバ嬢に移籍してくることも多いのです。
ただし、「かなり稼ぎやすい!」と言われるセクキャバ嬢でも、何の苦労もなく稼げるのか?というとそうでもありません。この記事では、セクキャバ嬢が仕事上我慢しなければならない『しんどい事』とその対策についてご紹介します。

セクキャバ嬢のしんどい事とその対策について

それでは、セクキャバ嬢として働く場合に、仕事上我慢しなければならない『しんどい事』についてご紹介していきましょう。セクキャバ嬢は、非常に高額に時給が保証されていますし、その他にも各種バックが加算されますので、月収で100万円以上稼ぐようなキャストもざらにいます。しかし、いくら高額なお給料をもらっていたとしても、「嫌だな…」と思ってしまうような仕事もあるのです。

ここでは、多くのセクキャバ嬢が挙げる『しんどい事』とその対策をいくつかご紹介しておきます。

お客さんの口臭

セクキャバでは、キスもサービスのうちになります。最近増えてきた『いちゃキャバ』であれば、キスはNGとされている場合も多いのですが、通常のセクキャバではセクキャバ嬢の仕事になります。
セクキャバ嬢として稼いでいくには、いかにしてリピーターを増やしていくのかが重要なのですが、女性の中にはキスは好きな人としかしたくない…と考えている方も少なく無いでしょう。したがって、見知らぬお客様と、いきなりキスしなければならない…ということにストレスを感じてしまう方も多いです。

さらに、お客様の中には口からタバコやヤニの混じったような匂いや、にんにくの臭い、ひどいときには何か腐っているような匂いがする、口臭がきつい人もいるのです。セクキャバ嬢が挙げる『しんどい事』の中でも、お客様の口臭問題は非常に多いです。

●お客様の口臭問題対策は?
お客様の口臭がきつい場合の対策として、ブレスケアを用意しているキャストは多いです。無臭になるわけではないのですが、かなりマシになると言われています。もちろん、露骨にブレスケアを渡すと「あなたは口が臭い!」と言っているようなものですので、渡し方は注意しましょう。例えば、「はじめましてのサービスですよ!」などと口移しでブレスケアを口の中に入れるなどすれば、お客様も喜びます。

乱暴に触るなど

セクキャバに来店するお客様は、キャストへのお触りが目的です。セクキャバ嬢として働く限り、バストへのタッチや舐めは許容しなければいけないものです。
しかし、許容されているサービスとは言え、お客様の中にはかなり乱暴にバストに触ってくる人もいるのです。また、何を勘違いしているのか、乳首を噛めば女性が感じるなどと考えている方もおり、そういったお客様の接客についた場合、痛みを感じてしまうことも少なく無いのです。
そもそもセクキャバ嬢のお仕事は、毎日乳首を触られる・舐められるなんて仕事ですので、乳首の負担が非常に大きなものです。したがって、日々のケアに苦労しているというキャストも多いです。

●乱暴に触るお客様の対策は?
痛みを感じるような触り方をされた場合、まずは「優しくしてください」などと、穏やかかつストレートに頼むようにしましょう。それでもやめてくれない場合には、「ゆっくりしてくれたほうが感じる」などと、他のやり方の方が気持ち良いという伝え方をしてみましょう。基本的に、この辺りで乱暴に触るのをやめるお客様が多いです。
しかし、それでもやめない場合には、「本当に痛いから無理なんですが!」と少し強めに言っても良いです。これ以上になると、席を立ってスタッフに対処してもらうと良いでしょう。気の強いキャストになると、お客様の耳を噛んで、どれだけ痛いか分からせるような人もいるようです。

関連記事:セクキャバ嬢の悩みは「乳首が痛い…」その対策や解決法をご紹介します!

面倒な質問をしてくる客

これは、肉体的なしんどさではなく、精神的なしんどさになります。
セクキャバに関わらず、夜系のお店で働いていると、必ず一回は味わうしんどい事だと思います。これは、お客様から「なんでこんな仕事してるの?」「そんなにお金が好きなの?」「親はなんて言ってるの?」など、どうでも良い質問をしてくる人がいるのです。
はっきり言っておきますが、このタイプの質問をしてくるのは、ストレス解消や嫌がらせみたいなものですので、気にしない方が良いですよ。しかし、毎回笑顔でやり過ごすことにしんどさを感じてしまうキャストは多いのです。

●面倒な質問の対策は?
夜系のお店で働く限り、必ずこういった質問をしてくる人に遭遇しますので、あらかじめその答えを考えておくのがオススメです。もちろん、答えに関してはテキトーなウソでも構いません。例えば、「エッチなことが好きなので!」なんて答えをすれば、リピーターになってくれる可能性も高くなるでしょう。他には、「将来独立したいので」「貧乏なので自分で学費を稼ぐ必要があるんです」など、同情を買うような受け答えをして、指名を入れてほしいという話につなげるのも良いでしょう。このような質問を真に受けても意味はないので、自分の成績に役立つように答えを作るのがオススメですよ。

まとめ

今回は、セクキャバ嬢として働くうえで、仕事上我慢しなければならない『しんどい事』についてご紹介してきました。セクキャバ嬢のお仕事は、キャバ嬢などと比較しても、効率的かつ、誰でも稼ぎやすい仕事として近年人気になっています。これは、そもそもの時給がかなり高く設定されていることや、お客様の来店目的が『お触り』ですので、キャバ嬢などのように特別なスキルを必要とされないというのが大きいのだと思います。

しかし、「お触りされる」という仕事上、キャバ嬢にはない『しんどい事』というのも存在しますので、そういったデメリット面はしっかりと認識したうえで、セクキャバ嬢としてやっていけるのかを考えるべきですよ。働いてみると、「こんなに簡単に稼げるとは思わなかった…」と前向きに考える方が多いのも事実ですが、その逆に「やっぱり自分にはできない…」とすぐに辞めてしまう人もいるのです。
セクキャバでは、体験入店制度がありますので、まずは体験入店で実際の仕事内容を確認したうえで本入店を決めるようにしましょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。