セクキャバ体験入店時のお話!業界未経験者が体験入店でチェックしたいポイントは?

今回は、セクキャバ勤務を考えている人が、体験入店時にチェックしておいた方が良いポイントについてご紹介したいと思います。セクキャバは、『セクシーキャバクラ』の略称なのですが、他にもおっパブやツーショットキャバクラなどと多くの呼び名を持っています。さらに、最近では、ソフトサービスを売りにしている『いちゃキャバ』なるものも登場しており、ナイトワークで稼げるお仕事を探している方にとっては非常にややこしいという声をよく耳にします。
また、このセクキャバというお仕事は、「お触りがOKなキャバクラ」などと分かりにくい表現がされることもあり、水商売未経験の方にとっては、お仕事内容がなかなかイメージできないそうです。したがって、入店してもやっていけるのか心配で、「稼げるという話は聞くけど最初の一歩を踏み出せない…」という人が多いそうです。そこで、そういった方にオススメなのが、セクキャバ店のほとんどが導入している『体験入店』という制度を活用することです。
この体験入店は、その言葉からも分かる通り、1日そのお店で実際に働いてみて、どういったお仕事をするのかということを体験してみると言うものです。したがって、本入店の前に、本当に自分がやっていけそうなのか?やそのお店で稼げそうなのか?ということを事前に確認ができるため、とても有効な制度です。
特に、業界未経験者の方で、思い切って職種を変えようと思っている方であれば、現在のお仕事を続けながら、セクキャバでやっていけそうか確認できます。現職をやめてから「やっぱり自分には合わない…」なんてことになったら大変ですので、セクキャバ業界に入る前には、体験入店をぜひ活用するようにしましょう!
本稿では、せっかくセクキャバに体験入店するのなら、絶対に確認しておきたいポイントをご紹介したいと思います!

セクキャバの基本は押さえておきましょう!


それではまず、セクキャバがどういったお店なのか?という点について簡単にご紹介しておきます。これは、業界未経験者の人の中に、セクキャバのことを「風俗店だ!」と勘違いしている多いためです。
冒頭でもご紹介しましたが、セクキャバは「お触りがOKなキャバクラ」と言われるように、あくまでもキャバクラに近いお店であり、『ヌキ』などの性的サービスが必要な風俗店ではありません。したがって、もし業界のことをあまりわかっていない方で「性的サービスが必要だからセクキャバはNG」と考えているのであれば、安心して体験入店をしてみてください。
一般的なセクキャバのお仕事は、キャバクラと同じように、お客様の横に座り、会話とお酒の相手をする事がメインです。しかし、会話だけで終わってしまうキャバクラとは異なり、上半身へのお触りやキスなどがサービスの一環となっているのです。そのため、お客様も、キャストとの会話やお酒を楽しみに来るのではなく、『お触りができる』という点にメリットを感じ来店するので、「コミュニケーションが苦手…」「お酒が飲めない…」といったような、通常のナイトワークでは稼ぎにくくなる弱点が、一切弱点にならないということも働くキャストのメリットになります。
もちろん、お客様へのサービスの範囲は、お店やお客様によってかなり違いがありますので、正式に入店する前に、どういったサービスが必要になるのかはきちんと確認しておくようにしましょう。体験入店は、こういった事を実際に体験し、確認できるため、業界未経験の女性にはとても良い制度だと思います!

セクキャバのお仕事内容をもっと詳しく知りたい方はコチラ

体験入店でチェックしておきたいポイント

それでは、セクキャバに正式入店する前、体験入店制度を活用するのであれば、ぜひ確認しておきたいチェックポイントをいくつかご紹介していきましょう。実際に体験入店してみる時には、以下でご紹介する内容を参考にしてみてください!

☑ 給料システムについて!

まず、働くときに誰もが気になるお給料については必ず事前に確認しておくようにしましょう。特に、ナイトワークのお仕事は、一般の昼職とは異なり、お給料を支払ってもらうタイミングが様々ですので、ここの確認は必要でしょう。支払いのタイミングは、働いたその日に全額または一部を日払いしてくれるお店や、月給や週払いのように一定のタイミングでまとまったお金を支払ってもらえる場合といろいろです。したがって、正式に入店した場合には、どういった形でお給料がもらえるのか確認しておきましょう。
なお、ヴィヴィッド・クルーとは異なり、正式に入店するときには、体験入店時の時給より大幅に低くなってしまうお店もありますので、本入店時の時給やどういった事でバックがもらえるのかもしっかり確認すると良いですよ。特に体験入店すれば、現場で実際に働いている同僚キャストからどの程度稼げるか聞くこともできますので、お店選びの参考になると思います。

☑ お店のサービス内容を確認!

セクキャバは、上述したように、お店によってサービス内容がかなり異なります。また、お店ごとに明確なコンセプトを持って営業している場合も多いので、体験入店時にはお店のコンセプトや具体的なサービス内容をしっかりと確認しておくようにしましょう。
チェックポイントの例をあげると、お触りに関しては「服の上からのみお触りOK」「ディープキスの有無」「下半身のお触り(指入れ)OK」などの違いは確認しておきたいですね。他にも、ハッスルタイムなどの特別な演出があるのかなどで、働くキャストの負担がかなり変わってきますので、その辺りもチェックしておきましょう。
なお、面接時には「下半身のお触りはNGだから、うちはソフトで安心ですよ」と言われていたのに、実は暗黙の了解で下半身の指入れまでOKなどとなっているお店もありますので、体験入店時は周囲の女性キャストの接客をそれとなく観察するのが良いですよ!

☑ お店が集客力を持っているのか?

これは、セクキャバで働くキャストからするとかなり重要なポイントとなります。せっかくよさそうなお店を見つけて、働こうと思っても、そのお店自体に集客力が無ければ、あなたがいくら精力的に働いても稼ぐのは難しくなってしまいます。キャバクラとの大きな違いで、セクキャバでは女性キャストがお客様にメールをして、営業するということが無いため、お店の集客力はキャストの稼ぎに直結する問題となるのです。
とはいえ、体験入店時や面接時に「お店は繁盛しているのですか?」などと直接は聞きにくいものです。したがって、こういった場合は、以下のようなポイントをチェックすると良いでしょう。

  • ● お店の立地(大阪で言えば梅田や十三など繁華街が人通りも多く客も多い)
  • ● キャスト用の控室やトイレが清潔に保たれているか?

一番手っ取り早いのは、お店の前でしばらくの間見張っておき、客入りを見るということかもしれませんが、時間も手間もかかるのであまりオススメできません。そのため、上記の様なポイントをチェックすると良いですよ。そもそも、セクキャバのようなお店は、人通りが多い場所ほど客入りも良いので、お店の立地は重要です。他には、お客様が出入りしない、女性キャスト用の控室やトイレが清潔に保たれているのか?は意外と繁盛店を見つけるポイントになります。繁盛していないお店は、最低限のスタッフでお店を回すため、お客様が出入りしない場所まで十分に手が回らない…ということもあり、控室やトイレが汚れがちになるのです。他にも、繁盛店ほど、キャストの重要性を理解していますので、女性キャストがどれだけ気分よく働けるのか?ということを考えているため、キャスト専用の場所も清潔に保つようにするという業界的特徴があります。
こういったポイントから、そのお店の集客力を判断し、正式な入店を決めるようにしましょう。

☑ お店のコンセプトが自分に合っているのか?

お店の集客力に合わせて確認したいのが、お店がどういったコンセプトを持って営業しているのか?ということです。当然、コンセプトによって客層が決まりますので、あなたのキャラや年齢がコンセプトとかけ離れているのであれば、お店での接客にも困りますし稼ぐのも難しくなります。
セクキャバに来店するお客様は、やはり好みのキャストとちょっとエッチなことができるということにメリットを感じ来店するわけですので、JK(制服)コンセプトなど若さが売りのお店に20代後半や30代の大人の女性が入店しても指名が取りにくく稼ぎにくいものです。もちろん逆もしかりで、人妻コンセプトのお店に20歳そこそこの子が入店しても、なかなか人気が出ることはありません。
せっかくセクキャバで働くのなら、あなたのキャラと客層があっているお店を見つける方がだんぜんラクに稼ぐことができます。特にセクキャバは、人妻・熟女コンセプトが根強い人気を持っていますので、キャバクラでは雇ってもらいにくくなる30代を超えた方でも、若い人より圧倒的に稼ぐことができるのがメリットです。セクキャバは、自分に合うコンセプトのお店を見つけるのがとても重要ですので、体験入店時はコンセプトと客層を良くチェックしておきましょう。

☑ 男性スタッフの態度やキャスト同士の雰囲気を確認

セクキャバで働く場合、どうせなら働きやすく雰囲気の良いお店で働きたいものですよね!その時に重要になるのが、男性スタッフと、同僚キャストです。男性スタッフは、お店で何かトラブルがあった場合に頼るべき存在ですので、どれだけ親身になってくれるのかが、本格的に働き始めた場合重要になります。例えば、お客様はお酒が入った状態で来店するわけですので、無理やりサービス外の行為を強要してくることもあります。そのような時に、しっかりとお店を観察し、すぐに男性スタッフが対応できるような体制になっているのか?また、男性スタッフはきちんとキャストを守ってくれるのか?は体験入店時の男性スタッフの動きである程度分かります。
他にも、キャスト同士の雰囲気は、ナイトワーク独特の女性同士の派閥争いなどがあると、とても働きにくい職場になってしまう可能性があります。キャバクラよりは女性同士の争いが少ないと言われるセクキャバですが、絶対にないとは言えませんので、控室のキャスト同士の雰囲気は確認しておくようにしましょう。

☑ その他チェックポイント

セクキャバの体験入店時では、主の上記のような点を確認するようにしましょう。もちろん、他にも確認しておきたいポイントがいくつかありますので、まとめてご紹介しておきましょう。

  • ● お店で働くときの衣装は無償レンタルなのか?有料なのか?は確認しましょう
  • ● 特別なイベントは開催するのか?頻度は?また、イベント時にサービス内容は変わるのか?
  • ● 生理の時でも出勤できるのか?
  • ● アリバイ対策なと、知人バレに関する対策はどのようなことを行ってくれるのか?

他にも、個人的に気になる点があれば、面接時にスタッフに確認するか、体験入店してみて、自分の目で判断するようにしましょう!

まとめ

今回は、セクキャバのほとんどが導入している『体験入店制度』について、実際に体験入店する時には、どういったポイントをチェックすれば良いのかについてご紹介してきました。セクキャバやおっパブなどと呼ばれるお店は、昔から男性からの知名度は非常に高いものですが、女性からの知名度はまだまだ低いと言われる特殊な状況にあります。これは、セクキャバを風俗店だと勘違いしている人が多く、そもそも自分には関係のない仕事だと考えている女性が非常に多かったためだと考えられますが、本稿でもご紹介したように、風俗店ではなくキャバクラに近いお店なのです。
それどころか、セクキャバというお店は、キャバクラよりもサービスが過激になる分、お給料の基本となる時給はキャバクラの1.5~2倍程度と、稼ぎたいと考えている女性には非常にオススメ出来るお仕事だということをもっと知っていただきたいものです。特に、セクキャバは、キャバクラのようにキャストがお客様と連絡先交換をし、メールなどで営業をするということもないため、効率よく稼ぐには最も条件が良いと考えられます。
シングルマザーや主婦の方でもコンセプトさえおさえておけば、比較的楽に稼げること間違いなしなので、ぜひ一度、セクキャバの体験入店を活用してみてはいかがでしょうか?「自分には合わない…」と判断するのは、それからでも遅くないと思いますよ!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。