今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

セクキャバってどんな子が働いている?セクキャバ嬢に向いている人の条件

今回は、セクキャバで働行くことが向いていると考えられる女性の特徴について簡単にご紹介していきましょう。セクキャバは「お触りができるキャバクラ」などと形容されるお店ですので、キャバ嬢のように、男性客と楽しくお話ししてお酒の相手をしていれば良いと考えてしまう方もいます。要は、キャバ嬢の仕事に毛が生えた程度で、誰でも簡単に稼げるお仕事と思っている方も少なくないのです。

しかし、こういった考えを持ってセクキャバ嬢になってしまうと、入店後に実際に働いてみると「こんなはずじゃなかった…」など、セクキャバ嬢になったことを後悔してしまう結果が待っているかもしれません。セクキャバは『お触りができる』と言った感じで、かなりソフトなイメージでお仕事内容が説明されていることが多いので、そこまで過激なお仕事ではないと考えてしまう人がいるのです。しかし、そのようなことはなく、セクキャバではお客様がお酒を飲んでいますし、かなりきわどい部分までお触りされると思っておいた方が良いですよ。

そこでこの記事では、現在夜職の中でもトップクラスに稼ぎやすいと言われるようになったセクキャバについて、このお仕事に向いている人と向かない人の条件を簡単にご紹介していきます。

そもそもセクキャバ嬢のお仕事とは?

それではまず、セクキャバ嬢がしなければならないお仕事内容について簡単にご紹介しておきましょう。上述したように、セクキャバは、お触りができるキャバクラで、あくまでも接客飲食店に分類されるのは間違いない事実です。ただし、そのお仕事内容を詳しく見てみると「飲み屋と風俗の中間に位置するけど、風俗の方が近い」と考えてしまう方も多いと思います。

まずセクキャバ嬢のお仕事としては、キャバ嬢と同様に、お客様の席について、トークやお酒の相手をすることになります。そして、キャバクラでは禁止されている『嬢へのお触り』が、基本サービスとして認められているという点がキャバクラとの違いになります。さらに、デリヘルなどの風俗店との違いは、男性客の下半身へのサービス、いわゆる『ヌキ』と呼ばれる性的サービスは一切禁止されていることから、性風俗店ではないとされているのです。ちなみに、男性客は、自分の股間を露出したり、嬢に触らせようとすることも禁止されていて、もしそのようなことを強要されれば、お店に報告して出禁にしてしまうことも可能です。

ここまでの情報だけを見ると、「風俗よりもキャバクラに近いのでは?」と考えてしまうかもしれませんが、実はセクキャバでのお触りは、かなり過激なものです。例えば、上半身を手で触れるのはもちろん、舐めるなんてこともできますし、ソフトサービス店以外は、ディープキスなども認められています。さらに過激店になると、キャストの下半身へのお触りまで認められており、「ヌキ」が無いだけでほぼ風俗の様な感じの店もあるのです。

こういった事から、セクキャバ嬢のお仕事を甘く見ていた女性が、実際に働いてみて「ここまでしなきゃなんないの…」と面食らってしまう訳です。

セクキャバのお仕事が向いている人の条件

それではまず、セクキャバ嬢のお仕事が向いていると考えられる人の条件をいくつかご紹介していきましょう。キャバ嬢であれば、高いコミュニケーション能力やお酒を飲めることなどがあげられるのですが、セクキャバ嬢は、そういった能力はそこまで必要ないと言われています。

ここでは、ひとまずセクキャバ嬢として問題なく続けていける人の条件をご紹介していきます。

下ネタでも楽しく会話できる人

セクキャバ嬢は、キャバ嬢ほどのコミュニケーション能力は必要ないとされていますが、それでもトークが全く関係ないかというとそうではありません。お客様の席に着いたときには、お触りする前にいくらかのトークをすることになりますので、最低限のコミュニケーション能力は必要だと思っておきましょう。
稼げるセクキャバ嬢の方であれば、お客様が下ネタを振ってきても楽しくかえしたりできるようなトーク力を持っています。もちろん、下ネタへの返しなどは、経験がものを言いますので、セクキャバ嬢に向くか向かないかについては「下ネタが嫌じゃない」程度で考えておけば良いと思いますよ。

知らない人に触れられても良い/触られるのが好きな人

セクキャバで絶対に必要なサービスは、「お客様からのお触り」です。したがって、初めて会ったよく知らない人でも、体に触れられても別に構わない…、減るもんじゃないし…と考えられる人であれば、セクキャバ嬢に向いていると考えられます。
特に、知らない人でも男性に触れられるのが好き…なんて人は、セクキャバ嬢が天職なのではないかというぐらい向いていると思いますよ。セクキャバに来店するお客様は、お触りを目的に来ているわけですので、そのサービスを嫌がらないどころか、嬉しそうにしているなんて子は「この子はエロくて良いな!」と指名がたくさん集まると思います。

キスが好き、キスが得意な人

セクキャバでは、キスもサービスに含まれています。夜職で働く人の中にも、「キスはちょっと…」という方は意外に多いです。そういった方でも、仕事となれば受け入れているのですが、「キスが好き」「キスが得意」という人は積極的にお客様にサービスしますので、それだけで人気嬢に駆け上るなんて人もいます。

セクキャバ嬢の中には、ディープキスをNGにしている、自分から接触的にはしないなんて人も多いので、『キスが好き』というポイントは非常に大きな武器になることから、確実にセクキャバ嬢に向いていると言えますよ。

セクキャバのお仕事に向いていない条件

それでは、上記とは逆にセクキャバ嬢の仕事が向いていない女性の特徴についてもご紹介していきましょう。

知らない人に触られたりキスしたくない

この理由でセクキャバ嬢を諦めているという方は多いと思います。上述しているように、セクキャバのお仕事は、キャバ嬢のようにトークやお酒の相手をするのに合わせて、上半身へのお触りやキスが認められているのです。したがって、セクキャバ嬢として働けば、初めて会った人におっぱいを揉まれたり、ディープキスしなければならないわけです。なお、こういった過激な仕事があるからこそ、キャバ嬢よりもかなり高額な時給設定になっているのです。

もしあなたが、夜職で稼ぎたいと思っていたとしても「知らない人に触られたくない…」「キスまではさすがに…」なんて思うのであれば、セクキャバ嬢はやめておいた方が良いですよ。セクキャバ嬢になれば、基本のサービスとなりますので、こういったサービスを避けようがありません。

匂いに敏感な人

意外かもしれませんが、臭いに敏感で、それが態度に出てしまう…という方はセクキャバ嬢にあまり向いていません。セクキャバのお仕事は、お触りやキスがサービスの内ですので、お客様との距離が非常に近くなります。そのため、お客様の体臭や口臭がダイレクトに伝わってきます。

ニオイに敏感な人であれば、顔を背けてしまったり、言ってはいけないような言葉が出てしまったりしますので、それでお客様を怒らせてしまう危険があります。人間ですから、誰にでも体臭はありますし、それが生理的に無理だ…という場合もあり、臭いで満足にサービスができなくなる場合があるのです。
臭いがかなり密接に関係するのがセクキャバですので、敏感な人はあまりオススメできません。

まとめ

今回は、セクキャバ嬢のお仕事が向いている人の条件や向かない人の条件をご紹介してきました。この記事でご紹介したように、セクキャバのお仕事は、キャバ嬢に毛が生えた程度だ…などと考えてしまう人がいて、そういった人が入店してすぐに辞めてしまう…なんてことになるのです。

セクキャバ嬢として稼いでいきたいのであれば、お客様におっぱいを揉まれたり舐められたりすることは当たり前と考え、自分から積極的にキスしていくような子が稼ぐと考えておきましょう。もちろん、最初からセクキャバのサービスに積極的になれるなんて方は少なく、徐々に慣れていく人が多いです。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。