今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

セクキャバ嬢は稼げるけど、ストレスも多い?どんな悩みを抱えることが多いの?

今回は、夜職の中でも安定して高収入が得られると人気になっているセクキャバ嬢について、実際にセクキャバ嬢として働いる方が抱えてしまいやすい悩みについてご紹介していきたいと思います。

セクキャバのお仕事は、他のナイトワークと比較しても、女性に不利な制度が非常に少ないことから出勤さえしていれば誰でも安定して高収入が得られると人気です。さらに、大人の色気やよりエロいサービスが求められるということから、他の夜職とは異なり、30歳前後の方が最も稼げる可能性があるなど、幅広い年代の女性が活躍することができる点も、人気の理由だと言われています。

こういった夜職に関しては、「お金さえ稼げれば他は全部我慢できるでしょ!」と考えてしまう方がいるのですが、そうはいっても人間ですので、嫌なことがあれば徐々にストレスが溜まっていってしまいます。それでは、セクキャバ嬢が実施に働く際、ストレスに感じてしまう事柄とはどのようなことが考えられるのでしょうか?
この記事では、セクキャバで働いている女性が悩んでしまう方が多いと言われていることについてご紹介していきます。

セクキャバ嬢の悩みってなんだ?

それでは、セクキャバ嬢の代表的な悩みをいくつかご紹介していきたいと思います。キャバ嬢のお仕事であれば「ノルマが達成できるか不安…」「店外でのお金にならない仕事が多い…」「若い子がどんどん入ってきて指名が取れなくなるのでは…」といった悩みを抱える方が多いのですが、セクキャバに関しては、こういった悩みは一切ないと考えても良いです。
上述したように、セクキャバは若さだけが武器ではありませんので、若い子が入店してきても、いくらでも対抗のしようがあります。また、ほとんどのセクキャバ店はノルマ自体を設定していませんし、お客様との連絡先交換を禁止しているため、キャバ嬢のようにお金にもならないのに営業活動をしなければならない…なんてことが無いのです。

したがって、出勤さえしていれば、高額な時給が貰えますし、黙っていても昼職とは比較にならないほどの高収入が得られます。こう聞くと、セクキャバ嬢にはストレスなんてないのでは?と感じてしまいますよね。しかしそのようなことはなく、お仕事上の悩みは意外にあるのです。

『クソ客』が多い

まず最初に上げられるセクキャバ嬢のストレス原因は『クソ客』と呼ばれる人たちです。これは、キャバクラでも風俗店でもいるのですが、セクキャバは、他の業界よりも嬢を乱暴に扱うお客様が多い傾向にあるのです。
なぜかというと、セクキャバは、『飲みに来るお店』ではなく『お触りを楽しむためのお店』という存在だからだと考えられます。例えば、セクキャバと同じ接客飲食店のキャバクラは、お酒の席で女の子とのトークを楽しむお店で、女の子を落とす工程を楽しむために遊びに行っています。そして、女の子とトーク以上を楽しもうと思えば、店外デートに連れ出さなければならないので、嬢を乱暴に扱って、嫌われるようなことはしないのです。
一方セクキャバは、お店でトークやお酒を楽しむだけでなく、おっぱいを揉んだり、キスをしたり、かなり過激なサービスを受けることができます。その上、連絡先交換が禁止のお店が多いことから、店外に連れ出しようがないとお客様も理解しているのです。こういった理由から、セクキャバでは、お店で出来る限りのことを楽しんでしまおうと考える方が多く、ルール違反なども無理矢理迫ってきたりするのです。さらに、セクキャバは、どこかで飲んた二次会として遊びに来る場合が多いため、既にかなり酔っぱらってしまい、言動や行動が乱暴になってしまう方がいるのです。

こういった事から、「おっぱいを力強く揉まれて痛みが走る」「男性側が自分の性器を触らせようとしてくる」「ルール違反の下半身を触ろうとしてくる」など、嬢を困らせてくるのです。それを「ダメですよ~」などと優しく静止してみても、何度もトライしてくる人はいますし、制止されたことに腹を立てて暴言を吐いてくる人めでいるわけです。
要は、一つめのセクキャバの悩みは「毎日クソ客の相手が面倒くさい…」というものです。

肉体的な悩みもある

セクキャバ嬢は、職業病とも言える肉体的な悩みを持つ方が多いです。例えば、デリヘルやピンサロなど、風俗嬢の場合であれば、性病の心配がある…というのが肉体的な悩みと言えるでしょう。セクキャバ嬢に関しては、抜きなどのサービスがありませんし、下半身のお触りが基本NGですので、性病の心配はほぼゼロだと考えても良いです。

しかし、セクキャバ嬢ならではの肉体的な悩みとして『乳首が痛くなる…』という問題があるのです。セクキャバは、男性から『おっパブ』と呼ばれているように、お気に入りの女の子のおっぱいを揉んだり舐めたりすることができる点が最大の魅力となるお店です。つまり、男性客は好みの女の子のオッパイを楽しむためにお店に足を運んでいるわけです。

するとどうでしょうか?セクキャバで働く女の子は、毎日出勤するわけではありませんが、それでも多い子になると週5日程度出勤し、働く日は6~8時間ほど勤務するなんて方が多いです。そして、この出勤している時間については、ほぼすべての時間、おっぱいをいじくり回されているわけですね。
そもそも、乳首というのは、他の場所と比較しても強い皮膚で守られているような場所ではないので、長時間集中的に攻められてしまうと、あっという間に炎症や肌荒れを起こしてしまい、服が擦れただけで痛みを感じてしまう…なんてことになるのです。
もちろん、セクキャバ嬢も、クリームや軟膏などで毎日おっぱいのケアはしていますが、稼げば稼ぐほどおっぱいが痛くなる…という問題を抱えてしまうのです。セクキャバは、上述したように「おっぱいを楽しむお店」という認識を持たれているため、お客様に「今日はおっぱいが痛いから触らないで!」なんて言えません。

こういった事から、いくら高額なお給料をもらっていたとしても、その金額が大きくなるのに比例してオッパイも痛くなる…ということに悩んでしまう方がいるのです。

まとめ

今回は、夜職の中でもトップクラスの人気を誇るようになってきたセクキャバ嬢について、実際に働いてみた時に、多くの方が悩んでしまうセクキャバ嬢のストレスをご紹介してきました。

正直な話、夜職だろうと昼職だろうと、働いている限り大なり小なりさまざまなストレスを抱えてしまうことになります。ここでご紹介したようなセクキャバ嬢の代表的な悩みに関しても、中には何とも思わずに働いているという女性もいますし、誰も耐えられないようなストレスではないのは確かです。しかしその反面、お客様に乱暴なことをされる、傷つくことを言われるなんてことでセクキャバ嬢のお仕事を続けていくことができなくなる…なんて方がいるのも事実なのです。

セクキャバ嬢として働いてみようかな…と考えている方が、セクキャバが単純に稼げる場所だという点に注目するのではなく、稼いでいくためにはそれなりにストレスが溜まることも多いと頭に入れておいた方が良いですよ!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。