今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

キャバ嬢がセクキャバ嬢に?セクキャバに移籍する前に知っておきたい「サービスの違い」について

ここ数年、もともとキャバ嬢として働いている方が、セクキャバ店に移籍するということが増加していると言われています。これは、キャバ嬢は、より若いキャストが稼げる業界であるということや、稼いでいくためには、接客スキルやコミュニケーション能力がかなり重要で、お給料にならない面倒な仕事がいやになってきた…などと言った事が原因のようです。

それでは、キャバ嬢がセクキャバ嬢に転職して、何の問題もなく稼いでいけるものなのでしょうか?セクキャバは「お触りができるキャバクラ」などと表現されるように、基本的にはキャバクラに近いお仕事なのですが、長くキャバ嬢として働いていた人からすると、考えられないようなサービスの違いがあることを忘れてはいけません。
実は、お給料の基本となる時給に関しては、セクキャバの方がかなり高く設定されているため、仕事内容に慣れて普通に出勤していれば、安定して高収入を得られる業界なのは間違いありません、しかし、セクキャバ業界の仕事内容を調べもせずに転職してきたキャバ嬢さんの中には、「こんなことまでしないといけないの…」と仕事を続けていくことが困難な場合も少なくありません。
そこでこの記事では、キャバ嬢さんがセクキャバに移籍する前におさえておきたい、サービスの違いについてご紹介します。

キャバ嬢がセクキャバ嬢に転職する理由

それではまず、キャバ嬢として働いている方が、「なぜセクキャバ嬢に転職するのか?」についてご紹介しておきましょう。一般の人からすれば、『夜職=キャバ嬢』というイメージが強く、テレビなどにも月に1000万円以上稼いだことがある…なんて、伝説的なキャバ嬢が取り上げられたりするため、なんでキャバ嬢を辞めてしまうの…と疑問に思ってしまう方も多いと思います。

しかし、セクキャバには、キャバ嬢にはないさまざまなメリットが存在するのです。

安定して稼ぎやすい

まず第一の理由は、時給が高いため、安定して稼げるというポイントです。キャバ嬢は、高額なボトルを入れてもらい圧倒的に稼ぐというイメージですが、お店で働くほとんどのキャバ嬢はそこまで稼げていません。特に、お店にお客を呼ぶのもキャバ嬢の仕事とみなされているため、客の呼べないキャバ嬢さんなどは、出勤しても待機カットと呼ばれるペナルティで時給をカットされてしまったりするのです。キャバ嬢の中には、普通のOLさんなどよりも全然稼げていない…なんて方も少なくありません。

一方セクキャバ嬢は、サービスが過激になる分、基本となる時給が非常に高く、待機カットなどの制度もないことから、出勤すれば確実な高収入が得られます。お客様の来店目的がお酒ではないことから、ナンバークラスのキャバ嬢のように圧倒的に稼ぐのは難しいですが、それでも全体の平均的なお給料ではセクキャバ嬢の方が良いと考えられているのです。

面倒な仕事がない

キャバ嬢は、お客様のご機嫌を取っておくため、同伴やアフターデートなど、店外でもお客様と会ったりしなければいけません。同伴は、同伴バックが付きますので、まだ良いのですが、アフターデートになると、完全にプライベート扱いで、お給料に何の反映もないのです。それなのに、お客様に誘われれば、全てを断るわけにもいきませんし、嫌々アフターをしているなんてキャバ嬢は多いです。
他にも、お店にお客様を呼ぶためにも、お休みの日でもお客様に営業メールを送ったり、電話をしたりするのが普通です。つまり、キャバ嬢の仕事は、時給が発生しないお仕事が非常に多く、それらを時給換算してみると、一般のコンビニバイトよりも安くなるのでは…なんて考えてしまう方もいるほどなのです。

一方、セクキャバの場合、お店にお客様を呼ぶのはお店の仕事とされているため、キャバ嬢のような営業行為は一切必要ありません。それどころか、お客様との連絡先交換を禁止しているお店の方が多いので、お金にならない面倒な仕事は一切ないと言えるのです。ただ、お店によっては、連絡先交換は嬢の判断で、同伴なども自由としている場合があるので、その辺りは面接時に質問しておきましょう。

年齢があまり関係ない

最後は、セクキャバが30代を超えても問題なく稼げるという点をメリットと考えて移籍するパターンです。

キャバ嬢に関しては、若ければ若いほど稼げると言われており、25歳ぐらいになると稼ぎにくくなるなんて言われます。最近では『姉キャバ』など、25歳以上がメインで働くキャバクラも登場していますが、お店の数もそこまで多くないですし、「キャバ嬢が稼げるのは25歳まで」というのがまだまだ一般的でしょう。

しかしセクキャバはというと、30代の女性でも若いセクキャバ嬢と何ら変わらずに稼げるという特徴があるのです。というのも、セクキャバは、お店ごとにコンセプトが明確になっており、その中には人妻や熟女をコンセプトとしたお店が存在しており、業界の中では非常に高い人気を誇るのです。セクキャバは、店内がかなり暗いですし、容姿にあまり自身が無い方でもお化粧で何とでもできる業界です。そして、お客様は見た目の良さよりもサービスのエロさを重視する傾向にあることから、大人の色気を出せる30代のセクキャバ嬢が人気になるのです。
こういった事から、キャバ嬢として稼ぎにくくなってきた…という方がセクキャバに移籍することが多くなっています。

キャバ嬢が知っておきたい「サービス内容に違い」

それでは、セクキャバ嬢に転職しようかな…とお考え中のキャバ嬢さんに向けて、実際に転職する前に知っておかなければならない「セクキャバとキャバクラのサービス内容の違い」をご紹介していきましょう。

セクキャバもキャバクラも、席に着いたお客様の横に座って、お酒やトークの相手をするという点は同じと考えても良いです。また、お客様から指名やドリンクを頂くことでバックを稼ぐという点も同じですね。しかし、キャバ嬢はトークスキルやコミュニケーション能力が稼ぐために非常に重要なのですが、セクキャバ嬢の場合は「トークスキル<スキンシップ」と言った感じで、下で紹介するサービスが非常に重要になるわけです。

要は、キャバ嬢として培ってきたトークスキルなどは稼ぐための武器にはあまりならないということは覚えておいた方が良いですよ。セクキャバとキャバクラの決定的な違いは以下のようなポイントです。

  • ● トップレスで接客する必要がある
  • ● 上半身を触られる
  • ● キスもサービスのうちになっている

冒頭でご紹介したように、セクキャバは「お触りができるキャバクラ」と言われるように、なんといっても嬢の上半身にお触りすることを目的にお客様が来ます。キャバ嬢時代であれば、お触りが基本禁止ですので、最初のうちは面食らってしまうこと間違いないでしょう。しかも、一日に何人ものお客様を接客することになりますので、乳首が痛くなってしまうなど、肉体的にはそれなりにしんどい仕事だと思っておいた方が良いですよ。

実際に、キャバ嬢としてそれなりに稼いでいた…という方でも、サービス内容の違いで精神がやられてしまう…なんて方もいます。「セクキャバは時給が高いから誰でも稼げる!」などと安易に考えるのはあまりオススメできません。キャバ嬢からの移籍はその辺りを理解したうえで決断しましょう。

まとめ

今回は、もともとキャバ嬢として働いていた方が、セクキャバ嬢への転職を検討した場合、事前に知っておきたいセクキャバとキャバクラの違いについてご紹介してきました。この記事でもご紹介したように、セクキャバは、時給がかなり高く設定されていることから、安定して高収入が得られる点や、キャバ嬢みたいにお金にならない仕事がないということが注目され、キャバ嬢の転職先として人気になっているのです。

確かに、時給の高さや面倒な仕事がないというメリットは非常に大きいと思うのですが、キャバ嬢とセクキャバ嬢には決定的なサービスの違いがあるので「本当にやっていけるのか?」は慎重に考えるべきだと思いますよ。キャバ嬢からすれば、「お店でセクハラ行為は禁止だけど、触られることは多いからセクキャバ嬢も余裕」と考えてしまう方もいて、どうせ触られるなら時給が高いセクキャバの方がマシと考えるのだと思います。しかし、セクキャバのお触りに関しては、サービスの一環になっているものですので、キャバクラでのボーイの目を盗んでお触りする…と同様に考えては絶対にダメです。セクキャバに来店するお客様は、酔っていますし、かなりきわどいことまでしてくると考えておいた方が良いですよ!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。