今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

キャバ嬢として働くならセクキャバ嬢の方が良いと言われるのは何で?

女性が稼げる夜のお仕事と言えば、昔からキャバ嬢のお仕事が有名ですよね。特に最近では、現役キャバ嬢さんや、元キャバ嬢さんなどがテレビなどの大手メディアにも出演するようになっていますし、「キャバ嬢のお仕事はカッコイイ!」などと考えている若い女性も増えていると言われています。

しかし、このようなポジティブな意見がある一方では、「キャバ嬢として働くのであれば、セクキャバで働いていた方がよっぽど良い!」という意見を耳にすることが増えています。特に、一度キャバクラ業界で働いてみたという方の意見に多く、キャバ嬢として働いてみると、それまで持っていた印象はただの幻想で、とても仕事としてはやっていけない…という意見をあげる人は多いのです。

実際に、最近のセクキャバ業界では、もともとキャバ嬢として働いていました…という方が面接に来ることが増えており、そういった方の多くは「もっと早くセクキャバに来ればよかった」などと、セクキャバ業界に長く居つく方が非常に多いです。

それでは、夜職の代表と思われているキャバ嬢なのに、セクキャバ嬢の方が良いという方が多くなっている理由は何なのでしょうか?この記事では、キャバ嬢からセクキャバ嬢に鞍替えする代表的な理由について考えてみたいと思います。

女性からのセクキャバ人気が高くなっている理由は?

それでは、キャバ嬢からセクキャバ嬢に鞍替えする方が増えている代表的な理由をご紹介していきましょう。なお、最初に言っておきますが、ここで紹介するのは「キャバ嬢からセクキャバ嬢に鞍替えした人」の意見であり、キャバ嬢の仕事がダメだと言っているわけではないですよ。というのも、高額なボトルバックなどが存在するキャバ嬢のお仕事は、コミュニケーション能力やトークスキルがある人であれば、セクキャバ嬢以上に稼ぐことができるのは間違いない事実です。しかし、キャバ嬢のお仕事は、稼げる人と稼げない人の格差が大きいことから、人間関係などに疲れてしまう方も多いのです。

ここでは、実際にキャバ嬢からセクキャバ嬢に移籍した人に聞いた、セクキャバ嬢の方が良いと思った理由についてご紹介します。

面倒な仕事をしなくて済む

元キャバ嬢の方が必ず挙げるポイントがこれです。セクキャバ嬢は、お店でお客様にサービスしていれば良いだけなので、仕事とプライベートのスイッチ切り替えも簡単だし、仕事にやりがいを見出しやすいという意見です。

こう聞くと、「キャバ嬢も店でお客の接客をするだけじゃないの?」と不思議に思ってしまいますよね。しかし、実はキャバ嬢さんは、お店にお客様を呼ぶ集客も担っており、お店に出勤している時間外もたくさん仕事があるのです。

例えば、自分の指名客の方には、毎日のようにメールやLINEでやり取りしておいて、イベントなどがあった時には、きちんとお店に来てもらうようにしないといけません。さらに、出勤前の同伴については、月に〇回同伴することなどと、ノルマに設定されていますし、お客様がアフターデートに誘ってくれば、その全てを断るわけにはいきません。

そして、こういったプライベートでの仕事に関しては、同伴はバックが付くものの、それ以外のお仕事は「お客様を呼ぶために嬢が勝手にやっていること」という前提で、お給料が発生しないのです。こういった事から、うまくボトルなどを入れてもらえない嬢からすると、時間外労働で、コンビニバイトよりも時給が安くなっているんじゃないか…なんて状態になってしまいます。セクキャバの場合は、集客はあくまでもお店側が担っていることですので、お客様との連絡先交換すらしなくても良いというのが普通です。店外デートなども当然必要ありませんし、お店によっては「ルールによって禁止している」場合が多いです。

つまり、セクキャバ嬢のお仕事は、あくまでも時給が発生する分の仕事をきちんとしているだけで、安定した高収入が得られると人気なのです。

安定して稼げる

キャバ嬢のお仕事は、トップクラスの嬢になると、セクキャバ嬢よりも確実に高額なお給料を稼ぐことになります。テレビなどに登場する伝説的な元キャバ嬢などになると、一晩で数千万円稼いだ…なんて話をしていますよね。これは、非常に高額なボトルをお客様に入れてもらい、そのボトルバックが嬢に入ることで可能なお給料です。セクキャバもお酒を提供するお店ではあるのですが、お客様の目的はあくまでもお触りですし、キャバクラのように高額なボトルがバンバン出るようなことはないので、トップクラスのキャバ嬢ほど稼ぐことはできません。

それならキャバ嬢の方が良くない?と考えるかもしれませんが、非常に甘いですよ。というのも、高額なボトルを何本も入れてもらえるようなキャバ嬢はほんの一握りで、多くのキャバ嬢さんはワンドリンクを入れてもらうのに必死になるなんて状態です。そして、キャバ嬢さんの時給は、セクキャバ嬢の半分程度なのが一般的で、バックを獲得できないようなキャバ嬢は、生活すらままならない…なんて状態になるのです。要は、キャバ嬢のお仕事は、ドリンクやボトル、同伴に指名など、自分のお給料を話術で獲得しなければならず、これができない女性が非常に多いのです。

セクキャバ嬢のお仕事も、トークなどの接客はありますが、あくまでもお触りを目的に来店するお客が多いので、接客スキルがそこまで必要とされないわけです。そして、セクキャバ嬢は他のナイトワークと比較しても、時給が非常に高く設定されていますので、出勤さえしていれば、誰でも安定して高収入を得ることができます。実際に、セクキャバ嬢のおしごとであれば、「毎月〇万円貯金して、〇月までに辞める」なんて計画的に稼いでいくことも可能です。

人間関係が楽

意外にも、この意見を上げる方が多いです。簡単に言うと、キャバ嬢の世界は、キャスト同士のライバル関係がきつく、同じお店のキャスト同士でギスギスして働きにくい、一緒の空間にいるだけでストレスに感じてしまいいやになるという意見です。

上述したように、キャバ嬢のお仕事は、時給はそこまで高くなく、お客様に指名やドリンク、ボトルを頂くことで稼ぐお仕事です。つまり、どれだけフリー客の席について、自分の指名客にするのかが大切で、お店にいるキャスト全員がライバル関係になってしまうのです。さらに、お店側に決められている同伴やボトルのノルマをクリアできなければ罰金があったり、出勤しても自分のお客が来なくてバックヤードにいる時間は時給がカットされたりと、お客様を奪い合わなければならない状況が整ってしまっているのです。

一方セクキャバはというと、指名でバックが付くのはキャバ嬢と同じなのですが、そもそもの時給が非常に高い世界ですので、指名客がいなくても気にするようなキャストはほとんどいません。そして、集客はお店が担っているわけですので、出勤したのに暇でボーっとしている…なんて状態は、女の子の責任ではなく、お店側の責任になります。つまり、バックヤードでボーっとしていたとしても、その時間分の高額な時給はきちんと支払ってもらえるわけです。

セクキャバ嬢のお仕事は、こういった事から、キャスト同士の争いがキャバ嬢よりも少なく、バックヤードでは嬢同士が仲良くしているお店が非常に多いです。そのため、仕事以外にも楽しみが見つけられると、セクキャバ嬢になって良かったと考える方が多いようです。

まとめ

今回は、「キャバ嬢よりもセクキャバ嬢の方が良い!」という意見について、実際にキャバ嬢からセクキャバ嬢に鞍替えした人が、なぜセクキャバ嬢の方が良いと感じているのかについて解説してきました。

この記事でご紹介したように、キャバ嬢の中でも、お店のナンバークラスになっているような接客スキルが高い人であれば、稼ぎが非常に良いことからセクキャバ嬢になろうとは考えないと思います。しかし、キャバ嬢として稼げるのは本当に一握りで、大部分のキャバ嬢はプライベートでの営業活動を考えると、コンビニバイトなんかよりも時給が安くなっていないかな…と感じてしまう程度しか稼げていないのです。

これがセクキャバ嬢になると、基本となる時給が非常に高く、お給料にならない仕事はしなくても良いことから、効率よく安定して稼げるわけです。夜職で働く人のほとんどは、「お金を稼ぐ」ことが目的ですので、キャバ嬢では難しかったことがセクキャバ嬢になって簡単にできるようになって「セクキャバに来てよかった!」と感じているようですね。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

もちろん勤務地のご相談も受け付けております。神戸、京都からも好アクセスの梅田や身バレしにくい十三など、あなたにピッタリの求人を探してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。