神戸店営業再開、及び十三店リニューアルオープンのお知らせ

「人見知り」「お酒が飲めない」を理由にセクキャバで働く女性が多くなっている

ナイトワークや夜職と聞くと、ほとんどの方が『キャバ嬢』を真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか?最近では、現役キャバ嬢や元ナンバークラスのキャバ嬢さんがテレビに出演して「キャバ嬢時代に稼げたお金」の話を良くしていることから、一時期は若い女性のなりたい職業ランキングで『キャバ嬢』が上位にランクインしていたことがあるほどです。

しかし近年では、実際にキャバ嬢として働いてみたものの「思っていた以上に稼げない…」や「キャバ嬢の仕事は割に合わない…」なんて理由で他の夜職に移籍する方も多いようです。そもそもキャバ嬢のお仕事は「究極の接客業」などと言われるように、非常に高いスキルが求められます。また、お店に出勤していない時間にもお客様に営業をかけなければならないことや、大量のお酒を飲まなければならないため、お休みの日も何もできない…なんて面がデメリットになっていると言われているのです。

特に『人見知り』や『お酒が飲めない』なんて女性であれば、キャバ嬢になったとしてもなかなか稼ぐことができませんし、「私には夜職は無理なのかな…」と悩んでしまう人も多いと言われています。実は、こういった女性がここ最近、セクキャバ店に流れてきて、キャバ嬢時代には考えられなかったほどの高収入を得ていると言われているのです。
そこでこの記事では、一般的な夜職ではデメリットとされる特徴を持つ女性がなぜセクキャバで稼げるのかを簡単にご紹介します。

こんな人がセクキャバを選ぶ!

セクキャバは、「お触りがOKなキャバクラ」などと形容されるお店です。中には、風俗店だと思っている方もいるのですが、あくまでもキャバクラに近いお店となる接客飲食店に分類されます。

こう聞くと、「キャバクラと一緒なら意味ないのでは?」と考えてしまうかもしれませんね。しかし、セクキャバは『お触りができる』ということがメリットになるお店で、来店するお客様もお酒や女の子とのトークを目的としていないのです。そのため、「コミュ障でトークが苦手…」「お酒が飲めないからなかなか稼げない…」という方でも何の問題もなく稼げるようになるのです。

ここでは、ナイトワークの代表であるキャバ嬢ではなくセクキャバ嬢を選ぶ方の理由をご紹介します。

人見知りやコミュ障…と言った方

キャバクラは、トークのみで場を盛り上げてお客様を楽しませなければいけません。さらに、巧みなトーク技術でドリンクのおねだりや高額なボトルを入れてもらい稼いでいくのが基本となります。こういった特徴から、トークが苦手…コミュ障でなかなか初対面の人と話せない…なんて方は、思うように稼げずに挫折してしまうのです。

一方セクキャバはというと、基本的にはトークは二の次で『お触り』を楽しみに来ている方がほとんどです。逆に、トークを盛り上げすぎてしまうと、「エロいサービスをしない地雷嬢…」なんてことを言われてしまう可能性すらあるのです。
もちろん、セクキャバだからといって一言も発しないというわけではありませんが、キャバ嬢のように指名が貰えるようにトークで誘導する必要などはなく、基本的には下ネタなどの中身のない話でも構わないのです。
例えば、「おっぱいが好きなんですか?」「何フェチなんですか?」「巨乳派、貧乳派?」など、いくつかの下ネタのパターンを作っておき、テキトーに会話をしたらサービスに入った方がお客様に喜ばれるわけです。ちなみに、お客様からの会話も「エッチが好きなの?」「どこが感じる?」などといったような下ネタばかりですので、雰囲気を壊さないように回答していけば良いだけです。

こういった特徴から、人見知り、コミュ障など、上手にキャバトークができない人がセクキャバに流れてくる事が増えているのです。

お酒が飲めない人

最近では、キャバクラでも「お酒が飲めなくてもOK」などという求人をよく見かけるようになっています。ただし、ドリンクバックで稼いでいく、女性と一緒にお酒を楽しむためのお店という特徴があるキャバクラですから、かなり上手に立ち回れる人でないと、お酒が飲めなければ基本稼ぐのが難しいのです。例えば、お客様にボトルを入れてもらった場合、上手にかわしてお客様だけに飲ませるというのはかなり難しいです。つまり、ボトルバックなどで高収入を得ようと思えば、飲まないわけにはいかないのがキャバ嬢の世界なのです。

セクキャバはというと、上述したようにキャストとお酒を楽しみに来ているわけではなく、あくまでも『お触り』を目的で来ているのです。そのため、嬢が飲もうが飲むまいが全く気にすることもないのです。実際に、ほとんどのセクキャバ嬢の求人では「お酒が飲めなくてもOK」となっています。
ちなみに最近では、お客様もそこまでお酒を飲まない業界になっていますので、ドリンクバックが無く、時給を高く設定しているお店も増えています。つまり、働く女性からすれば、「飲んで稼ぐ」必要がなくなっているわけで、お酒が飲めるかどうかなど無関係に稼げる仕事と言えるのです。

30代でも稼げるから

最後は年齢的な問題です。一般的な夜職で考えれば、若ければ若いほど稼げると言われていますよね。実際に、キャバ嬢として稼げるのは25歳までと言われており、それを過ぎると徐々に収入が落ちていくとされています。

しかしセクキャバは、細かくコンセプトがわかれており、30代以上の女性でも問題なく稼げるようなお店が多く存在するのです。それどころか、求人で「30代以上の女性」とナイトワークではあまり見かけないような求人の出し方をする場合も多くみられます。
つまり、他のナイトワークではなかなか稼げない年齢になった方が、若い女性と変わらないレベルの収入を得る事ができると言う点がメリットになり、30代以上の女性が集まっているわけです。

まとめ

今回は、他のナイトワークにはない稼げる条件が揃っていると言われるセクキャバについて、最近増えていると言われるセクキャバで働く女性の特徴についてご紹介してきました。

この記事でご紹介したように、『人見知り・コミュ障』や『お酒が飲めない』『年齢』など、一般の夜職では高収入を得るのが難しいと言われる特徴がある方でも、セクキャバであれば問題なく稼げると言われているのです。実際に近年では、もともとキャバ嬢をやっていた、デリヘルで働いていたという方がセクキャバの面接に来る事が急増しています。
というのも、セクキャバは、基本となる時給が5000円以上を保証されているようなお店もあるなど、どのような条件の方でも出勤すればそれなりの高収入が得られるという特徴があるためです。現在、自分の性格やお酒などを理由にナイトワークを諦めている…という方がいれば、セクキャバを候補に入れてみてはいかがでしょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。