神戸店営業再開、及び十三店リニューアルオープンのお知らせ

セクキャバ嬢を卒業したい!円満に退店するためにおさえておきたい注意点

どのような夜職であっても、一般職のように定年退職なんて概念はなく、どれだけ頑張って働いていたとしてもお店を卒業しなければならないタイミングがやってきます。セクキャバは、他の夜職と比較すると、長く働くことができると言われますが、それでも一生続けることができる商売ではありませんし、それぞれが「そろそろ…」と思ったタイミングで辞めていくものなのです。

基本的に、こういった夜職業界というのは、「自分のお店を持ちたい」「将来のために〇万円の貯金を作りたい」など、何らかの目標を持って働いている方が多いです。そして、もともと目標としていたお金が貯まると、次のステップに移行していくことになるわけですね。
それでは、セクキャバのお店を卒業しようと考えた際、どのようにして辞めれば良いのでしょうか?普通に考えれば店長さんに「辞めたい!」ということを伝えれば良いだけと考えるかもしれませんが、やはり夜職業界のお店であれば、「すんなり辞めさせてもらえないのでは…」と考えてしまい、変に緊張してしまうという方が多いです。

そこでこの記事では、円満にセクキャバ店を卒業したいと考えた場合に知っておきたいポイントをご紹介していきます。

セクキャバ店を卒業する際の手順

まずは、一般的なセクキャバ店を辞める時の流れについてご紹介していきたいと思います。セクキャバ店を辞めたいと思う理由に関しては人それぞれで、「目標金額が貯まったから、夜の仕事自体を卒業する!」「お店に不満があるから別の店に移籍したい!」など、セクキャバ業界を卒業しようとしている方から、夜職を辞めるわけではなく移籍したいだけの人まで、さまざまな理由が考えられます。
どのような理由があるにしろ、本気でお店を辞めようと考えているのであれば、きちんと筋を通して辞めるのがオススメですよ。「引き止められるのが面倒だし…」などと考えて、無断で出勤しなくなるなんて対応をしてしまうと、いろいろな人に迷惑をかけてしまいますし、あなた自身にも何もメリットがありません。以下に、セクキャバ店を辞める時に一般的な流れをご紹介しておくので、これを守るようにしましょう。

STEP1 退店後の事を考えておく

どのような職業でも、仕事を辞める時には次の仕事は何をするのかなど、退店後のプランを練っておくことが大切です。例えば、面接に行くお店を決めておくだとか、昼職の仕事の入社日を決めておくなど、セクキャバを退店した後のことをしっかりと決めておきましょう。なお、セクキャバのようなお店は「辞めさせてもらえない…」なんてイメージを持っている方がいますが、今の時代そのようなお店はないと考えて良いですよ。引き留めるために説得などはしてきますが、本人にやる気がないとわかれば、普通に辞めさせてくれるお店ばかりです。やる気がない子を雇っていても、お店にも何のメリットもないからです。

こういった理由から、次に予定については、ある程度詳しく決めておいても構わないと思います。次に仕事の入社日などが決まっていれば、退店までの仕事のモチベーションにもなりますので、「先が決まっていなくて不安…」なんてこともなく最後まで頑張れます。ただし、後述しますが、「次に仕事が決まったから明日辞めます!」なんてのは絶対にNGですよ。
セクキャバのような夜職は、精神的に疲れてしまい、急に感情的になって辞めてしまう…なんて方もいるのですが、このような辞め方をしてしまうと、生活に困ってしまいすぐに夜職に出戻りしてしまう…なんて可能性があります。何事も計画的に進めていくのがオススメです。

STEP2 退店の意思を伝える

夜職を辞める時には、店長さんなどに退店の意思を伝えることに緊張してしまう…なんて方が多いです。しかし、正直な話、緊張などする必要などないですよ。今まで頑張って働いてくれた子や、きちんと真面目に売り上げを上げてくれる子が辞めてしまうのは、確かにお店にとってダメージですので、引き留めるということはすると思います。しかし、女性側の意思が決まっているという場合、強引に引き留めようとするなんてことはありません。
お店に引き留められたからと言って押し負ければ、次にステップに進めなくなってしまいますので、ここは強い意志を持って「辞める」ということを伝えましょう。もちろん、辞めるという意思を伝えた後も、何度かお店に出勤することになると思いますので、その際は感謝の気持ちを持って真面目に働くと良いでしょう。
ここで、お店にお世話になったということをきちんと伝え、気持ちよく辞められるように話をまとめられるようにしましょう。円満に辞めることができれば、お互いに気持ち良いものです。

STEP3 退店までに写真の扱いを聞いておこう

退店が決まった時に気になることは、営業サイトや公式サイトなどに使用されている自分の宣材写真の事ですよね。個人が特定できないように、加工されているとはいえ、辞めたはずのお店にいつまでも自分の写真が掲載されていれば、やはり良い気がしない…という方がほとんどだと思います。
したがって、退店日が決まった後に、お店のスタッフさんに「〇月〇日に退店するので、その日にサイトから写真を消してほしい。」と依頼しておきましょう。基本的に、多くのお店は何も言わなくてもすぐに消してくれるのですが、中にはしばらく残している…なんて場合があるのです。

円満に退店するための注意点について

それでは、セクキャバ店を円満に辞めるために注意しておきたいポイントをご紹介しておきます。「辞めるのは自分の勝手だ!」という気持ちは分かりますが、お店側に迷惑をかけてまで無理矢理辞めるのはよくありませんよね。お互いが気持ちよく円満に退店できるようにするには、以下の点に注意しておきましょう。

急に辞めるのはNG

お店側は、ルールを守って辞めるのであれば、引き留めはするものの「次の仕事も頑張ってね!」という応援の気持ちも持っています。しかし、お店の事を何も考えずに「急に辞める!」のはとても困ってしまうのです。もちろん、体験入店や本入店して1日や2日なんて感じの新人さんが「やっぱり合わないので辞めさせてください…」という場合であれば、しょうがないか…という感じで辞めさせてもらえるでしょう。

しかし、数カ月や数年以上働いていたキャストが、何の連絡もなくいきなりいなくなる…なんて行為は完全にマナー違反です。お店に連絡もせずに勝手に自主退店することを「飛んだ」・「飛ぶ」などというのですが、夜職業界ではいきなり飛んでしまう…という方が非常に多いと言われています。特に、わりあい長く働いていたキャストが飛んでしまうと、スタッフもお客様もかわりに出勤する女の子も困ってしまう訳です。
夜職業界のお店を辞める時でも、一般職と同じく、1カ月前には辞めたいという旨をお店に伝えるようにしましょう。そうすることで、代わりの人員を探すことができますし、ひいきにしてくれたお客様に最後の挨拶をすることもできます。

姉妹店・系列店への移籍はNG

セクキャバ業界での移籍では、原則として姉妹店などへの移籍がタブーとされています。ただしこれは、こっそりと辞めて移籍するという行為で、きちんとお店のスタッフに移籍したい理由を話せば、お店間で話をつけてくれるので、逆に働きやすくなる場合があります。
こっそり移籍したとしても必ずバレてしまいますので、「あの店で働きたいです!」とお店のスタッフに正直に話しましょう。

まとめ

今回は、セクキャバを辞めたいと思った際、できるだけ円満に退店するために知っておきたい基礎知識をご紹介してきました。この記事でご紹介したように、セクキャバのような夜職業界では、いまだにお店に何の連絡もせずに飛んでしまうようなキャストがいます。しかし、このような辞め方はお店との間に遺恨を残してしまう結果になるので絶対にやめましょう。

「なかなか辞めさせてもらえないのでは…」と思われているセクキャバ業界ですが、近年では夜職の中でもかなり人気の高いお仕事になっており、人気店になると働くキャストに特に困っていないという場合がほとんどです。そのため、辞めたい理由をきちんと伝え、お店が人員確保のために余裕を持ったスケジュール(1カ月前など)で辞めるのであれば、強引な引き留めはほとんどないので安心しましょう。
円満に辞めておけば、将来お金が必要になった際、好条件で出戻りさせてくれる可能性があるので、万一の事を考え良い関係を保ったまま辞めるのがオススメです。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。