今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

セクキャバ嬢を卒業する時の注意点!円満退店が万一の時に役に立つ!

今回は、頑張って働いてきたセクキャバ嬢のお仕事について、何らかの理由で辞めようと思った時の退店方法についてご紹介していきたいと思います。夜職の中でもセクキャバ嬢のお仕事は、比較的長く続けることができるのですが、それでもさまざまな理由でセクキャバ嬢の仕事をやめようと思う時があると思います。

例えば、独立のためにお金を貯めていた人が目標金額が貯まった、学費のために働いていたけど卒業したなど、人それぞれの退店理由があると思います。それでは、このようにセクキャバ嬢のお仕事を卒業しようと思った時には、どのようにして辞めるのが一番良いと思いますか?こういった業界は、突然お店に来なくなってしまい、その流れで辞めてしまう…なんて方も少なく無いのですが、こういった辞め方はいろいろな人に迷惑をかけてしまうことになりますので絶対にオススメすることはできません。

特に、『出戻り』が多い夜職業界では、可能な限り円満に辞めておけば、万一の時に非常に心強い味方になってもらえる場合があるのです。そこでこの記事では、円満にセクキャバ嬢を卒業する流れについてご紹介します。

セクキャバを辞める時の流れ

長くセクキャバ嬢として頑張っている方でも、何らかの理由でセクキャバ嬢からの卒業を考えることはあるでしょう。例えば、

  • ●それなりの貯金ができたし、そろそろ夜職自体をあがりたい
  • ●今の店よりも好条件のお店を見つけたから移籍したい
  • ●大金を稼ぐ必要がなくなった

など、セクキャバ嬢を卒業する理由は人それぞれです。
もちろん、お仕事を続ける・辞めるというのは個人の自由なので、それ自体は何の問題もないと思いますが、辞め方はきちんと考えておかなければいけません。以下に、セクキャバ嬢を卒業しようと考えた時に頭に入れておきたい、適切なステップをご紹介しておきます。

STEP① 退店後のプランを練っておく

セクキャバ嬢をやめる時には、しっかりと次に何をするのかを決めたうえで辞めることをお勧めします。
例えば、夜職自体を卒業して昼間に働く場合には、きちんと昼間の仕事に目星をつけておく方が、退店までの仕事にモチベーションを持てると思います。感情的になって、急にお店をやめてしまうと、後々の生活に困ってしまい、夜職自体を卒業できなくなってしまう…なんてリスクもあるでしょう。
したがって、きちんと計画的に退店と退店後の仕事を考えておきましょう。

STEP② 退店の意思をお店に伝える

お店に「辞めます」と伝えるのは、最も緊張する瞬間だと言えるでしょう。しかし、ここでの態度や会話のやりとりが、円満に退店できるかに関わってくる重要ポイントです。
セクキャバ等の夜職に関しては「辞めたくても辞めさせてもらえない…」なんてイメージを持っている方もいますが、これは間違いですよ。もちろん、勤務態度も良く、売り上げが良い子であれば、辞めてしまうとお店の痛手になりますので、引き留められることはあると思います。しかし、ここで押しに負けずに「辞めます」と伝えれば、普通に辞めさせてくれる業界なのです。したがって、今後の予定を決めたのであれば、強い意志を持ってきっぱりと自分の気持ちを伝えましょう。
なお、実際にやめるまでの期間に関しては、出勤する時があればしっかりと頑張るようにしましょう。最後まできっちり仕事を果たし、これまでお世話になった感謝の気持ちを伝えることが、円満な退店のコツです。

STEP③ 退店後の身バレ防止について

夜職をやめる時には、退店後の自分の写真についてきちんと確認しておくようにしましょう。セクキャバなどの夜職であれば、公式サイトや営業用ポータルサイトなどで、宣材写真を掲載しているのが普通です。もちろん、誰か特定できないように加工がされていますが、身バレ防止の事を考えると消してもらわなければいけません。退店したお店なのに、いつまでも自分の画像が掲載されているのも、なんとなく良い気持ちがしませんよね。

したがって、退店日が決まれば、それ以降の「いつ?」サイト上から画像を削除してもらえるか確認しておきましょう。まともなお店であれば、早急に対応してくれるはずです。

退店する時の注意点

それでは次に、お店をやめる時にトラブルにならないようにするため、おさえておきたいポイントをご紹介していきます。

急に辞めるのはNG

お店側が困ってしまう辞め方は、突然辞めてしまう…という行為です。もちろん、体験入店などであれば、その場で「合わなかったので辞めます」なんてことが通用しますが、レギュラーとしてそれなりに働いている方が、何の連絡もなしに突然来なくなる…なんて辞め方は完全なマナー違反です。
夜職業界では、連絡なしの自主退店を「飛んだ」・「飛ぶ」と言いますが、現在でもお店に何の連絡もなく突然飛んでしまう女の子は少なく無いのです。こういった辞め方は、お店や代わりに出勤する女の子も困りますが、何よりその子を目当てに来ていたお客様まで失望させてしまいます。夜職業界であっても、一般の会社と同じく、一カ月前には退店の意思を伝えるようにしましょう。

姉妹店・系列店への移籍はきちんと伝える

夜職をあがるのではなく、他のお店に移籍する場合でも、姉妹店・系列店への移籍は注意です。基本的には、こういった行為はタブーとされていますので、こっそり移籍しようとするのではなく、正直にスタッフに話すようにしましょう。
辞めてからこっそりと働いてもバレてしまう可能性が高いですし、きちんと理由をそえて「あの店で働きたい」と伝えましょう。その方が移籍先でも働きやすくなります。

夜職業界は『出戻り』が多い

ここまでの説明は、セクキャバ嬢をやめようと思った時に、できるだけ円満に退店するための注意点をご紹介してきました。しかし、この記事を読んでいる方の中には、「どうせ夜職を上がるのだし飛んだ方が早い」と考えてしまう方もいるのではないでしょうか?実は、この考えはかなり損な考えなのです。

というのも、こういった業界は、一度辞めた女の子が再び「働きたい」と戻ってくることが非常に多いのです。例えば、他店の方が良い条件のように見えたけど、実際には元のお店の方が合っていた…なんてことも多いですし、昼職で働き始めると、生活費が足らなくて出戻りする…なんて方も多いのです。
このように、一度辞めたお店に出戻りしたいと考えた場合、きちんとお店と話し合って、迷惑をかけないように円満に退店していれば、お店側も快く迎えてくれるでしょう。経験豊富な方であれば、昔の好条件のまま再雇用してくれるなんて可能性もあるのです。しかし、何の連絡もせずに勝手にお店を辞めてしまった場合はどうでしょう?この場合、次に雇っても、いつまた飛ぶか分かりませんし、「あれだけ迷惑をかけたのに…」なんて心理も働き、雇ってもらうことは難しくなりますよね。

つまり、円満な退店は、将来的な選択肢を残せると言う点で、非常に大きなメリットがあるわけです。

まとめ

今回は、セクキャバ嬢を卒業しようと思たっ時に、皆さんがおさえておきたい円満に退店する方法をご紹介してきました。基本的は、一般のお仕事を辞める時と同じく、一カ月程度前に『辞める』ということをお店に伝えて辞めるという感じにすれば何の問題もありません。こういった業界では、辞めたいと伝えても辞めさせてもらえない…なんてイメージを持っている方もいますが、まともなお店であれば、引き留めはするものの、辞めさせない…なんて対応をするようなことはありません。これは、『辞めさせてもらえない…』などと考えている女性を雇っていたとしても、サービスの質が悪くなる一方ですので、お店の評判まで下げてしまう危険があるためです。

したがって、「辞めさせてもらえない…」なんて考えを持つのではなく、しっかりと強い心を持ってお店に『辞めます!』と言えば良いだけでよ。変な心配をして『飛んでしまう…』なんて対応をすれば、将来の自分の首を絞めることになるかもしれませんので、一社会人としてきちんとした対応をとるようにしましょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。