今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

最近セクキャバ嬢が稼げるってホント?仕事内容やセクキャバ嬢の特徴をご紹介

新型コロナウイルス問題も落ち着きを見せ始めている現在、夜関係のお店も普段の姿を取り戻し始めていると言われています。今回のコロナ問題は、多くの人に深刻な影響を与えていると言われており、生活のために何とかお金を稼げなければならない…なんて人も多くなっています。そして、夜職業界では「今後似たような感染症問題が生じた時のため貯金を作りたい」という目的でWワークを始めようと考えている方が急増しています。

もともと、働き方改革などで副業が認められるようになってから、セクキャバでも昼間はOLとして働いているという方が、Wワークをするということが多くなっていました。これは、キャバクラなどとは異なり、セクキャバはお酒を飲む必要がない事や、お客様にキャストが営業する必要がないことから、昼職に悪影響を出さずに安定して稼げるという点が大きなメリットと考えられたからです。さらにこの状況に、コロナ問題も伴って、急激にセクキャバ嬢のお仕事が人気になっています。

そうはいっても、夜職業界で働いたことがない人からすれば、「そもそもセクキャバってどんな店なの?」という基本的な部分が気になり、最初の一歩を踏み出せない…という方も多いようです。そここの記事では、セクキャバ嬢の仕事内容や特徴、働くことで得られるメリットなどを解説していきます。

セクキャバ嬢のお仕事について

セクキャバは、男性からは『おっぱぶ』などと呼ばれるお店ですが、よく言われる表現は「お触りがOKなキャバクラ」というものです。セクキャバはキャバクラ業界から派生してできたもので、キャバクラでは禁止されているキャストへのお触りが認められているという点が大きな特徴になります。男性が『おっぱぶ』と呼ぶのは、簡潔に言うと「おっぱいを触れるキャバクラ(パブ)」のようなお店だからですね。

なお、あくまでもキャバクラから派生した接客飲食店という扱いですので、認められているのは上半身のお触りとキスなどで、男性客は射精どころか自分の下半身をキャストに触らせる、露出することすら禁止されています。つまり、働く側からすれば、「お触りやキス」がある分、キャバクラよりも過激な仕事になるのですが、デリヘルやソープなどで必要になる『ヌキ』と呼ばれるサービスの提供はしなくてもOKです。

簡単に仕事内容を説明すると、お客様の席について、トークやお酒の相手をするのですが、その時にお客様はキャストへのお触りが認められているといるので、おっぱいを揉まれたり舐められたりするのが仕事になります。ちなみに、お客様はキャストの反応を楽しむわけですので、人気嬢になるためにはエッチな反応をしてあげると良いでしょう。
セクキャバのお触りに関しては、ダウンタイム制かオールダウンタイム制かによって異なります。ダウンタイム制のお店は、通常時はキャバクラのように、トークとお酒を楽しむのですが、10分おき程度でダウンタイムに入り、その時に嬢がお客様の膝の上にのってお触りできるようになるという感じです。オールダウンタイム制の場合は、席について女の子が来てくれた瞬間から触ってもOKで、セット時間中ずっとお触りをさせると考えておきましょう。

嬢からすれば、オールダウンタイム制の方が肉体的にしんどいのですが、その分、時給などの条件が良くなります。

サービスの流れ

サービスの流れについては、お店によって微妙に異なるのですが、一般的に以下のような流れと考えておきましょう。

まず、ソファーに座っているお客様のところに案内されるので、簡単な自己紹介からスタートします。セクキャバ嬢のお仕事は、キャバ嬢ほどのトーク力は必要ないとされるのですが、それでも全く話さないというわけではありません。したがって、自己紹介の時に何か話を振ってお客様との会話の糸口をつかむようにすれば、スムーズに接客ができるようになります。
席につけば、最初はお客様のお酒をつくり、トークを楽しむといった感じです。この辺りはキャバ嬢のお仕事とさほど変わりはありません。なお、衣装に関しては、お店のコンセプトによってさまざまな物が用意されます。ただし、上半身を触られるわけですので、キャバ嬢以上の露出度とはだけやすいものが多いです。
オールダウンタイム制のお店であれば、会話もそこそこに、お客様はキャストへのお触りを楽しみ始めます。通常のセクキャバであれば、キスもサービスの内ですので、嫌がらずに積極的にした方がお客様受けは良いです。セクキャバは、下半身のお触りはNGのお店がほとんどですが、キスまでNGのお店はないと考えましょう。最近ではいちゃキャバなるお店が登場していて、そちらはキスがNGになっていたりするので、「どうしてもキスまでは…」という方は、いちゃキャバ程度にした方が良いです。

セクキャバ嬢の仕事は、「会話・キス・胸を触る」という3点セットが基本で、逆に言えばこれさえできていれば、こなせる非常にシンプルなお仕事になります。そして、サービスが過激な分、キャバ嬢の倍近い時給設定になっていますので、Wワークで稼ぎたいと考えている方にとっては非常にオススメです。

セクキャバ嬢のメリット

それでは、セクキャバ嬢のメリット面について簡単にご紹介しておきます。

安定して稼げる

セクキャバ嬢の最も大きなメリットが、他の夜職と比較した場合、かなり安定して稼げるという点です。稼げる金額の最大値は、高額なボトルが出るキャバ嬢の方が上なのですが、キャバ嬢でそこまで稼げるのはごく一部です。

しかし、セクキャバの場合は、基本となる時給が非常に高額で、出勤さえしていれば、100万円近い月収は誰でも比較的簡単に稼げてしまうのです。これは、集客をお店が担っているという点が大きくて、キャバ嬢の場合、キャスト自身がお客様にメールなどをして集客することになっていて、客が呼べなければ時給までカットされてしまう…なんて非常に厳しいルールがあるのです。風俗に至っては、完全歩合制が基本ですので、出勤しても客が付かなければ、お給料は0円です。

一方セクキャバは、出勤しても暇…なんてことになっても、悪いのはお店ですので、何もしていなくても高額な時給分のお給料を必ず支払ってもらえます。こういった事もあり、計画的に稼いでいきたいという方には最もオススメな仕事と言われるようになっています。

特別なスキルが必要ない

セクキャバ嬢は、「会話・キス・胸を触る」という3点セットができれば稼げるとご紹介しましたね。逆に、この3つができない人などほとんどいないのが実情で、稼いでいくために特別なスキルを必要としないという点が大きなメリットなのです。

キャバ嬢は、お客様から指名やドリンク、ボトルなどを頂くことで稼ぐお仕事で、時給はそこまで高い業界ではありません。つまり、指名やボトルを入れてもらえるスキルが無い人は、思うように稼げないのです。セクキャバもキャバクラから派生したお店なのだし、ボトルとかで稼ぐのでは?と思うかもしれませんが、セクキャバに来店するお客様の目的は「おさわり」です。つまり、嬢がどれだけ頑張ってもボトルなど入ることはほとんどなく、お店もそれを理解しているので、変なプレッシャーなどをかけることすらありません。

そもそも、最近のセクキャバは、ドリンクを飲み放題にして時給と指名で稼ぐようにしているケースが増えているほどですので、トークで高額なボトルを入れさせる…と言った技術が無くても稼げますよ!

まとめ

今回は、近年女性からの人気が非常に高くなっているセクキャバ嬢のお仕事の基本をご紹介してきました。コロナ問題の影響で、Wワークをしてでも稼ぎたい…と考えている方が増えていると思いますが、昼職に影響を出さずに働くのであれば、セクキャバのお仕事が最も効率的だと思いますよ。

もちろん、男性から上半身を触られる、キスなどをしないといけないなど、通常の飲み屋にはないサービスが必要ですが、逆に言えば、それさえ我慢できるのなら、これほど安定して稼げる業界は夜職業界にも他にありません。「自分に本当にできるかな…」と不安に思う方もいると思いますので、まずは体験入店だけでも試してみてはいかがでしょうか?

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

もちろん勤務地のご相談も受け付けております。神戸、京都からも好アクセスの梅田や身バレしにくい十三など、あなたにピッタリの求人を探してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。