今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

夜職業界でも特別!セクキャバは若くなくてもトップクラスに稼げる稀有なお仕事!

夜職業界にはさまざまなタイプのお店が存在します。キャバクラを始めとした接客飲食店に、ピンサロやデリヘルなどの風俗店についても、一般の人からすれば、同じような夜職業界というくくりになります。

そして、こういった夜の業界というのは、「女性が稼げる」お仕事というイメージが非常に強いですよね。しかし、働く女性からは「どうせ稼げるのは若いうちだけで、30歳を超えてくると、途端に稼げなくなるものだ!」と考えてしまう方がほとんどです。実際に、圧倒的なお給料を稼ぐ人もいるキャバクラ業界などを考えてみても、テレビに登場しているような元伝説的キャバ嬢さんが、30歳にもなっていないのに、すでに引退して他の仕事をしているのが普通ですよね。

キャバクラ業界は、若ければ若いほど人気が出る業界と言われており、25歳程度で一般的なキャバ嬢が稼げる限界と言われています。要は、夜職業界というのは、若いうちに大金を作って、さっさと他の仕事をするのが当たり前の業界というのが今までの常識だったわけです。それがここにきて、セクキャバの人気が高まると共に、30歳を超えても夜職業界で輝けると言われるようになっています。

そこでこの記事では、セクキャバ業界が、他の夜職と異なり、30歳以上の女性でも稼いで行ける理由を簡単にご紹介します。

若い女性と競う必要がない!

冒頭でご紹介したように、セクキャバ業界は、30代はもちろん、40代の方でも稼いで行ける稀有な夜職といわれるようになっています。ただし、このようなことを言われても「求人ために大げさに言っているんでしょ!」と考えてしまう女性は多いことでしょう。しかしそのようなことはなく、セクキャバ業界というのは、そもそもお店の中で若い女性と競う必要がないという特徴があるので、30歳を超えていても、年齢が目立つようなことがないのです。

こう聞くと、「セクキャバは若い子がいないの?」と疑問に思うかもしれませんがそうではないですよ。セクキャバ業界は、他の夜職のお店と比較しても、かなり明確にお店のコンセプトを決めて営業しているということから、30代の女性と20歳そこそこの子が競うという状況にならないのです。

どのようなセクキャバ店でも、お店のコンセプトをを明確にして、それに合わせた求人を行っています。そして、このコンセプトは、お客様がお店選びをする際に「どこに行けば自分の好みの女性がいるのか?」を判断するポイントでもあるのです。したがって、他の業界のように、コンセプトはあるものの、求人はコンセプトをそこまで重視しない…なんてことをしません。
セクキャバでは、若い女性が働くJK制服コンセプトや素人コンセプト、30代以上が働く人妻・熟女コンセプトなどに分かれていて、若さで勝負するのではなく、どれだけのサービスを提供するのかでキャスト同士が勝負をしているのです。

そして、30代以上の女性は、若い人には出すことができない、大人の色気というものを持っており、これが男性から非常に支持されるということで、セクキャバ業界の中でも人妻・熟女コンセプトがナンバーワンの人気を誇っているような時代になっているのです。
こういった事から、セクキャバ業界は、30代以上の女性が稼げる土台が整えられていて、求人情報などでも「30歳以上の女性」といった感じに、年齢の下限を決めて募集をするような状況なのです。

そもそも男性が30代以上の女性を求めている

上述のように、セクキャバ業界は、30代の女性と若い女性が競争するといったような状況にならないことから、年齢関係なく稼げるというのが非常に大きいです。しかし、こういわれても「男は若い女が好きだし、わざわざ人妻店なんかにくるのか?」と疑問に感じてしまう方もいますよね。

しかし安心してください。男性の中には若い女性が好みの人もいますが、そればかりではなく年上が好みという方もたくさん存在するのです。そして、「キャストとイチャイチャできる」ことが特徴のセクキャバでは、若さよりも大人の色気や大人の包容力が好まれる傾向にあるのです。

セクキャバでは大人であることが武器になる

キャバクラは、トークとお酒のみでお客様を楽しませるといったお店ですので、若さを武器にしてボトルを入れてもらうというスキルが役に立ちます。しかし、セクキャバは、そもそもお酒を目的に来店する人などほぼいませんし、お客様は嬢とイチャイチャすることが目的な訳です。

そして、どのような男性も、ある程度のマザコン気質というのを持っており、大人の女性の包容力に非常に弱いという特性があります。若い女性とのイチャイチャは、なんとなく乗りで楽しむといった感じなのですが、大人の色気や包容力で包まれるようなサービスにドはまりする方は非常に多いのです。また、30代以上のセクキャバ嬢は、若さという武器を持っていないことを理解していますし、「より積極的」「よりエロイ」サービスを武器にすることを考える方が多いです。

セクキャバは、好みの嬢とイチャイチャできるのがメリットのお店ですし、若さだけでおざなりな接客をする嬢と、積極的で大人のエロさを持った接客をしてくれる嬢なら、誰でも後者の方が良いですよね。こういった事から、セクキャバ業界では、さまざまなコンセプトの中でも30代以上が働いている人妻・熟女コンセプトが人気になっているのです。

『人妻』という点に魅力を感じる人が多い

男性は、『人妻』という言葉だけでなんとなくエロさ感じてしまう、アホな生き物です。実は、ほとんどの男性は不倫に憧れの感情を持っていると言われていて、現実世界ではできないことだから、強く憧れているといった方が多いのです。

「したいのに絶対にできない…」という状況は、セクキャバのような業界では、非常に効果的なテクニックとして使えますし、実際にこれを利用して人気嬢になっている女性も多いです。例えば、お店に来てくれた男性客に、「またこっそり、お店で会いたいね…!」「奥さんにバレないよう、内緒で会いに来てね!」なんて、本当に不倫しているようなセリフを言うことで、ドキドキとした気持ちと背徳感を与えるという方法が非常に効果的です。こういった手法にはまってしまい、リピーターになるという男性は非常に多いのですよ。

こういった接客方法は、20歳そこそこの若い女の子がやっても、同じような色気を出すことはできません。これは、人生の酸いも甘いも知っている30代以上の大人の女性にだからこそできるテクニックな訳です!

まとめ

今回は、30代以上でも稼げると言われるセクキャバについて、なぜセクキャバがそのようなことを言われているのかについて解説してきました。夜職は、女性の美しさを売る職業ですので、やはり若さが大きな武器になると考える方が多いです。実際に、キャバクラなどであれば、20代前半までが稼げる時代で25歳を過ぎてくると、徐々に稼げなくなると言われるような業界なのです。

しかし忘れてはいけないのは、女性の美しさに関しては、若さだけでないということです。30代以上になれば、その年齢でしか出せない大人の色気がありますし、若い子にはできない大人の接客ができるようになりますよね。そして、そういった大人の対応というものを好む男性もたくさん存在しているからセクキャバ業界は30代以上でも問題なく稼げると言われるのです。

もちろん、この記事を読んだとしても、半信半疑な気持ちを持ってしまう…という女性がほとんどだと思います。そういった方は実際にセクキャバで働いて見て、どれだけ稼げるのかを実感するのがオススメです!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

もちろん勤務地のご相談も受け付けております。神戸、京都からも好アクセスの梅田や身バレしにくい十三など、あなたにピッタリの求人を探してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。