セクキャバ嬢の本音!表に出せないナイトワークの不満やグチをまとめてみました!

今回は、セクキャバなどのナイトワークで働いている女性が、勤務先のお店やお客様に対してどんな不満を持っているのか?ということについてご紹介したいと思います。
どのようなお仕事だとしても、会社や顧客に対して全く不満やグチが出てこないなんてことはないでしょう。誰でも少なからず「なんで私が…」「〇〇さん苦手…」などといった小さな不満や悩みを抱えながら、日々の仕事を頑張っていることだと思います。当然、いくら不満があったとしても、直接顧客や上司に文句を言うわけにもいきませんし、誰もが少なくないストレスを抱えているものです。
特に、セクキャバなどのナイトワークでは、そこで働く女性のストレスが意外に多いと言われています。もちろん、セクキャバ嬢を生業としている方は、通常のお仕事と比較すると、何倍ものお給料を支払ってもらえるため、多少の不満であれば、自分の胸にしまって頑張ることも可能でしょう。しかし、お客様の多くが酔っぱらいであることや、お店のルールを無視してしまう方も少なくないことから、お給料以上のストレスがたまってしまうという人も少なくないのです。
そこで今回は、SNSなどにあがっているナイトワークで働く女性たちの不満やグチをまとめてみて、どのような不満が多いのかをご紹介したいと思います。

セクキャバ嬢のお仕事ってどんなの?


それではまず、セクキャバ嬢がどのようなお仕事なのかを簡単にご紹介しておきましょう。セクキャバというお店は、オッパブやツーショットキャバクラ、いちゃキャバなどと、さまざまな呼び名が存在しており、女性の間からはあまり知名度の高い職業ではありません。昔から、女性の高収入ワークは、キャバクラが定番として有名ですが、実は、セクキャバは、このキャバクラよりも楽に高収入を得られるお仕事としてここ数年で急激に人気が出ているのです。
セクキャバを簡単に紹介するときには、「お触りがOKなキャバクラ」などと表現されることが多いです。要は、キャバクラのようにお客様の横に座りお酒やトークの相手をするのですが、その時に、キャバクラでは基本的に禁止されている『女の子へのお触り』が認められているタイプのキャバクラということです。お触りの範囲など、サービス内容は、お店によって大きく異なりますが、どういったお店でも基本的に上半身へのお触りはOKです。ちなみに、この『お触りOK』という点が、仕事選びの際ネックになると思われがちですが、実際にはそうではありません。実は、キャバクラでは基本的にお触りが禁止されているのですが、あくまでも『基本的に』というだけで、普通にお客様は触ってきます。そして、女の子からすれば、稼ぐために完全にお客様を拒絶するわけにはいかないわけです。つまり、キャバクラで働く場合でも、ある程度お客様に触られることは覚悟しておかなければならないということです。

セクキャバ嬢が人気の理由

では、なぜここ数年、セクキャバのお仕事がナイトワークの中でも大人気になっているのでしょう。これは、『触られる』ということが公認となっているため、その分お給料に反映され、時給がキャバクラと比較するとかなり高くなるためです。したがって、もともとキャバクラで働いている女性が、「どうせ触られるならお給料が高い方が良い!」とセクキャバに流れてくることが非常に増えているのも要因の一つです。さらに、セクキャバは、ナイトワークなのに関わらず、お酒を一滴も飲めなくてもお給料に違いが出ないということも大きいです。お客様はあくまでも女性に触ることが目的ですので、キャバクラのようにドリンクを頂いて稼ぐなんて必要がありません。お店によっては、フリードリンク制となっていて、ドリンクバックすらないということも珍しくないのです。
また、セクキャバの特徴として、お店のコンセプトがきちんと決まっているということがあります。特に近年では『人妻コンセプト』のセクキャバが男性から人気が高く、キャバクラではなかなか稼げなくなる30代の方が大活躍できるというのも人気の理由です。セクキャバは、自由出勤で出勤時間外にメールで営業するなども必要ないため、シングルマザーや主婦の方でも負担なく稼げると人気です。

ナイトワークの不満やグチを集めてみました!

キャバ嬢は、お客様と連絡先交換をして、出勤している時間以外も営業活動が必要です。当然、出勤時間外ですので、時給などは発生するわけもないのですが、お店に来店してもらうためには大切なお仕事となるのです。
キャバ嬢は、テレビなどでものすごく稼げている人が出演していることもあり、誰でも稼げそうと考えてしまいがちです。しかし、当然そのようなことはなく、面倒な営業活動を加味すると、時給換算で数百円になってしまうような子も多いのです。
セクキャバであれば、そもそもお客様と連絡先交換を禁止していることが多く、お店に出勤している時間以外は、自分の時間として使えます。最近では、「総合するとキャバ嬢は損」と考えて、セクキャバに乗り換える人が増加しています。

ナイトワークのお仕事は、基本的に女性同士がライバル関係にいます。そのため、お店の中で派閥ができたり、馴染めない子がいじめられたりと、表からは見えない嫌がらせがある物です。こういったお店の多くは、稼げる子と稼げない子が完全に分かれているパターンが多く、出勤していれば黙っていても誰もが稼げるような人気店ではあまりありません。
ヴィヴィッド・クルーは、関西でもトップクラスの人気を誇り、未経験者の方でも時給5000円の高時給を保証しています。そのため、出勤さえすれば、安心して稼げるので、控室の雰囲気が悪くなることもなく、派閥やいじめなんかもありません!

ナイトワークのお店は、個々のお店によってお給料体系がかなり異なります。通常、デリヘルなどの風俗であれば、完全歩合制となるので、お客様から指名が入らなければ、出勤してもお給料0円などかなりリスキーなお仕事です。セクキャバの場合は、基本となる時給に、各種バックが加算されていますので、そういった風俗店とは異なり、安定して稼ぐことができます。
ただし、お店を決める時には、きちんと条件を確認しておかなければいけません。例えば、ヴィヴィッド・クルーではキャバクラでは当たり前の、待機カットや罰金などといった制度は一切ありません。セクキャバは、基本的に女性に不利なシステムが少ないと言われるのですが、お店によっては罰金、待機カットの制度がある場合もあります。したがって、面接時などに、きちんと細かな条件を確認してから入店するお店を決めた方が良いですよ!

まとめ

今回は、ナイトワーク業界で働く女性の不満やグチをいくつかご紹介してみました。女性が稼げるお仕事といえば、キャバクラやデリヘルなどをイメージする人が多いかもしれませんが、最近では、セクキャバがこれら2つに並び、非常に高い人気を誇ります。もともと、男性からの知名度は高かったセクキャバですが、『お触りがある』という点で、女性には風俗店だと考えられていたため、深く調べる前に仕事の候補から外れていたようですね。
しかし、本稿でご紹介したように、セクキャバ嬢というお仕事は、他のナイトワークにない魅力がたくさんあり、「安定して稼ぐ!」ということを考えた場合、最も条件が良いお仕事といえます。特に、30代を超えたシングルマザーや主婦の方であれば、年齢や子育て、家事などを理由にナイトワークのお店では雇ってもらうことすら難しくなります。しかし、セクキャバ店には『人妻』という非常に強いコンテンツがあるため、逆に30代以上の女性を求めているお店など、幅広い方が活躍できるお仕事なのです。
現在、初めてのナイトワークを探している方、キャバクラや風俗のお仕事に不満がある方などがいれば、ぜひヴィヴィッド・クルーにご相談ください。ヴィヴィッド・クルーでは、セクキャバ業界の中でも特に女性目線の勤務条件を作っていますので、必ず満足いただけると思いますよ!もちろん、子育てや家事、学校や昼職のことを考えて働きたいと考えている方でも、あなたが働きやすい条件を一緒に考えますので安心してください!まずは、お気軽にLINEなどで連絡してみてください!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。