今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

お客様から『地雷嬢』として嫌われる行為って何?知らないうちに地雷嬢と呼ばれているかも…

セクキャバ嬢のお仕事は、キャバ嬢のようにドリンクを入れてもらえるようなスキルやコミュニケーション能力も必要なく、お客様の横に座って数分キスや胸のおさわりサービスを提供していれば、高額なお給料が稼げる仕事などとして女性からも非常に人気の高いお仕事になっています。

特に近年では、セクキャバ嬢の仕事に関して間違った認識が広まっており、「セクキャバ嬢は楽して稼げる」「何もしなくても高い時給を払ってもらえる」などという認識を持っているセクキャバ嬢も多くなっていると言われています。そして、このような認識を持った地雷嬢が提供する地雷サービスによって、セクキャバに二度と足を運ばなくなった…というお客様まで登場していると言われているのです。

ここ数年、お酒を飲まなくてもできる夜のお仕事として、OLさんや女子大生など、Wワークとして稼ぎたいとセクキャバの門をたたく人が多くなっているのですが、それに比例して地雷嬢の数も年々増えていっていると言われています。はっきり言っておきますが、セクキャバ嬢のお仕事は、決して楽して稼げるお仕事ではなく、他の夜職よりは女性に不利なシステムが少ないだけで、テキトーな考えではとてもやっていける業界ではないと考えてください。
実際に、お客様から地雷嬢と認識されてしまうような子は、指名が一切入りませんし、シフトに入りたいと言ってもお店側に出勤させてもらえない…なんてことになります。つまり、セクキャバ嬢になっても、数カ月で稼げない状況になってしまう訳です。ここでは、お客様から「こいつ地雷嬢だな!」と認定されてしまうような嬢の特徴をいくつかご紹介しておきますので、そうならないように頭に入れておきましょう。

『地雷嬢』の特徴について

それでは、セクキャバ業界で忌み嫌われてしまう、地雷嬢の特徴についてご紹介していきましょう。以下でご紹介するような行為は、一時的には「楽して稼げる!」という結果が得られますが、直ぐにお客様からの支持を失ってしまい、稼げないセクキャバ嬢に転落してしまうことになります。

セクキャバ嬢として稼いでいくには、やはりお客様からの指名が重要ですので、きちんと指名を入れてもらえるような嬢を目指しましょう。間違っても「楽に稼ぎたい」などと考えて、以下のような行為はしないようにしてください。

①会話の時間を引き延ばす

セクキャバで地雷認定されてしまう一つ目の特徴は、プレイを開始しようとせず、とにかく会話の時間を引き延ばそうとするという行為です。

セクキャバに遊びに来るお客様は、嬢とのトークを楽しみに来ているわけではなく、お触りなどのプレイを主目的で来ています。それなのに、一方的に会話を続け、一向にプレイに入らない…なんて接客をされると、「来て損したな…」とセクキャバで遊ぼうという考えそのものがばかばかしく感じてしまう訳です。
セクキャバ嬢として働く場合、おっぱいなどのお触りサービスを提供するとなると、やはり肉体的にはかなりしんどいお仕事になります。それが、会話をしていればそのしんどさがなくなるわけですので、冒頭でご紹介したような「楽に稼げる」という状況を作れるわけですね。

はっきり言いますが、このような対応をするセクキャバ嬢は論外ですよ。トークのみを楽しみたいのであればキャバクラやガールズバーに行けば良いだけですし、セクキャバに来ていただいているということは、お触りを楽しみに来ているのです。そしてお客様は、そのサービスを受けるための料金を支払っているわけですので、しっかりサービスを提供することは当たり前のことなのです。このようなことばかりしている嬢は、お客様から「あの子はつけないで!」と言われるようになるので、すぐに稼げなくなります。

②接客態度が悪い

地雷嬢の特徴なのか、接客業を舐めているとしか思えないほど、接客態度が悪い嬢が多いです。冒頭でご紹介したように、近年ではセクキャバで働くことを希望する女性が非常に多くなっているのですが、それに比例して、接客態度がなっていない嬢も多くみられるようになっています。

このような態度が悪い嬢に関しては、セクキャバ嬢の仕事を勘違いしていて…というパターンもあるようです。というのも、セクキャバのお仕事は、フリー客であれば5~10分程度サービスを提供し、延長が無ければ次のお客様の相手をしに行くという感じで流れていきます。つまり、一日出勤していれば、かなりのお客様を相手することになり、「楽に稼げる」という印象とは真逆で、かなりハードな仕事になってしまう訳です。
仕事に慣れていない間は、やはり疲労もたまっていってしまいますし、ストレスも溜まってしまうことでしょう。そして、そのようなことを原因に、どんどん機嫌が悪くなり、お客様へ八つ当たりのような対処をしてしまうなんて方がいるのです。

正直な話、お客様からすれば、嬢が疲れているかどうかなど全く関係のない話で、支払う料金分のサービスはしてもらわなければ困るのです。それなのに、露骨に疲れた態度を出したり、悪い態度をすれば地雷嬢に認定されてしまいますよね。この部分に関しては、「セクキャバ嬢はハードな仕事」ということをきちんと理解して入店することで防げるのではないでしょうか。

③自分からサービスを提供しようとしない

これは、ある程度セクキャバ嬢としての経験が付いている方にある特徴です。このタイプは、人によって接客を変えるタイプで、どのお客様にとっても地雷嬢になるわけではない…というのが難しいです。

というのも、自分を指名してきてくれるお客様に対しては、しっかりと満足してもらうように接客したりするのですが、セクキャバ初心者さんなど、お客様が緊張していて積極的にサービスを促すような態度をとらない場合、楽しようとするわけです。
セクキャバに来店する若いお客様などは、場の雰囲気に緊張してしまい、積極的にお触りを楽しもうとする…なんてことが難しかったりします。そして、地雷嬢は、そのお客様の消極性を利用して、自分からはサービスを提供しようとせず、「満足のいくサービスが受けられなかったのは、消極的なお客さんが悪い」なんて態度をとるわけです。

何度も言っていますが、セクキャバに来店するお客様は、嬢とトークをしに来ているのではなく、お触りなどのエッチなサービスを楽しみに来ているわけですので、お客様が消極的な場合、嬢が積極的にサービスを提供しなければいけません。実際に、お店のナンバークラスの嬢になると、どのようなお客様にも楽しんでもらえるようにと考えて接客を工夫しています。

まとめ

今回は、セクキャバ嬢の中でも地雷嬢に認定されてしまう嬢の特徴についてご紹介してきました。この記事でご紹介したように、セクキャバ嬢として働きたいと考える女性が増えている中、それに比例して地雷嬢と言われるような接客をする嬢も増えていると言われているのです。

これは、セクキャバ嬢は、お酒を飲む必要がない、トーク力なども必要ない、お触りをされていれば高収入が得られる楽な仕事だといった間違った認識が広がってしまっていることが大きな要因と考えられます。というのも、セクキャバ嬢を目指す方の中には、「楽して稼げると聞いたし!」と言った考えを持っている方もいて、こういった女性が実際にセクキャバ嬢として働いてみた時に、聞いていた話と違ってハードだから手を抜いてしまう…なんてことになっているのです。

セクキャバの地雷嬢については、お客様のセクキャバ離れを引き起こしてしまう問題ですし、お店側からしても許せないキャストのタイプです。したがって、この記事でご紹介したようなテキトーなサービスを提供していれば、すぐに見限られてしまい、出勤すらさせてもらえない…なんて状況になってしまうと考えてください。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

もちろん勤務地のご相談も受け付けております。神戸、京都からも好アクセスの梅田や身バレしにくい十三など、あなたにピッタリの求人を探してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。