今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

いまいち謎な部分が多いセクキャバについて、具体的な仕事内容をご紹介!

近年、女性の稼げる場所として人気となっているセクキャバですが、さまざまな呼び名がある事や、お店によって触って良い場所、触って良い時間などの違いがあることから、働く女性からしても「謎な部分が多くて、求人に応募するのを躊躇してしまう…」なんて方が多いです。ネットの情報などでは「お触りができるキャバクラ」など、簡単な仕事のように思えますが、お店によっては「キャバクラとは段違いに過激なサービスが必要…」など、入店してから驚いてしまうような場合も少なく無いのです。

さらに、大阪などでは「ツーショットキャバクラ」といった名前が公式サイトなどでも使われるようになっていますが、別の場所に行けば「セクキャバ」「オッパブ」「お触りキャバクラ」「ハッスルパブ」「いちゃキャバ」「パーティーキャバクラ」等、呼び名がいろいろ変わってきてしまうことで、何が何やら分からなくなる…なんて声も増えています。

最近では、セクキャバの中でも「ハード店」と「ソフト店」など、サービス内容の違いに特徴が出てきているなど、働きたいと考えている方からしても、業界が良く分からなくなってきていますので、この記事ではセクキャバの基礎知識を簡単にご紹介していきます。

セクキャバにも「ソフト店」と「ハード店」がある!

まずは、同じ業種のはずのセクキャバの中で異なるサービス内容の違いについて簡単にご紹介していきたいと思います。セクキャバ業界は、「お触りがOKなキャバクラ」などと形容されるように、お酒とトークの相手をしている際に、お客様が嬢の上半身にお触りしても良いというのが最大の特徴です。これだけを見ると、お店によってサービス内容に違いの出しようがないのでは?と考えてしまう方も多いことでしょう。

しかし実は、おさわりできる範囲やお触りの時間など、お店によってかなり内容が違ってきますので、働くお店を探すときには、そのサービス内容をきちんとチェックしておかなければいけません。ここでは、大きく「ソフト店」と「ハード店」に分けてそれぞれの仕事内容をご紹介していきます。

セクキャバの「ソフト店」について

まずは、セクキャバの中でも『ソフトサービス店』についてです。こちらは、「いちゃキャバ」「パーティーキャバクラ」などと呼ばれることもあり、上半身へのお触りができるものの、服の上からのお触りとなります。基本的に、働く女の子も服は脱がないですし、キスもNGにしているお店がほとんどです。

セクキャバは、店内が暗いというイメージがあると思うのですが、ソフト店はキャバクラと同じくらい照明も明るく、オープンな雰囲気になっているお店が多いです。そして、ダウンタイムに入ると、店内の照明が暗くなりセクシーな音楽が流れ始めて、女の子はお客様の上にまたがってお触りタイムとなります。ただし、お触りは上半身のみで服の上からのみとなります。最近では、チップ制のお店が出てきており、チップを購入すれば、ダウンタイム以外も触れる、服の中に手を入れられるなど、過激なサービスを楽しむことができるようになっています。

通常のソフト系セクキャバに関しては、一般の方がイメージするセクキャバよりもキャバクラの接客に近く、色恋営業が盛んにおこなわれています。お店の中には、お客様にピタッとくっつく密着接客を義務付けている場合が多いです。
なお、女の子を集めやすくするため、いちゃキャバやソフトサービス店を名乗っているだけのセクキャバ店も多くなっていますので、注意しましょう。ソフト店は、サービスの過激度が低い分、時給が低く設定されているお店が多いのですが、ソフトサービス店のつもりで入店したのに、安い給料でセクキャバの内容をさせられる…なんてことも考えられます。入店前に、サービス内容はしっかりと確認しておきましょう。

セクキャバの「ハード店」について

次は、ハード店なのですが、こちらは皆さんがイメージしている通りのお店で、女の子は上半身トップレス、生乳お触りOK、キスもOKといったサービスとなります。ちなみに、セクキャバ以外にも、「おっパブ」「ハッスルパブ」などと呼ばれることも多いです。

ハード店では、ほとんどの場合、店内が間接照明で薄暗く、半個室のような感じになっています。通常の接客時はお酒とトークの相手をするといった感じなのですが、ダウンタイムに入ると、上半身トップレスになり、生でおさわりできるというのが売りになります。なお、中には下半身へのお触りまで認めているお店もあります。
最近ではオールダウンタイム制などと呼ばれる、常にお触りを楽しむことができるセクキャバ店が人気になっています。オールダウンタイム制であれば、席について自己紹介した後は、好きなだけ女の子の身体を楽しめますので、男性客からすればコスパが非常に良いのです。ただし、働く嬢からすれば、それだけ肉体的な負担が大きくなってしまいますので、仕事に慣れるまではそれなりにしんどいと思います。もちろん、サービスが過激な分、オールダウンタイム制のお店の方がお給料は高く設定されています。

なお、ソフト店にしても、ハード店にしても、あくまでも接客飲食店に分類されるお店で、風俗店ではないので「ヌキ」と呼ばれる性的サービスは一切ありません。

知っておきたいセクキャバの豆知識

セクキャバは、「お触りができるキャバクラ」といわれるように、業種的には接客飲食店になるのですが、風俗店だと考えてしまっている方も少なくありません。ここでは、セクキャバ業界を正しく理解するためにも、皆さんがおさえておきたい豆知識をいくつかご紹介しておきます。

①法律的な立ち位置

セクキャバは、キャバクラと同じく、風俗営業1号、ないし2号となります。したがって、閉店時間は深夜0時、または1時までとなります。
開店時間に関しては、19時ぐらいのお店が多いのですが、最近では朝や昼間から営業するお店も登場しています。

②店内の雰囲気

一般的には、間接照明で薄暗く、派手なBGMが流れているのが基本です。ソフトサービス店になると、照明があかるめで、オープンスペースになっている場合もありますが、サービスの過激度が高くなるほど、照明が暗くなり、フロアも半個室のような状態になります。
店内の気温は、半裸の女の子に合わせるため、少し高めに設定されています。

③給料体系

セクキャバでのお給料は、「時給+歩合」が基本となります。
時給は、サービスの過激度やお店の人気などで異なり、安いお店で3000円程度、人気店になると5000円以上の時給設定になっています。
なお、キャバクラのように、高額なボトルが注文されるようなことは少ないですので、テレビなどに出演しているような伝説的なキャバ嬢ほど稼ぐのは難しいです。しかし、人気店の上位レベルのキャストになると、月に150~200万円程度稼ぐような方がいます。

④ノルマなどについて

キャバクラは、厳しいノルマが課せられることが有名ですが、セクキャバは、過激なサービスが求められる分、売り上げなどに関するノルマはないお店がほとんどです。あっても非常に軽いノルマになっています。
そもそもお客様との連絡先交換を禁止しているお店が多いですし、キャバ嬢のように同伴やアフターなど店外デートに行く必要すらありません。したがって、こういった部分の有利さからキャバクラを辞めてセクキャバに移籍してくる方も増えています。

まとめ

今回は、働く女性からしても謎な部分が多い、セクキャバの基礎知識についてご紹介してきました。セクキャバの基本情報としては、「お触りができるキャバクラ」などといわれているのですが、実はソフト店とハード店といった違いが存在しており、おさわりできる範囲や時間が、同じセクキャバの中でもかなり違ってくるのです。

働く人からすれば、サービスの過激度で時給設定などが違ってきますので、自分がどこまで許容できるのかとそれに見合うお給料が貰えるのかなどで、どのタイプのお店で働くのかを決めると良いのではないでしょうか。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。