今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

セクキャバの『ラスト』って何を指している?実際の閉店時間を知っておこう!

セクキャバ嬢として稼ぎたいと考えて、求人情報などを見ている場合には、ほとんどのお店で閉店時間が『ラスト』と言った表現になっています。こういった表記を見た方の中には、「実際の所、閉店時間って何時なの?」と疑問に思ってしまうことも多いのではないでしょうか。

正直な話で言うと、セクキャバに関わらず、キャバクラ店などでも正確な閉店時間を書かずに「ラスト」と表記していることがほとんどで、本当の閉店時間はそのお店で働いてみたキャストでなければ分からない…というのが普通な業界になっています。
それでは、こういった業界が、なぜこのような分かりにくい表記をしているのでしょうか?この記事では、セクキャバ嬢として働き始める前におさえておきたい、セクキャバ業界の閉店時間について解説していきたいと思います。

法的な閉店時間の位置づけについて

セクキャバやキャバクラなどと言ったお店は、閉店時間を『ラスト』という表記にしているお店が多いのですが、これはお店が閉店する時間を好きに決められるというわけではありません。そもそも、セクキャバにしてもキャバクラにしても、風営法で風俗営業第2号という部類に入り、法的に営業時間の限界が設定されています。

ちなみに、風営法の風俗営業第2号という部類のお店は、お客さんと一緒にお酒を飲んだり、多少のスキンシップが許されているお店の事で、デリヘルやピンサロのような性的サービスの提供はできません。セクキャバのように、「おっぱいを触られる」という行為は法的にも何の問題もないのですが、いわゆる『ヌキ』と呼ばれるサービスの提供は違法になってしまう訳です。こういった業界の分類的に、セクキャバが「お触りOKなキャバクラ」などと形容されるようになっているのです。

そして、風俗営業第2号に分類されているお店は、深夜0時から日の出までの営業が認められていません。つまり、法的な面で見ると、セクキャバの閉店時間というものは深夜0時だと考えておきましょう。ただし、全てのお店が深夜0時になると時間通りに閉店するかというと、必ずしもそうではないのが実情です。例えば、深夜0時過ぎても延長しているお客様がいれば、営業を続けているというお店は多いです。

深夜0時を過ぎてしまうのはなぜ?

上述したように、法的には営業は深夜0時までと決められているセクキャバ業界ですが、これを過ぎて営業しているお店も少なくありません。ただし、こういったお店に関しても「法律なんて関係ない!」とお上に喧嘩を売りながら営業するようなお店はほとんどないと考えても良いです。

セクキャバにしてもキャバクラにしても、サービス業に分類されるお店ですので、何よりお客様を満足させることを第一に考えています。したがって、23時過ぎに来店したお客様が、延長したいという意思表示をした場合、「閉店の時間なのでおかえりください」とはなかなか言えるものではないのが実情なのです。
つまり、通常は深夜0時に閉店するのが普通なのですが、延長しているお客様の気分を害さないためにも、多少の営業時間を延ばすということはあると考えておきましょう。延長のお客様がいれば、キャストもお給料を稼げますし、お店の売り上げにもなりますので、可能な範囲では営業してしまうのが一般的だと考えておきましょう。なお、お客様が延長して、営業時間を延ばしている場合でも、新規のお客様を入れることはさすがにありませんよ。セクキャバの閉店時間に関しては、基本的には「深夜0時」で、後は状況を踏まえて前後する場合もあると考えておきましょう。

0時に閉めなくても大丈夫なの?

ここまでの説明で、セクキャバは、「深夜0時までの営業」が法的に決まっていることが分かりましたね。しかし、お客様の状況によっては、営業を延長する場合があるのです。働く側からすると、深夜0時以降に営業していて、警察に摘発されることはないのかな?ということが心配になるのではないでしょうか?

この部分に関しては、「0時以降に営業していても絶対に大丈夫!」とは言えないのが本音ですが、現状は時間を過ぎて営業しているお店がいきなり警察に摘発される…なんてことは非常に稀だと考えて良いです。警察の摘発も、段階を追って行われますし、毎日のように深夜営業を行っている…というお店でなければ、ほとんど摘発の心配はないと考えておきましょう。
なお、こういったお店が警察に摘発されてしまうのは、主に以下のような事案になります。

  • 18歳未満の未成年が働いている
    これは、ニュースなどでもたまに目にしますね。お店が18歳未満を雇っていて摘発された場合、営業停止になる可能性があります。したがって、面接時などに写真入りの身分証明書を必ず提出させるわけです。
  • 性的サービスを提供している
    これも警察に摘発されると、お店が営業できなくなります。稼ぐために、隠れてこういった行為を行っている場合、お店にバレると一発でクビになります。どんなに人気の嬢でも、お店のルールを破る子を雇うのはお店にとって非常に大きなリスクになるのです。
  • 営業許可を取得していない
    ほとんどのセクキャバ店は、飲食店営業許可と風俗営業第2号営業の許可をとったうえで営業します。お店の事務所などに許可証が配置されていますので、入店時に必ず確認しておきましょう。中には、無許可で営業するようなお店もありますが、摘発の対象になってしまいます。

セクキャバ店が摘発されてしまう主な原因は上記のような事が理由です。営業停止になれば非常に大きなダメージになりますので、ほとんどのお店はしっかりと法律の範囲内で営業していますので安心しましょう。
なお、警察に踏み込まれてしまった際に出勤していた場合、そこで働いていたキャストも事情聴取の対象となります。ただし、働いていただけでキャストが逮捕されたり、前科がつくようなことはありません。

まとめ

今回は、セクキャバで働こうと思っている方が疑問に思うことが多い「ラストって何時までの事なの?」についてご紹介してきました。この記事でもご紹介したように、法的に決められているセクキャバの閉店時間は深夜0時です。したがって、延長希望のお客様などがいなければ、0時に閉店するものだと考えておけば良いでしょう。ただし、お店の状況によっては、営業時間を延長してしまうお店も多いので、その辺りで正確な時間ではなく「ラスト」という表記になっているのだと考えましょう。

なお、働いているキャストに関して、ラストまで働くと終電がなくなる…なんて場合、終電に間に合うようにあがらせてくれたり、送りがあったりしますので、その辺は面接時に質問しましょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。