今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

セクキャバ嬢が「キャバ嬢より楽!」と言われる理由は?

近年では、もともとキャバ嬢として働いていたという方が、セクキャバに移籍してくるということが非常に多くなっていると言われます。セクキャバは、「お触りがOKなキャバクラ」などと言われるように、キャバ嬢と同じ接客飲食店なのは間違いないのですが、提供しなければならないサービスはキャバ嬢より過激になることから、「なんでわざわざセクキャバ嬢に?」と疑問に思ってしまう方も多いことでしょう。
実は、ここ最近、キャバ嬢からセクキャバ嬢への移籍が多いのは以下のような理由と言われています。

  • ・20代後半以降も稼げるから
  • ・キャバクラでもどうせ触られるし、それなら時給が高いセクキャバの方が良い
  • ・お金にならない面倒な仕事がない
  • ・安定して稼げるから

セクキャバのお仕事は、ピンサロやデリヘルなど、風俗店だと勘違いしていた人が多かったことから、夜職を求める女性からも「風俗まではちょっと…」と敬遠される傾向にありました。それが、近年の業界的な人気から「セクキャバは性風俗ではないのだ」ということが女性の間でも理解されるようになり、一気に稼げる夜職として人気になるようになったのです。
さらに最近ではセクキャバのお仕事が「キャバ嬢よりも楽!」と言われるようになっているのですが、こういわれる理由を知りたいと考える方は多いのではないでしょうか。この記事では、その辺りとまとめてみたいと思います。

セクキャバとキャバクラの違いって何

それではまず、セクキャバ嬢とキャバ嬢の違いについてご紹介しておきましょう。セクキャバ嬢のお仕事は、「お触りができるキャバ嬢のお仕事」など、非常に簡単な説明をされることは多いのですが、具体的にキャバ嬢とどう違うのか…ということは誰もが知っておきたいと考える物でしょう。
そこでここでは、セクキャバ嬢とキャバ嬢の代表的な違いをご紹介しておきます。

お触りが認められている

セクキャバとキャバクラ最大の違いと言えば、キャバクラでは禁止されている『お触り』がサービスとして認められているという点です。セクキャバは、「お触りがOKなキャバクラ」と形容されることが多いのですが、キャバ嬢と同じく、お客様の席について、お酒やトークの相手をするというのが基本となります。そして、接客する際には、女の子の上半身へのお触りがサービスとして認められており、おっぱいをもんだり、キスしたりなど、キャバクラにはないサービスを楽しむことができるのです。
ちなみに、嬢へのお触りに関しては、ダウンタイムと呼ばれるお触りできる時間が決まっているタイプのお店と、オールダウンタイムといういつでもおさわりOKのお店に分かれています。女の子としては、オールダウンタイム制の方が体の負担が大きくなる分、時給などが高くなります。

来店するお客様の目的が違う

次は、お客様の来店目的の違いです。キャバクラに関しては、お気に入りのキャバ嬢との疑似恋愛を楽しんだり、取引先の接待に使ったりする感じで、あくまでもお酒を飲みながら女の子とトークすることが目的です。逆に言えば、お店では基本的にそれしかできません。
一方セクキャバは、女の子とのトークやお酒が飲めるなどと言った点はそっちのけで、あくまでもお触りを目的に遊びに来る方がほとんどです。セクキャバは、ディープキスなども認められていますし、時間中は女の子の体を楽しみ放題ですので、非日常感を楽しめるというのが大きなメリットになるわけです。なお、セクキャバはあくまでも接客飲食店ですので、どれだけ興奮していても、いわゆる『ヌキ』と呼ばれる性的サービスを受けることができません。そのため、お客さんは「抜きたくはないけど綺麗な女性とちょっとエッチなことがしたい」と考えてセクキャバに遊びに来ています。

服装が違う

キャバ嬢が仕事をするときには、キャバドレスと呼ばれる比較的露出の多いドレスを着用することになります。もちろん、露出は多いですが、きちんと服を着たまま接客をしますよね。
しかしセクキャバの場合、ダウンタイムなどになると、トップレスになってお客様の膝の上にまたがり密着することになります。衣装に関しては、お店のコンセプトによってさまざまな物が用意されていますが、本格的なサービスの際には、あってないようなものという扱いになります。
最近では、セクキャバでもソフトサービスを売りにしていたり、いちゃキャバを名乗るお店になると、「服の上からならお触りOK」としている場合があります。このようなお店であれば、衣装を脱ぐようなことは基本ないと考えて良いです。しかも、素人コンセプトのお店などは、女の子に私服で接客させるようなお店も登場しています。

稼ぎ方が違う

最後は、稼ぎ方の違いです。キャバ嬢が本気で稼ごうと思えば、高額なボトルを入れてもらい、一気に莫大な金額を稼ぐといった感じですね。そもそもキャバ嬢は、一般のアルバイトに比較すれば高額ですが、夜職から見ればそこまで高い時給ではありません。そのため、同伴や指名、ドリンクにボトルなど、お客様から頂くものでどんどん稼いでいくというお仕事になるのです。ちなみに、お店に来るお客様を呼ぶのもキャバ嬢の仕事の範疇とされており、全くお客様が呼べない…なんて子は時給をカットされてしまったりします。

一方セクキャバの場合、お客様の目的が『お触り』になります。そのため、いくら嬢が頑張ったとしても、お客様が高額なボトルを入れるようなことはほとんどないのです。そのため、多くのお店では、飲み放題制になっていて、女の子はお酒で稼ぐということを考えないようになっています。どうやって稼ぐのかというと、基本的に時給と指名バックになります。「キャバ嬢に比べると給料が低そう」と感じるかもしれませんが、そもそもの時給が、キャバ嬢の1.5~2倍程度に設定されていますし、キャバ嬢より簡単に指名が取れるということから、業界全体の平均的なお給料は圧倒的にセクキャバの方が高いです。
確かに、ナンバークラスで高額なボトルを何本もいれるなんて方になればキャバ嬢の方が稼げますが、そのようなキャバ嬢は全体の1%いるかどうかなのです。キャバ嬢は、トップクラスの一部だけが破格のお給料を稼ぎ、その他多くのキャバ嬢はそこまで高収入を得られない業界とも言われるようになっているのです。セクキャバ嬢は、飛びぬけて稼ぐなんてことは難しいですが、誰でも平均的に高収入を狙えるというのが最大の魅力です。

セクキャバの方が楽と言われる理由

それでは最後に、セクキャバの方が楽と言われている理由についてご紹介しましょう。ちなみにこの情報は、実際にキャバ嬢をやっていた人がセクキャバに移籍して言い始めたことですので、本当のことだと思いますよ。普通に考えれば、お触りがOKなセクキャバの方がよっぽどハードな仕事のように思えますよね。しかし、以下のような理由で「セクキャバの方が楽」と考える方が多いと言われているのです。

  • ・店内が暗いので、ルックスに自身が無くても問題なく稼げるから
  • ・会話があまり重視されないから、コミュ障の人でもできるから
  • ・お酒が飲めなくても稼げるから
  • ・ノルマなど、女性に不利な制度がないから
  • ・店外デートに行く必要がないから
  • ・営業メールなど、店外の仕事が一切ないから

セクキャバ嬢のお仕事は、キャバ嬢と比較すると、会話やお酒の必要性が非常に低いです。コミュニケーション能力の低さから、なかなかキャバ嬢として稼げなかった…なんて方でも、セクキャバに移籍してみると、一気にお店のトップ嬢になったなんて例はごまんとあります。
セクキャバは、あくまでもお触りがメインのお仕事ですので、スタイルが良い、キスが異常にうまい、エロいことが好きなど、稼ぐための武器が多種多様なのです。キャバ嬢は、トークだけでお客様を楽しませるという仕事ですので、コミュニケーション能力がどうしても必要で、いくら見た目が良くても稼げない…なんて方もいるのです。
さらに、セクキャバは、お店にお客様を呼ぶのがお店の仕事の範疇になります。したがって、出勤してもお客様がいない…なんて場合でも、何の問題もなくお給料が貰えますし、営業のためにお客様と連絡先交換すら必要ありません。
つまり、セクキャバ嬢のお仕事は、お店を一歩出ると、一切仕事をしなくても稼いで行けるという訳です。この辺りが、キャバ嬢をやっていた人にとって「なんて楽な仕事だ!」という印象を与えるようですね。ちなみに、どれだけ楽だと思える仕事でも、「お触りはちょっと…」という方であれば、絶対に務まらない仕事ですので、諦めましょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。