神戸店営業再開、及び十三店リニューアルオープンのお知らせ

誰でも稼ぎやすいと言われるセクキャバ!それでも稼げない女の子も一定数いるのです!

さまざまあるナイトワークの中でも、特に稼ぎやすいと近年人気なのがセクキャバやおっパブと呼ばれるタイプのお店です。セクキャバは、『お触りがOKなキャバクラ』と表現されるように、サービスが過激になってしまうと言う点を我慢できる人であれば、基本的に誰でも非常に稼ぎやすい条件が揃っているのです。以下に、他のナイトワークと比較した場合の、セクキャバのメリットを簡単にご紹介してみましょう。

  • 幅広い年齢の方が働ける
    通常のキャバクラであれば、20代前半までが稼げる時期と言われますが、セクキャバの場合、30代の女性でもトップクラスに稼ぐ人がザラにいます。これは、お店のコンセプトが細分化されていることから、30代以上の女性でも活躍できるお店が多くあるからです。
  • 時給が高い
    キャバクラも時給が高い職業として有名ですが、セクキャバはサービスが過激になる分、さらに高額な時給になっているのです。そのため、入店して出勤さえすれば、誰でも高額なお給料を手にすることができます。
  • 女性に不利なルールがない
    キャバクラはノルマや罰金など、女性に不利な制度も多いです。しかし、セクキャバの場合、こういったルールがない店の方が多く、出勤すれば最低でも時給分のお金がもらえるのです。人気店になれば、出勤するだけで5000円以上の時給がもらえるなど、誰でもそれなりに稼ぐことができます。

このように、セクキャバというのは、基本的に入店さえすれば幅広い女性が比較的簡単に稼げる土台が整っています。確かに、お酒を目的としてくるお客様が少ないため、ナンバークラスのキャバ嬢のように圧倒的に稼ぐというのは難しいのですが、「どちらが平均的に稼げるのか?」と聞かれると、確実にセクキャバの方が効率が良いはずです。

しかし、「誰でも稼ぎやすい!」などと言われるセクキャバでも、入店前に想定していたよりも全く稼げない…と悩んでしまう人が一定数いるのは事実です。それでは、女性が稼ぎやすいと言われるセクキャバで、稼げない人が出てしまう理由は何なのでしょうか?この記事では、せっかくセクキャバで働いているのに稼げないと悩んでいる方のため、『稼げないセクキャバ嬢』の特徴をご紹介します。

稼げないセクキャバ嬢がいるのはなぜ?

近年では、さまざまなナイトワークの中でも、最も効率的で肉体的な負担も少なく稼げると人気なのがセクキャバ嬢というお仕事です。一昔前までであれば、「ナイトワーク=キャバクラ」といったイメージが強く、キャバ嬢に憧れているという方も多かったのですが、ここ数年ではセクキャバのお仕事の人気が急上昇しているのです。

というのも、セクキャバというのはお客様からのお触りがありますので、風俗店だと勘違いしている人も珍しくなく「稼ぎたいけど風俗はちょっと…」と敬遠していた人がいるのです。しかし実際には、セクキャバというのは、風俗店のような性的サービスは一切なく、あくまでもお客様のお酒の相手をするという接客飲食店なのです。さらに、セクキャバに来店するお客様の多くは、基本『お触り』が目的のため、キャバ嬢のように大量のお酒を付き合いで飲む必要もなく、アフターや同伴なども必要ないなど、その内情が知れ渡ると、「キャバ嬢なんかよりよっぽど効率的じゃん!」と人気が爆発したのです。
実際に、ここ数年では、キャバ嬢として働いていた方が、セクキャバに移籍してくるという現象が増えており、セクキャバの居心地の良さを知った人が昔の同僚を誘うという流れができているのです。セクキャバは、そもそもの時給が高く設定されていますし、ノルマや罰金、お客様への営業メールなども必要ないため、ナイトワークの中でも特に女性の負担が少なく稼ぎやすいわけです。

しかし、こういった業界なのにもかかわらず、セクキャバ嬢の中にも指名がなかなかもらえない…お客様のリピ率が悪い…など、聞いていた話と違って稼げない…と悩んでしまう方もいるのです。実は、セクキャバ嬢になったのに稼げない…となってしまう大きな要因としては、最初のお店選びを失敗している…というパターンが多いです。セクキャバがいくら稼げる業界と言っても、以下のようなお店に入店してしまったのでは、なかなか思うように稼げないでしょう。

お店のコンセプトに合っていない

このパターンは非常に多いので注意しましょう。セクキャバは、さまざまなナイトワークの中でも特にコンセプトが細分化されている業界です。このコンセプトがきちんと作られていることで、お客様も自分の趣味に合う女性がいるお店を探しやすく、遊びやすくなっているという特徴があるのです。
つまり、あなたのキャラクターと合わないコンセプトのお店に入店してしまうと、他の人と同じように頑張っていたとしても稼ぐことが難しいわけです。例えば、若い女性がJK制服を着ているなんてコンセプトのお店なのに、30代前後の方が入店したとしても、若い女の子と張り合うのは難しいでしょう。逆に、熟女・人妻コンセプトのお店に、20歳そこそこの女性が入店しても、人気がでないのです。
セクキャバ店は、どこもお店のコンセプトをしっかりと作って運営しているのが普通ですので、入店前にしっかりと自分がそのコンセプトに合っているのか考えてみましょう。現在、これが理由で稼げない…なんて悩んでいる方は、お店を変えればいきなり稼ぐことができるかもしれませんよ。

お店の集客力が弱い…

セクキャバは、人気店とそうでないお店では稼ぎに雲泥の差が出てしまうものです。そもそも、お店に来店するお客様が少ないのであれば、女性側がいくら頑張ったとしても指名などを取りようがないのです。
ナイトワーク初心者の方に多いのですが、「どのお店に入っても時給さえ同じなら稼ぎも同じ」と考えてしまい、おざなりに入店するお店を選んでしまうのです。例えば、家から近いから…、Wワークで通勤が最も楽だから…など、そのお店が業界で人気があるのかどうかを全く気にせず、自分の都合だけでお店選びをしてしまい、入店後に全くお客さんが来ない暇な店で稼げない…なんてことになるのです。

こういった状況を防ぐためには、入店前にしっかりと稼げる土台があるお店なのかを調べておきましょう。

稼げない理由が女性側にある場合も

ここまでの説明で分かるように、セクキャバ嬢になったのに稼げない…と悩んでしまう方は、最初の段階で失敗してしまっているわけです。ただし、これに関してはお店を移籍すれば稼げる可能性もありますので「お店が原因かな?」と思う場合は、思い切って移籍しましょう。

しかし、こういった理由以外でも、稼ぐことができない人もいます。実は、セクキャバ嬢になったとしても、その人に全くやる気がない…なんて場合は、さすがに稼ぐことは難しいのです。キャバ嬢でも、飛びぬけて可愛い女性なのに、稼げない…なんてことも珍しくないのですが、こういった方のほとんどはお店に原因があるのではなく、女性側に稼げない理由があるのです。
以下に、稼げないセクキャバ嬢の特徴をご紹介しておきますので、皆さんもそうならないため覚えておきましょう。

出勤日数が少ない

セクキャバで稼ごうと思えば、出勤日数が意外に重要です。
セクキャバ嬢になって「稼げない…」と悩んでいる方の特徴として、そもそもの出勤日数が極端に少ないというパターンが多いです。さらにそういった方は、当日欠勤が多かったり、不定期出勤になっていてお客様もいつその子がいるのか予想もできない…なんてことになっているなど、そもそも稼げる土台ができていない状態になっているのです。
お客様からすれば、いついるのか分からない子よりも、〇曜日の〇時に行けば必ず出勤している子の方が指名もしやすいですし、そういった出勤形態にしている人は熱心なリピーターも付くのです。セクキャバは、安定して出勤していれば、常連さんとも自然と仲良くなりますので、指名が増えていくものです。

トークをほったらかしにしている

セクキャバは、「お触り」を目的にお客様が来るわけですので、キャバクラほどのトーク力はいらないと言われています。確かに、コミュニケーション能力があまり高くない人でも稼げますが、全くトークが関係ないかというとそうでもないのです。
お触りを目的として来店した方であっても、話しかけても無視する、まともに話を聞かないなんて対応をとられると、楽しいわけがありませんよね。キャバ嬢のように、トーク力だけでお客様を楽しませるとまでは言いませんが、最低限の会話は必要と考えておきましょう。

言葉遣いやマナーが悪い

これも稼げないセクキャバ嬢の特徴です。セクキャバは、あくまでも接客業ですので、最低限のマナーは必要なのです。もちろん、仲の良くなったお客様と気軽に話すのは問題ないのですが、それでも言葉遣いやマナーは常識の範囲内の対応にしなければいけません。
セクキャバで遊ぶお金は決して安くありませんので、お客様はわざわざ高いお金を支払ってあなたといるということを忘れず、丁寧な対応を心がけるのは絶対条件なのです。これを忘れて、接客なんてテキトーで大丈夫なんて考えると痛い目を見ます。ちなみに、言葉遣いや接客態度と一緒で、慣れてくるとメイクをテキトーにしてしまう人もいるのですが、これもNGですよ。お客様のリピート率をあげたいのであれば、きちんと見た目に気を配るだけでなく、時々メイクやヘアスタイルを変えるなど、お客様を飽きさせない工夫も必要です。稼げるセクキャバ嬢は小まめにやっているのです。

まとめ

今回は、さまざまなナイトワークの中でも特に稼げると人気になっているセクキャバについて、セクキャバ嬢になったのに「稼げない…」と悩んでしまう人の特徴についてご紹介してきました。

この記事でご紹介したように、本来セクキャバ業界というのは、サービスが過激な分、高い時給設定になっていることや、女性に不利な罰金システムが無いなどと言う理由で、他のナイトワークよりも圧倒的に楽に稼げるという特徴があるのです。しかし、かなり稼げる土台が整っているはずのセクキャバ業界でも、一定数稼げない…と悩んでしまう人がいるのです。

そういった方の多くは、そもそも入店しているお店を間違っているという場合がありますので、まずは自分が入店したお店に自分のキャラがあっているのかをよく考えてみましょう。問題ないようであれば、おそらくあなたの接客態度や出勤日数の問題ですので、何かを改善しなければならないでしょう。自分自身に問題がある場合には、なかなか原因が特定できませんので、仲の良い稼げているキャストやボーイさんなどに自分の悪いとこはどこか聞いてみても良いのではないでしょうか。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。