今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

セクキャバ嬢の持ち物リスト!入店初日までに用意しておきたいアイテムをご紹介します

今回は、セクキャバ嬢として働くことが決まったという方に向けて、出勤時に用意しておきたいセクキャバ嬢が持っておくべきアイテムをご紹介していきます。

セクキャバのお仕事は、お触りがOKなキャバクラと言われるように、基本となる部分は「究極の接客業」と言われているキャバ嬢の仕事が根底にあります。業界にあまり詳しくない人であれば、「おっぱいを触らせていれば良いだけだし、何も持っていかなくても良いのでは?」と考えてしまうような方もいます。もちろん、仕事上必要なアイテムに関しては、お店側がいろいろと用意してくれているのですが、衛生管理のためのアイテムなど、他人と共用するのはちょっと気が引ける…と言ったものもあることでしょう。

そこでこの記事では、セクキャバ嬢として働くと決めた方に向けて、出勤初日や体験入店をする前に、あらかじめ用意しておきたいアイテムをいくつかご紹介しておきます。

セクキャバ嬢が持っておくべき必須アイテム

それでは、セクキャバ嬢がお仕事の時に必ず持っておくべき必須アイテムからご紹介しておきましょう。なお、ほとんどのセクキャバ店は、嬢が仕事の準備をするために必要になるアイテムについて、バックヤードに用意してくれています。そのため、極端に言えば、手ぶらでお店に行っても仕事をすることは可能なのですが、お店に置いてあるアイテムで準備をするのはあまりオススメできません。
例えば、化粧品や衛生用品などになると、他人が使用したものを触りたくない…という方も多いですし、自分の肌に合うのかもよくわかりませんよね。したがって、最低限以下に紹介するものに関しては、自分で用意してから出勤するようにしましょう。

メイク道具

まずは普段使っている、自分の肌に合うメイク道具です。代表的なものはバックヤードに置いてあるようなお店が多いのですが、自分に合わないものを使用すると、肌荒れの原因になってしまう場合もありますので、普段使用しているものを、仕事用にも用意しておきましょう。

セクキャバは、キャバクラと同じく、接客業ですので、メイクが崩れた状態でお客様の前に出ることは許されません。したがって、いつでもお化粧直しができるように、ポーチにひとまとめにした状態で用意しておきましょう。なお、あれやこれやと持っていくと、かさばるだけですので、ファンデーションやリップグロスなど、メイク直しに必要な道具のみに絞り、コンパクトに収納できるようにしておくのがオススメです。

うがい薬

以外に思うかもしれませんが、セクキャバ嬢必須のアイテムがうがい薬です。これは、キャバ嬢も同じなのですが、出勤すれば、非常に近い距離で不特定多数の方と接することになります。当然、中には風邪などの症状を持っているような方もいる可能性がありますし、夜職勤務は、こういった病気を非常に移されやすいのです。

特にセクキャバの場合、キスもサービスの内ですので、より密着度の高い接客をすることになります。そのため、お客様の口の中にいる細菌が入ってきますので、小まめに感染予防ができるよう、うがい薬があった方が良いです。なお、口臭の原因は、口の中の細菌ですので、口臭ケアとしても有効です。

歯磨きアイテム

これは、口臭ケアのためのアイテムです。どれだけ可愛くてスタイルが良くても、口臭問題があるキャストは人気が出ません。セクキャバ嬢として稼いでいくためには、口臭ケアが非常に大切ですので、小まめな歯磨きができるよう、歯ブラシや歯磨き粉は用意しておくようにしましょう。
ちなみに、最近では舌磨き用のアイテムもあるので、これも用意しておくのがオススメですよ。舌に付着する舌苔が口臭の原因ですので、これを優しく除去できるアイテムは口臭予防に非常に有効です。

消臭スプレー

消臭スプレーについては、「自分の体臭は別に臭くない…」と思うかもしれませんが、セクキャバ嬢は自分の体臭だけを気にしていれば良いというものではないのです。というのも、一日に何人ものお客様を接客するわけですので、新しいお客様を迎える前には、前のお客様の匂いを消すという対策が必要です。中に、香水を使って体臭ケアを行う人もいるのですが、意外に香水のニオイを嫌う男性は多いので、あまりオススメできません。
ドラッグストアなどで、無香料タイプや、香りがあっても石鹸程度の万人受けする香りの物を選ぶのがオススメです。

替えの下着

セクキャバで働く場合、替えの下着は絶対にあったほうが良いです。というのも、接客が終われば下着が汚れてしまっているでしょうし、お客様の対応によっては破れてしまったりすることもあるのです。「帰宅するだけだし気にしない…」なんて方もいますが、やはり気持ち悪いものですし、退店前に下着を変えられるように替えを用意しておくのがオススメです。

ちなみに、セクキャバ嬢の中には、出勤時はデザインの異なるいろいろな下着を用意しておき、お客様の好みによって着用する下着を変えているなんて方もいます。

ライター

セクキャバ嬢も、根底はキャバ嬢と同じような接客をしなければいけません。サービスに入る前には自己紹介したり、お酒を作ってトークするのですが、お客様がタバコを吸う時には、火をつけてあげなければいけないので用意しておきましょう。なお、セクキャバでは、お店のロゴが入ったライターは用意しています。ただし、安物のライターにロゴを印刷しているだけですので、安っぽく見えてしまいます。

人気嬢になると、この安っぽさを嫌い、自分なりに考えたデザイン性の良いものを用意しているものなのです。ライターは、お客様の前で使用するものですので、あまり安っぽいライターを出すと、お客様が現実に戻ってしまう場合があるからですね。

筆記用具

筆記用具は、仕事を覚えるためのメモをとる、お客様の特徴を書き残して置く、名刺を渡すときにメッセージを記載するなど、活躍する場面が非常に多いです。なお、一般的なノートとボールペンはお店が用意して置いてある場合もあるのですが、セクキャバ嬢が持っているようなデザイン性の良いものではなく、単なるキャンパスノートがほとんどです。

使用用途を考えると、ペンに関してはお客様の前で使用することも考えられますし、何の変哲もないボールペンはあまりオススメできません。そこまで高い物ではありませんし、女性が使っていそうな個性的で可愛らしいものを自分で用意しておくのがオススメですよ。ペンを話しのネタに使うこともできますので、意外に役に立ちます。

ハンカチ

ハンカチは、お客様のグラスについた水滴を拭くと言った事に利用します。混雑時にはすぐに濡れて使えなくなるので、複数枚用意して持っていくのがオススメです。

なお、ハンカチに関しては、「タオル地のハンカチはNG」「キャラクターデザインがあるものはNG」など、お店によってルールがある場合もあるので、その辺りはお店に確認しておきましょう。後は、洗濯した時には、きちんとアイロンをかけておくことも大切ですよ。いくら可愛らしいハンカチでも、シワシワになっているようなものを持っていると、それだけでゲンナリされます。

名刺入れ

セクキャバでは、お客様に名刺を渡すことになるのですが、名刺をポーチやポケットからそのまま出して渡すのは好ましくありません。きちんと名刺入れで管理しておき、渡すときには名刺入れから出して渡すようにしましょう。

使用する名刺入れに関しては、高級すぎるものも安物すぎるものもNGですよ。例えば、100円均一のアルミの名刺入れがNGだというのは誰にでもわかるでしょう。これに加えて、高級ブランドの名刺入れもいやらしいイメージを与えるので、実はあまりよろしくないと言われているのです。セクキャバ嬢が使用する名刺入れは、女性らしいデザインの見栄えが良いものを用意しましょう。

まとめ

今回は、セクキャバ嬢が仕事の時に持っておいた方が良いアイテムについてご紹介してきました。この記事でご紹介したアイテムについては、セクキャバで働く場合には必須と考えておいた方が良いですよ。もちろん、セクキャバ店は、ここでご紹介したようなアイテムをお店側がバックヤードに用意してくれている場合がほとんどなのですが、誰かと共用するのは少し気が引ける…というものも多いですし、衛生的にもあまりオススメ出来ることではないでしょう。

どれもそこまで高額なアイテムではありませんし、仕事で必要なものと割り切って購入しておくようにしましょう。なお、店内で着用する衣装などに関しては、キャバクラと異なり、全てセクキャバ店側が用意してくれるので、その辺りは安心しても良いですよ。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

もちろん勤務地のご相談も受け付けております。神戸、京都からも好アクセスの梅田や身バレしにくい十三など、あなたにピッタリの求人を探してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。