今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

セクキャバ嬢の面接ってどこまで見られるの?やっぱり面接官に触られる?

夜職未経験の方がいきなりセクキャバ嬢として働こうと考えた場合、実際に働き始める前の段階でさまざまなことに不安を感じてしまい、面接にすらたどり着けない…なんてこともあるようです。

例えば、セクキャバ嬢のお仕事は、キャバ嬢のようにトークやお酒の相手をするのが主な仕事なのですが、接客時にはトップレスでお客様は嬢へのお触りやキスなどがサービスとして認められています。つまり、セクキャバ嬢として雇う場合には、「おっぱいの大きさ」や「スタイルの良さ」「触られたときの反応」などが重要視されると考えてしまい、面接時には裸になって、店長さんやお店のスタッフに体を見せなければならない…と考えてしまっている方が多いのです。実際に、当店に面接に来た女性の中には、「体を触られると思っていました…」という方が一定数いるのです。

正直に言っておきますが、面接で女の子に裸になるように指示し、店長やスタッフが「面接として」お触りしようとするようなお店は絶対にやめておきましょう。セクキャバ嬢はスタイルの良さが重要なお仕事ですので、ほとんどのお店はボディチェックを行うのは間違いありません。しかし、スタイルの良さなどは裸になる必要などありませんし、まともなお店なら裸になるようになんて指示など絶対に出しません。

この記事では、セクキャバの面接に恐怖を感じてしまっている方のため、面接で行われるボディチェックは何を見られているのかを簡単にご紹介しておきます。

お店にとって『ボディチェック』は重要

それでは、セクキャバの面接でボディチェックが行われる理由や、お店がボディチェックで何を確認しているのかについてご紹介していきましょう。

そもそもセクキャバ店の面接などに関しては、テキトーに受け答えしていれば「採用はされるでしょ!」と考えてしまっている方も多いです。というのも、こういった業界は常に人手不足に陥っており、お店側が人を選んでいられるような状態にないと考えているわけです。
しかし、この考え自体が大間違いだと思っておいた方が良いですよ。セクキャバは、キャバ嬢などよりも過激なサービスが必要になるのは確かですが、あくまでも接客飲食店に分類されるお店ですので、性風俗店のような『ヌキ』と言われる性的サービスの提供は一切ないのです。しかし、キャバ嬢よりは過激…という点から、お給料に関しては非常に高く設定されており、夜職業界の中でも、最も安定して高収入が得られると言われているのです。

夜職を選ぶ方の目的は、やはりお給料ですので、「安定して稼げる」というメリットは非常に魅力的で、人気店になると人手不足は感じていないのです。つまり、セクキャバの面接は普通に不採用になってしまう可能性がありますので、気合を入れて対応したほうが良いですよ!
それでは、面接のボディチェックで何を見られているのかをご紹介していきましょう!

『ボディチェック』で見る場所は何?

それでは、セクキャバの面接で行われる『ボディチェック』について、どういった点を確認されているのかをご紹介しておきましょう。冒頭でご紹介したように、セクキャバ嬢として働く場合には、お客様の前でトップレスになるわけですので、その子がきちんと稼いでいけるのかを確認するためには、服を脱がなければ判断できない部分もあるのです。ただし、基本的には面接官となる男性スタッフの前で裸になるようなことはないですよ。

セクキャバの面接で確認されるのは以下のようなポイントです。

  • ●オッパイの大きさ
  • ●お腹がでていないか
  • ●タトゥーは入っているか?(どの部分に?大きさは?など)
  • ●妊娠線はあるか
  • ●アトピーなど、肌に関するトラブルはあるか
  • ●目立つリストカット跡などはないか

セクキャバのボディチェックでは、上記のような項目が見られていると考えましょう。もちろん、お店によって審査項目は異なりますので、「あるお店では雇ってもらえなかったのに別のお店では雇ってもらえた。」なんてことも普通にあります。

上記の様なポイントを見る理由についてですが、おっぱいの大きさやお腹が出ている、妊娠線があるなどといった点は、指名の獲得のしやすさが関係するため、雇って稼いで行けそうなのかを確認するために見ていると考えましょう。タトゥーの有無などに関しては、お店によって考え方が全く異なりますので、「入っているからダメ!」とはならないでしょう。しかし、背中全体に大きな入れ墨が…などとなると、肌を露出する仕事ですので、さすがに厳しいかもしれません。タトゥーに関しては、入っている場所や大きさの確認などはされるかもと思っておきましょう。

『リストカット跡』に関しては、精神的な弱さがあるのかも…と考えられてしまうことから、面接ではデメリットに働いてしまう可能性が大きいです。どのお店も、安定して出勤して勤務態度も良好な女の子を求めているわけですので、精神的な不安定さから欠勤しやすいかも…という点が減点対象となってしまう訳です。そういった跡があるのであれば、うまくごまかせる理由を考えておいた方が良いですよ。

セクキャバのボディチェックに関しては、基本こんな感じです。普通のセクキャバ店であれば、確認するにしても上半身のみで、下半身をチェックするようなことはありません。セクキャバ嬢として働く場合でも、下半身へのお触りは基本的に禁止ですし、確認する必要がないわけです。

なお、セクキャバの面接で行われるボディチェックは、上半身下着ぐらいまではあるかもしれませんが、基本的に衣服を着たまま面接しますので、そこまで身構える必要はないと思いますよ!

身体に触れる・キスを要求するお店はNG!

ここまでの説明で分かるように、セクキャバ店の面接で行われるボディチェックというものは、お店のコンセプトや来店する客層のニーズに合っているのかを確認する目的で行われています。つまり、見た目のチェックだけで十分に判断できるような事ばかりなのです。

それなのに、面接の試験などと称して、全裸になることを要求したり、お触りしたり、キスをしようとするようなお店であれば、きっぱりと断ってすぐにお店を出た方が良いですよ。本来、面接に必要のないことを、要求してきているわけで、それは従業員の性的欲求を満たすための、単なるセクハラ行為と言えます。そもそも、面接を受けに来ているからと言って、スタッフの指示に全て従う必要などないわけですし「これはおかしい!」と思った事があれば、はっきりと伝えるようにしましょう。そうすれば、無理やり行為に及んでくるようなことはありません。

まとめ

今回は、セクキャバ店で行われる面接について、初めてセクキャバ面接に行こうと考えている方が不安に思ってしまう場合が多い『ボディチェック』についてご紹介してきました。この記事でご紹介したように、セクキャバ嬢は、トップレスで接客することになるため、おっぱいの大きさやタトゥの有無など、お店も体の確認はしておきたいと考えるものです。しかし、必要な確認に関しては、裸にならなくてもチェックできるわけですので、わざわざ裸になるような指示はないと思って良いですよ。

逆に、裸になることを強要したり、キスのうまさを確認するなんてことを言ってきた場合、そのお店はまともなお店はないので、すぐにあなたから断ってお店から出ましょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。