今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

昼職とセクキャバのWワーク!得られるメリットと注意点をご紹介!

近年では、昼間はOLさんや美容師さん、看護師さんをしている方などが、夜はナイトワークでWワークをするという方が増加していると言われています。Wワークを検討する目的はもちろん人それぞれで、昼職だけでは生活がきつい…という方もいれば、将来独立するためにお金を貯めている、単純に接客が楽しいからなど、さまざまな方がWワークをするようになっています。

ナイトワークでのWワークと聞くと、ほとんどの方がキャバクラで働くのだろうなと考えるのですが、実はキャバクラ以上に副業としやすいナイトワークがあるのはご存知でしょうか?それは、セクキャバやオッパブなどと呼ばれるお店で、分かりやすく言えば「お触りがOKなキャバクラ」と呼ばれるお店たちです。

この記事では、昼職を持っている方がWワークを検討した際、ナイトワークの中でもセクキャバを選択するメリットと、夜職でWワークをすることの注意点をご紹介します。

セクキャバでWワークすることのメリット

それではまず、Wワークのお仕事としてセクキャバを選択することのメリットからご紹介していきましょう。冒頭でご紹介したように、ナイトワークと言えばキャバクラというイメージが強いですし、Wワークを検討した場合でもキャバクラを真っ先に思い浮かべるという方が多いです、

しかし、人気のナイトワークなのですがキャバクラは昼職を持っている方にはあまりオススメできない特徴がいくつかあるのです。まず一つ目は、ドリンクバックで稼いでいくという特性上、どうしてもお酒を飲まなければいけない…と言う点です。キャバ嬢が専業であれば問題ないのですが、次の日に昼職がある方であれば、大量にお酒を飲むわけにもいかないですし、稼ぐ方法が減ってしまうのです。また、キャバクラは、女性キャストがお客様を呼ぶというルールですので、朝や昼間に常連のお客様に営業をかけなければいけません。昼職がある方であれば、この営業メールなどが意外に難しく、思うようにお客様を呼べず稼げない…なんて状況に陥ってしまう危険があるのです。

一方、セクキャバであれば、お客様は「お触り」が目的でお店に来店します。基本的に時給以外は指名料でバックを加算していくシステムですので、お酒を一切飲まずに稼ぐ事ができ、昼職に影響を出さずに働くことが可能です。また、サービスが過激になる分、基本となる時給が高く設定されており、人気店になると、一般的なキャバクラの時給の2倍程度を保証してくれる店もあるのです。
さらに、セクキャバでは集客はお店がするものという決まりがあるため、出勤時間以外にお店のことを考える必要が基本ありません。例えば、出勤したとしても、お客様が全くいない…なんて場合、それはあくまでもお店の責任でキャストは時給分を稼ぐことができるのです。キャバ嬢であれば、待機カットなど、お客様がいない時間は時給すらカットされてしまうルールもあります。

このように、Wワークとして何より重要になる「安定的な高収入」という面で、圧倒的にセクキャバにメリットがあるのです。

セクキャバでWワークする場合の注意点

それでは、セクキャバでWワークをする際の注意点もいくつかご紹介しておきましょう。昼職と夜職の掛け持ちを考えた場合、上記のようにセクキャバが非常にメリットが多い業界です。しかし、一切のデメリットがないのかというとそうではなく、いくつかの注意点が存在するのです。

ここでは、ナイトワークとWワークする場合に注意しておきたいポイントをいくつかご紹介しておきます。

肉体的・体力的にしんどい

まず最も注意しておきたいのは、昼職と夜職のWワークは、体力的にかなり大変で、体調やスケジュールの管理が意外に難しいと言う点です。
「昼はOLとして働いて、夜はセクキャバで働く」と文字だけで見ればなかなか想像できないものですが、平日に仕事終わりから深夜まで別の仕事をするとなると、睡眠時間もかなり削られてしまい、短時間だとしても体力的にはかなりきついものです。セクキャバは、お酒を飲まなくても良いとはいえ、睡眠不足によって昼間眠くなったり、本業に支障が出てしまう可能性もあります。
また、余裕をもったスケジュールでシフトを組んだものの、急な仕事で遅刻してしまう…なんてことも考えられ、何度もこういった事をしていると時給を下げられてしまうなどのペナルティがあるお店も存在するでしょう。昼職と夜職を掛け持ちする場合、慣れていない最初のうちは、翌日に昼職が無い日だけ出勤してみるなど、ナイトワークでの体力的なしんどさに徐々にならしていく工夫が必要だと考えましょう。

会社バレ、知人バレの可能性がある

副業OKの仕事であれば、会社に副業をすることを伝えておけば「副業をしていることでトラブルになる」なんてことはないでしょう。しかし、いくら副業がOKだとしても、その内容がセクキャバなどのナイトワークだということは隠しておきたい…と考える方が多いと思います。したがって、確定申告の仕方などをお店の人にきちんと教えてもらい、バレないように対策をとる必要があります。

また、お店で働いている時、会社の人が突然遊びに来て鉢合わせてしまう…なんて可能性も0ではありません。例えば、出勤が楽だからと、会社から近いお店を選択する、乗り換えなどによく利用される主要駅周辺のお店を選ぶなどの場合、いきなり知り合いに会ってしまう…なんてリスクがあると考えましょう。お店選びの際には、できるだけ会社から離れた位置にあるお店や、会社の人があまり飲みにいかないエリアのお店を選ぶようにしましょう。

本業にやりがいを感じなくなる…

こういった方が意外に多いので注意しましょう。セクキャバは、他のナイトワークと比較してもかなりの高収入が平均的に稼げる業界です。これはそもそもの時給が高いためで、待機カットや罰金など女性に不利なルールもないことで、出勤さえしていれば誰でも簡単に稼げてしまう業界なのです。

つまり、副業として始めたセクキャバなのに、気付いてみたら本業である昼職の倍以上のお給料になっている…なんてことも珍しくなく、昼職を真面目にするのが馬鹿らしくなってしまう…なんて方がいるのです。もちろん、これを機にナイトワークを本業にするという覚悟があるのであれば良いのですが、そうではない場合、掛け持ちで働く期間を決めておく、目標の貯金額を決めておくなど、節度を持った働き方を心がけましょう。

まとめ

今回は、近年増加している昼職と夜職の掛け持ちについて、ナイトワークの中でもセクキャバがWワークに最適な理由をご紹介してきました。この記事でもご紹介したように、セクキャバは、お酒を飲まなくても良い、基本となる時給が高い、女性に不利なルールが少ないなどと言った理由で、副業に非常に適した働き方ができる業界と言えます。

もちろん、どのナイトワークで副業するにしても、肉体的なしんどさや会社バレリスクなど、いくつかの注意点がありますので、その辺りも頭に入れて本当にWワークを始めてみるのか検討してみると良いでしょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

もちろん勤務地のご相談も受け付けております。神戸、京都からも好アクセスの梅田や身バレしにくい十三など、あなたにピッタリの求人を探してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。