今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

セクキャバ業界は『出戻り』する女性が多い!なんで一度辞めたのに出戻りするの?

今回は、セクキャバ業界で非常に多いと言われている『出戻り』について解説していきたいと思います。

『出戻り』と聞くと、結婚した人が離婚をして、地元に戻ってくるといったイメージで、どこかネガティブな印象を持っている方も多いのではないでしょうか?さらに、セクキャバ嬢の『出戻り』というのは、こういった夜職業界で働いたことがない人からすると、完全に良くない傾向だと感じてしまうことでしょう。

しかし、セクキャバ業界で発生している出戻りに関しては、何も全てが悪い部分ばかりではなく、それどころかセクキャバ嬢本人は「セクキャバの良いところが忘れられなくて戻ってきている」というケースが非常に多いのです。要は、何らかの事情ができて「致し方ないくセクキャバに出戻りしている…」という感じではなく、「セクキャバのころが最も稼げていた」「実は一番効率的な仕事だった」ということに気付き、お店にお願いして出戻りさせてもらうというパターンも意外に多いのです。

そこでこの記事では、セクキャバ嬢が出戻りする際の理由や出戻りすることのメリットについて解説していきます。

セクキャバに出戻りする理由は?

それでは、セクキャバ業界で、出戻りする方は、何を理由にセクキャバ業界に舞い戻ってきているのかについて解説していきましょう。

まず大前提になるのですが、ほとんどのセクキャバ店では、一度辞めたキャストでも、そのキャストに重大なNG理由でもない限りは出戻りしたいという相談があれば、普通に認めてくれます。例えば、何の連絡もなく飛んでしまった…なんて場合、出戻りを断られてしまうようなこともあるかもしれませんが、そのような人でも真摯な態度で謝罪すれば、雇ってくれるような珍しい店も多いです。

これについては、セクキャバ店側も、辞めたキャストについて、その一定数は出戻りすることが多いということを理解しているからだと考えられます。というのも、以下のような理由があるため、セクキャバ嬢を辞めた人でも、数か月後に戻ってくるということが多いのです。

理由① お給料が高いから

まず一つ目の理由としては、やはり高額なお給料が貰えるという部分です。セクキャバを辞めてしまう方の中には、夜職自体を卒業して昼職で働き始めるという方も多いです。

しかしこの場合、当然ですが、セクキャバ嬢として働いていたころのような高額なお給料を手にすることはできません。例えば、人気店のセクキャバ嬢などとなると、最低時給で5,000円が保証されていて、そこに指名などのバックが加算されるなんてお給料形態になります。そのため、たくさん指名がとれる人気嬢になってくると、週4日程度の出勤でも、月収100万円を超えてしまうほどかせげるわけです。これが、専門職でもない昼職になれば、良くて25万円程度の給料になり、セクキャバ嬢のころを思い出すと「馬鹿らしく感じてしまう…」ようになるのです。

こういった事から、一度セクキャバを卒業したけれど、「セクキャバ嬢として稼げる間にもっと稼いでおこう!」と考えて出戻りしてしまう訳ですね。

理由② 辞めた理由がなくなったから戻る

この出戻りパターンは、セクキャバ嬢の仕事に何らかの不満があるといった状態ではなく、彼氏ができた、親にバレたなど、外的要因で辞めなければならなくなった方に多いです。

例えば、彼氏ができたセクキャバ嬢であれば、さすがに「セクキャバ嬢として働いている」とは彼氏に伝えることはできませんよね。したがって、セクキャバ嬢として働いている時でも「彼氏がいるのに他の男に触らせるなんて…」などと、罪悪感を感じてしまうような方がいて、セクキャバを卒業しようと決心してしまう訳です。

こういった方は、セクキャバ嬢の仕事がいやで辞めているわけではないの、彼氏と別れたなんてことになれば、やめなければいけない理由がなくなり、出戻りしてくるのです。

理由③ 元の店が一番良かった

これは、セクキャバ業界を辞めるわけではなく、他のお店に移籍するといった感じや、キャバクラなど他の夜職に移籍するといったパターンです。

セクキャバのお仕事は、どのお店でも同じと考えてしまう方がいるのですが、実はサービスの範囲やお給料形態などはお店によってかなり異なりますので、移籍してみると「前の店の方が良かったじゃん…」となってしまう場合もあるのです。例えば、移籍した先のお店が超ハード店で、下半身の指入れまで認められていて流石にこれは無理…となってしまうようなこともあるのです。
また、キャバクラなど、他の夜職に移籍した場合、勝手が全く違うことで「セクキャバが一番効率的に稼げるじゃん!」となって戻ってくる方が多いのです。キャバ嬢は、大金を稼げるというイメージですが、時給はセクキャバ嬢の半額以下のお店もありますし、稼いでいる女性はお客様に高額なボトルを入れてもらっているのです。つまり、ボトルを入れてもらうためのスキルが必要ですし、入れてもらったお酒を飲むしんどさもあるのです。

こういった事から、他に移籍したけど、もともと働いていたお店に戻りたい…とお願いしてくる方も多いのです。

出戻りを許す理由は?

一般の会社であれば、一度辞めてしまった人を再度雇うなんてことは少ないですよね。もちろん、特殊な資格などを持っていれば歓迎してもらえるかもしれませんが、営業職などであれば、出戻りしたくてもできないことの方が多いです。

しかしセクキャバの場合、お店側も出戻りを歓迎している傾向が強いのです。ここでは、セクキャバで出戻りをするメリットについてご紹介しておきます。

お店のルールを理解している

キャストにしてもお店側にしても、出戻りする女性は、お店のルールを理解しているので、出戻りで働き始める瞬間から即戦力になるという点がメリットです。キャスト側は、勝手がわかっている店ですので、その日から稼げますし、お店側も余計な教育に時間をかける必要もなく、手間がかからないという大きなメリットがあります。

さらに、過去にそのお店で人気が高かった子であれば、昔よく来ていた指名客の方に『復活した!』と広告を打つことができ、顧客を取り戻すこともできます。もちろん、新規顧客に対しても「過去にいた伝説的な人気嬢!」などと広告を打つことができ、集客に活用できるというメリットがあります。

人間関係できている場合もある

出戻りが一年以内などであれば、前に勤めていた時の知り合いキャストやボーイさんなどがまだ残っている場合も多く、新しいお店で様子見しながら働くよりもかなり気が楽になります。お店側からしても、嬢の性格を把握できている方が、フリー客の付け方などに困らなくて良いので、大きなメリットになるのです。

セクキャバ業界など、夜職業界は、お店の中の人間関係はギスギスしていると考えている方が多いのですが、セクキャバに関しては、嬢同士が仲が良いケースが多いです。これは、ヘルプなどで他の嬢の指名客に接客するなんてこともありませんし、顧客の取り合いが起きないというのが大きな理由です。なんにせよ、出戻りは嬢側が働きやすいという点がメリットです。

キャストもお店もお金が儲かる

最後は、キャストはある程度実力が分かっていますので、最初から好条件で出戻りすることができ、全盛期と同じように稼ぐこともできる可能性が高いのがメリットです。お店側にしても、過去の指名客に「○○ちゃんが復活!」と広告を打てば、足を運ばなくなっているお客様を取り戻すことができるようになります。したがって、出戻りでも、最初から好条件で雇いなおしてあげることができるわけです。

セクキャバ嬢の出戻りは、キャストは高額なお給料が期待できる、お店は売り上げを期待できるといった感じに、Win-Winな関係になれるのです。

まとめ

今回は、セクキャバ業界でなぜ出戻りが多いのかについて解説してきました。一般企業などであれば、一度辞めた従業員が出戻りしてくることなど考えられないことだと思います。もちろん、親の介護など、致し方ない理由で辞めた従業員であれば、出戻りの可能性も0ではないのですが、一般企業は出戻りするメリットがそこまで高くないのも出戻りが少ない理由だと考えられます。

セクキャバ業界で出戻りが非常に多いのは、やはり高額な収入が得られるというメリットがあるからです。さらに、お店側に関しても、出戻りしたいという嬢がそれなりに人気があった嬢なら、過去の指名客に広告をうったり、新規の指名客をつけるために「伝説の嬢が復活!」などと誇大な広告展開ができるようになるわけです。
つまり、セクキャバ業界での出戻りに関しては、キャストにとってもお店にとっても非常に大きなメリットがあることから、普通に認められているわけです。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

もちろん勤務地のご相談も受け付けております。神戸、京都からも好アクセスの梅田や身バレしにくい十三など、あなたにピッタリの求人を探してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。