神戸店営業再開、及び十三店リニューアルオープンのお知らせ

セクキャバで稼ぎたい人必見!実際に体験入店をする前に準備しておきたいこと!

ここ数年、さまざまある夜職の中でも、特に稼ぎやすいと言われているのがセクキャバやおッパブと呼ばれる業界です。女性が稼げる夜職と言えば、古くからキャバ嬢が有名だったのですが、キャバ嬢は、大量のお酒を飲まなければいけませんし、上手にお客様を転がすトークスキルや接客テクニックが必要になるため、トップレベルにまで上り詰めるのは、ある種の才能が必要になってしまうのです。一方セクキャバはというと、キャバクラ同様に接客飲食店であることは間違いないため、コミュニケーション能力が必要と思われがちですが、実はお客様が来店する目的が『お触り』であることから、夜職未経験者でもいきなりトップクラスに稼げる場合もあるのです。

さらにセクキャバは、基本となる時給がかなり高額になるため、出勤しているだけで誰でもある程度の高収入が見込めるという点も人気の理由です。また、30代を超えても稼げるコンセプトがあるなど、夜職業界でも特に長く続けられる仕事として一気に人気が高くなっています。近年では、元々キャバクラやデリヘルで働いていた方が、セクキャバ嬢に鞍替えするなんてことも増えており、現在最も稼ぎたい女性に人気のお仕事の一つになっています。
そこでこの記事では、現在セクキャバの体験入店に行ってみようかな…と考えている方に向け、体入までに準備しておきたいポイントをご紹介していきます。夜職未経験者の方であれば、体入するまでにさまざまな不安が頭をよぎると思いますが、正直そこまで身構える必要はないと思いますよ!

セクキャバの体入前に準備しておきたいこと

それでは、セクキャバの体験入店に行くまでに準備しておきたいことをご紹介していきます。夜職未経験者であれば、セクキャバは謎な部分が多いでしょうし、実際に体験入店するまではさまざまな不安が頭をよぎってしまうことでしょう。ここでは、そういった方が覚えておいてほしい、体入までの準備をご紹介していきます。

①お店のことはしっかりと調べておこう!

まずは、実際に体験入店するお店の事をしっかりと理解するため、インターネットなどでお店の事を調べておくということです。セクキャバで働こうと考えている方であれば、お店の求人情報ページなどを確認し、体験入店の応募を行ったのだと思いますが、実際にどのようなお店なのかは、求人ページだけで判断することはできません。したがって、体験入店を予定しているお店に関しては、営業用の公式サイトや営業用のポータルサイトなども確認しておくことがオススメです。

求人ページや営業用のページで確認しておきたいポイントは以下のような点です。

  • ☑ お店のコンセプト(求人ページで確認)
  • ☑ 必要なサービス内容(求人ページで確認)
  • ☑ 時給やインセンティブなどのお給料について(求人ページで確認)
  • ☑ 入店の際の特典など(求人ページで確認)
  • ☑ お店のコンセプト(営業ページで確認)
  • ☑ お店のサービス内容(営業ページで確認)
  • ☑ 在籍している女の子とその日記(営業ページで確認)
  • ☑ セット料金(営業ページで確認)
  • ☑ イベント情報など(営業ページで確認)

上記のようなポイントについて、求人用のページと営業用のページを見比べながら確認しておくのがオススメです。例えば、求人用のサイトに記載されていたコンセプトと、営業用のサイトに記載されている内容がかけ離れている場合、少し注意が必要でしょう。お店のコンセプトについては、在籍している女の子の画像などでも確認できますし、きちんと調べておきましょう。自分に合わないコンセプトのお店になると、入店しても稼ぎにくくなってしまいます。また、在籍している女の子が日記を書いている場合は、いくつか確認しておきましょう。日記コーナーがあるのに、誰も書いていない…なんてお店の場合、女の子がやる気がないという判断ができますので、入店しても稼ぎにくいと思います。写メ日記などは、集客につながるツールですので、優良店の女の子ほど積極的に情報をUPしています。なぜかというと、その行為が自分のお給料に帰ってくることが分かっているからなのです。

体験入店前に、本当に稼げそうな優良店なのかは、こういった細かなポイントからも判断することが可能です。

②源氏名を決めておく

夜職で働く場合は、お店で使用する「源氏名(げんじな)」が必要になります。源氏名は、働く女の子のモチベーションを保つためにも、テキトーにつけてはいけません。また、お仕事とプライベートをはっきり分けるためにも、本名に近いものはやめておいた方が良いです。

夜職で使用するこの「源氏名」については、ほとんどのお店で女の子が「好きにつけて良いよ」と言われるはずです。したがって、体験入店が決まっているのであれば、お店に行く前に決めておくのがオススメです。決め方的には、好きな芸能人の下の名前をとるという場合や、インパクトのある名前を考えるなど、人によってさまざまです。しかし、お店での自分を作るためにも、自分なりに印象に残る名前をしっかりと考えるようにしましょう。

なお、①で紹介したポイントの中で「在籍している女の子のチェック」は、この源氏名を考えるためにも重要になります。お店の中に同じ名前の子がいるとややこしいですので、既に使われている名前はNGです。また、「ミク」という源氏名の子がすでに働いている場合、「ミウ」「ミミ」「ミア」など、『ミ』から始まる2文字の名前はややこしくなりますしお客様に覚えてもらいにくくなる危険があるため、オススメできません。
自分の源氏名を考える時には、既に使われている…というものは排除して、自分の印象に残る名前を考えましょう。

③当日の持ち物について

初めての夜職の場合、体験入店時に何を持っていけば良いのか…と不安になってしまう方が多いでしょう。持ち物に関しては、事前にお店に確認しておくのが安心ですが、一般的なセクキャバでキャストが持っているものを以下でご紹介しておきます。

  • コンセプトに合った衣装・靴
    『素人』コンセプトのお店の場合、私服が衣装になることがあります。ほとんどの場合、お店がレンタルしてくれますが、中には私服を衣装でというお店があるので、事前に確認しておきましょう。
  • 化粧ポーチ
    サービスで汗をかいてしまうことがありますし、化粧直し用のポーチは必須です。また、セクキャバ嬢は、唇の乾燥が厳禁ですので、リップクリームも必須だと考えましょう。
  • ペンとメモ帳
    新人さんですし、教えてもらった事をメモする物が必要でしょう。仕事中に教えてもらった事は、しっかりとメモをとっておけば、次回の出勤時に役に立ちます。
  • 下着
    お仕事が終わるとシャワーを浴びて帰宅するのですが、その時には清潔な下着を着用したいでしょうし、予備の下着を持っていくのがオススメです。また、プレイ中に破れてしまうことがありますので、仕事用の下着は安物で良いので多めに購入しておきましょう。

上記のほかに必要そうなものがあるかは、お店に確認しておくと良いでしょう。なお、面接時には写真付きの身分証明書が必須ですので、用意しておきましょう。

まとめ

今回は、夜職初心者の方がセクキャバで稼ごうと考えた場合、体験入店前に行っておきたい準備をご紹介してきました。夜職の中でも特に稼ぎやすいと言われるセクキャバ業界ですが、実際に入店する前にはさまざまな不安が頭をよぎることでしょう。また、入店すれば本当に稼げるものなのか…ということも気になってしまう方が多いと思います。

セクキャバは、キャバクラとは異なり、上半身へのお触りやキスなど、密着度の高い接客になりますので、まずは、そういった事に自分が耐えられるかどうかを慎重に考えた方が良いですよ。それでもやってみようかなと思えば、体験入店で実際のお仕事の雰囲気を感じてみると良いでしょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。