ウソのようなホントの話!ヴィヴィッド・クルーがお客様との連絡先交換を禁止にする理由は?

今回は、ヴィヴィッド・クルーグループが、お店で働く女の子にお客様との連絡先交換を完全禁止にしている理由についてご紹介したいと思います。なぜ、今さらこういったコンテンツを紹介するのかと、疑問に思った方も多いかもしれませんが、実は「セクキャバ店が、お客様との連絡先交換を禁止するなんて…どうせウソ!」などと思われている方が最近多いようなので、「なぜ連絡先交換が禁止なのか?」というわかりやすい理由についてご紹介しようと思ったわけです。
ヴィヴィッド・クルーグループは、おかげさまで関西地方でもトップクラスの人気を誇っており、日々多くの方から「働いてみたい。」というご連絡を頂いています。しかし、こういった女性の多くが面接担当者に聞いてくる事での中に、「連絡先交換禁止と書いてますが、実際にはあるのですよね?」などと質問してくるのです。当然、当グループは完全禁止ですので「連絡先交換は禁止ですよ。」とお答えしても、逆にビックリされるばかりで、ここまでナイトワークはお客様との連絡先交換が当たり前になっているのだと驚きでした。
上記のような状況を考えてみると、「セクキャバは稼げると聞くけど、連絡先交換は嫌だな…」などと、お店に連絡すらせずにセクキャバで働くことを諦めてしまっている方も多くいるのではないでしょうか?そこで今回は、多くの方に安心して稼いでいただけるよう、ヴィヴィッド・クルーグループが考える「お客様との連絡先交換」についてご紹介したいと思います。

そもそもナイトワークが連絡先交換が当たり前な理由

それではまず、キャバクラやヴィヴィッド・クルー以外のセクキャバにおいて、お客様と女の子が連絡先交換をする理由について考えていきましょう。この部分に関しては、誰でも少し考えればわかりますが、女の子とお客様がつながっている限り、そのお客様がお店に帰ってきてくれる可能性が高いからですね。もう少しわかりやすく言うと、連絡先交換をした女性は、お店に出勤していない時でも時間を見つけてお客様にお店に来てもらえるようメールやLINEで連絡を取るわけです。そうすると、繁華街で飲んだ後など、二次会として女の子が接客してくれる店に行こうと思った場合には、ちょくちょく連絡をくれる女性のところに行こうかな?と考えてもおかしくないですよね。
他にも、男性側が小まめに連絡してくれる女性を気に入り、いつの間にか恋愛感情を持ってしまって頻繁にお店に運んでくれるようになるかもしれない…なんてことも考えられます。
要は、ナイトワーク関係のお店が女の子と男性客に連絡先交換を推奨するのは、お店の営業活動として効率が良い面もあるからなのです。しかし、当然、こういったキャストからの連絡を嫌っている人もいますし、連絡を小まめにするキャストからすれば、お給料ももらえないのに自分の時間を使って連絡を強要されるのは納得がいかない…などと、働くモチベーションが下がってしまう恐れもあります。
つまり、ナイトワークにおけるお客様との連絡先交換は、メリット面もないとは言えませんが、それ以上にさまざまなリスクがあり、働く女性からすればほぼ間違いなく割に合わないと考えていると思います。ここまででも、ヴィヴィッド・クルーグループがお客様との連絡先交換を禁止する理由が予想できると思いますが、以下でわかりやすくご紹介します!

ヴィヴィッド・クルーが連絡先交換を禁止する理由

それでは、ヴィヴィッド・クルーがキャストとお客様の連絡先交換を『完全禁止』にしている理由についていくつかご紹介していきましょう。上述した通り、お客様とキャストが連絡先交換をした場合、直接お客様に営業を掛けることができるようになるなど、さまざまなメリットがあることも分かっています。しかし、女性の安全や、お客様に楽しんでいただくためには、それ以上に注意しておかなければならないことが他にいくつもあるのです。

☑ 女性の安全面を考えて

まず第一は、働く女性の安全面を考えた場合、セクキャバではお客様とキャストが連絡先交換を行うのは慎重にならざるを得ない面があるということです。セクキャバは、『お触りがOKなキャバクラ』と表現されるように、上半身へのお触りやお客様とのキスなど、お店でのキャストとお客様の密着度がキャバクラの比ではありません。
そのため、お客様と連絡先交換を行い、頻繁に連絡を取るようになったからと言ってお店外でお客様と食事をする場合には、危険度も高くなると言えます。つまり、お店でキスやお触りまでが許されていて、外で会ってもらえるということは、それ以上を求めてもOKなのだと考えてしまうお客様も少なからずいるということです。したがって、こういったキャストの身に危険が及ばないよう、そもそも連絡先交換を禁止しているのです。

☑ キャストから連絡が来るのを嫌がる人が多い

キャバクラなどであれば、キャバ嬢がお客様に営業を一生懸命かけるということが、一般の人にも浸透していますので、キャバ嬢からメールや電話があっても不思議に思う人は少ないでしょう。しかし、セクキャバ店というのは、キャバクラのように一人のキャストと男性客が長くつながっているイメージも少なく、またお店が基本的に広告活動を行うタイプのお店ですので、キャストから頻繁に営業メールが入ることを嫌うお客様が少なくないのです。
これは、『セクキャバ=いやらしいお店』というイメージが先行していることも理由のひとつなのですが、そもそもセクキャバに来店するお客様の多くは、キャストから追いかけられる(電話やメールで営業を掛けられる)事をあまりよく思っていないようです。そのため、連絡先交換をしたのだからと、良かれと思って連絡するキャストの行動が、逆にお客様が離れてしまう理由になってしまうのです。
この部分は、15年以上お店を運営してきた老舗セクキャバであるヴィヴィッド・クルーの実績から見る考えですが、セクキャバに来店するお客様には、キャストからの営業メールが逆効果となるリスクが高いため、そもそも連絡先交換を禁止するのです。

☑ そもそもキャストに営業させる必要がない

ヴィヴィッド・クルーは、15年の歴史がある関西でも老舗のセクキャバ店ですす。おかげさまで多くのお客様からの支持を得ており、そもそもキャストがお客様と連絡先交換を行い、営業を掛けなければいけないなどなく、平日でもたくさんのお客様にご来店いただいています。これは、長年の実績でもあるのですが、多くの固定客様にご支持を頂いています。
そこで、逆にキャストとの連絡先交換を解禁し、キャストからしつこくお客様に連絡をした場合、これらのお客様に不快な思いをさせて、お店にすら遊びに来てもらえなくなってしまう…というリスクがあるのです。こういった点を考えれば、わざわざお客様と連絡先交換をさせる必要がないということも分かっていただけるのではないでしょうか!

まとめ

今回は、ヴィヴィッド・クルーグループが、お店で働く女の子にお客様との連絡先交換を完全禁止にしているわかりやすい理由についてご紹介しました。本稿でもご紹介しましたが、キャバクラなどでは当たり前の、キャストからお客様への営業メールは、セクキャバに限って考えればあまり有効な手段とは言えず、それどころか働く女の子の安全やお客様の心境に悪影響を与えてしまう可能性がある、非常にリスクが高いものなのです。
したがって、ヴィヴィッド・クルーグループでは、例えキャストの女性側が「自分でも営業したい!」などと言った理由でお客様との連絡先交換をしたいと訴えてきても、完全に禁止しているのが現状です。冒頭でもご紹介しましたが、ヴィヴィッド・クルーグループが連絡先交換を禁止していることが「どうせウソだ!」と考えていた人は、ぜひ一度お店までご連絡いただきたいと思います。上述した以外にも、連絡先交換禁止としている理由はいろいろとありますので、きちんとご納得いただけるようにご説明も致しますよ。また、体験入店などしていただければ、実際に働いているキャストに「本当に連絡先っ交換禁止なのか?」を確認することもできます。
今まで、連絡先交換が怖くてセクキャバへの第一歩を踏み出せないでいた方は、どうぞご安心していただき、ヴィヴィッド・クルーで安全に稼いでいただければと思います!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。