神戸店営業再開、及び十三店リニューアルオープンのお知らせ

「稼げる!」といわれるセクキャバで稼げない人は何に理由があるの?

女性が稼げる夜職といえば、キャバ嬢のお仕事やデリヘルなどの風俗嬢が有名ですね。しかし近年では、この様相が少し変わってきており、夜職の中でもセクキャバ嬢のお仕事が最も安定して稼げると言われるようになっているのです。これは、キャバ嬢と比較すれば、サービスが過激になる事からそもそもの時給が非常に高く設定されているうえ、キャバ嬢のようにノルマや罰金制度がなく、出勤していれば誰でもそれなりの給料が安定してもらえるからでしょう。デリヘルなどの風俗店であれば、完全歩合制ですので、出勤していてもお客様が付かなければお給料は0円になってしまいます。セクキャバの場合は、時給制ですので、風俗嬢のような事はないということから安心して働くことができるのです。

しかし、このようなセクキャバのお仕事ですが、中には「思っていたほど稼ぐことができない…」と悩んでしまう人も一定数いると言われています。それでは、「誰もが安定して稼ぎやすい!」といわれるセクキャバ店で、稼げない人というのは何が原因になっているのでしょうか?ここでは、セクキャバで稼げない女性の理由についてご紹介していきます。

入店するお店選びを失敗…!

セクキャバで思うように稼げない…という場合、そもそも入店するお店選びを失敗している…ということが考えられます。上述したように、セクキャバ嬢は基本となる時給が非常に高いことから、出勤さえしていれば、誰でもそれなりに稼げることは間違いありません。しかし、近年では働きたいという女性が多いことから、何度かお店に出ても全くお客様が付かない…なんて女の子の場合、シフトになかなか入れてもらえず稼げなくなってしまう…なんてことがあるのです。

それでは、「お店選びに失敗…」とはどういった点で失敗しているのでしょうか?

コンセプトに合っていない

セクキャバは、お店ごとにコンセプトが決められており、基本的にはそのコンセプトに合っている女の子を募集しています。例えば、若い女性ばかりを集めている制服コンセプトや素人コンセプト、逆に大人の色気をメリットとした人妻・熟女コンセプトなどがあり、お店はこのコンセプトに合わないと判断すれば面接で落とすのが普通なのです。
しかし時には、面接で見抜くことができなくて、コンセプトにあまりあっていないのに入店できてしまうなんてこともあります。例えば、ちょうど女の子が何人か辞めてしまって、すぐに新しい子が欲しい時に面接に行ったなんて場合、「ちょっとコンセプトからズレているかも…」と感じながら採用するなんてこともあるのです。こういった場合、入店してみると、お客様からの指名が全く取れずに苦労してしまう…なんてことになります。

お店のコンセプトはお客様も理解しているため、コンセプトにズレている子はお客様のタイプから外れているということなのです。さらに、新たな女の子を雇ってキャストが増えていけば、指名をとれないという理由で出勤数を減らされ「稼げない…」なんてことになるのです。

集客力が無いお店を選んでしまった

大阪や東京などの大都市であれば、慎重に入店するお店を選ばなければいけません。地方都市であれば、セクキャバ店自体が少ないため、どこもそれなりに集客できるなんて場合が多いのですが、東京や大阪などの大都市では、人気店とそうでないお店が二分化されてしまっているのです。そのため、集客力が無いお店に入店してしまうと、出勤しても接客することなく帰宅する…なんてこともあるほどだそうです。もちろん、セクキャバは時給制ですので、お客様に接客していなくても時給分のお給料は保証してもらうことはできます。
しかし、あまりに暇であれば、シフトの予定よりも早く帰らされたりすることもあり、なかなか思うように稼げない…なんてことになるのです。セクキャバで稼ごうと思えば、忙しくて肉体的なしんどさはあるものの、人気店を選ぶ方が絶対に良いですよ!

自分のせいで稼げない場合

セクキャバ嬢になったのに「稼げない…」と悩んでしまう方の中には、自分自身の行いが理由で稼げていないという場合も少なくありません。というのも、セクキャバ嬢のお仕事は、トークスキルやボトルを入れてもらうためのテクニックなど、特別な技術をそれほど必要としないという特徴があるのです。要は、きちんと出勤していて、お客様のサービスを頑張っている嬢であれば、基本的に稼ぎに悩んでしまう…などといった状況に陥ってしまうことは考えられないものなのです。
ここでは、「稼げない…」と言っているセクキャバ嬢に共通する、いくつかの特徴をご紹介していきます。

出勤数が少ない

当たり前のことですが、出勤する日数が少なければ、それだけ稼げる金額も少なくなってしまいます。セクキャバのお仕事は、完全自由出勤制になっているお店が多く、出勤したい日を自分が申告して、シフトを作る感じになっているのです。そして、通常のアルバイトとは異なり、週一回などの出勤日数でも特に文句を言われるようなことはありませんし、「働くのがしんどいから、週一で…」なんて出勤の仕方をする人もいるのです。
当然このような人であれば、巷で言われているほどの高収入を得ることはできません。

トークを完全に無視している

セクキャバのお仕事は、「お触りがOKなキャバクラ」といわれるのですが、お客様が来店する主な目的なやはりお触りになるのです。そのため、キャバ嬢のような高いトークスキルが無くても稼げるなどといわれているのです。
しかし、いくらお触りがメインの仕事だとは言え、トークを完全に無視するのはよくありません。例えば、話しかけても無視する、まともに話を聞かない、心ここにあらずなどといった対応をするなどであれば。お客様も面白くないですし、リピーターが付いてきませんので、他のセクキャバ嬢よりも稼ぎにくくなってしまいます。こういった方は、他のアルバイトよりも稼げますが、トップクラスのセクキャバ嬢の稼ぎを見て「自分は何で稼げないの?」と悩んでしまうといった感じです。

容姿がテキトー

セクキャバは、店内がかなり薄暗くなっていることから、メイクやヘアメイクなどはテキトーで構わない…と考えてしまうキャストがいます。はっきり言っておきますが、この考えは大間違いですよ。セクキャバは、店内が薄暗いのは確かなのですが、お客様との距離が非常に近いことから、テキトーなメイクなどはすぐにバレてしまい「この子やる気ないな。」「接客を舐めているな」と悪印象を与えてしまうことになります。
そして、きちんと出勤していたとしても、なかなか指名客が付いてこず、他のキャストみたいに稼げない…と悩んでしまう訳です。セクキャバ嬢は、薄暗い中でもよく見られているということを意識して、容姿には注意を払っておきましょう。トップクラスのキャストになると、定期的にメイクやヘアメイクを変えて、新鮮味をアピールするなどの工夫を行っていますよ!

サービスを嫌がる

最後は、セクキャバ嬢として必要なサービスを嫌がる…というキャストです。セクキャバのお仕事は、「これはどうしても無理…」というサービスがあれば、個人的にNG事項に指定することは可能です。しかし、他のキャストが問題なく行っているようなサービスをあなただけがNG事項にしていた場合、「この子を指名してもエロいサービスを受けられない…」と指名してもらえなくなってしまいます。
セクキャバは、お客様もお酒やトークを楽しみに来ているのではなく、お触りやキスができるということで遊びに来ているのです。それなのに、嫌がりながらキスをしている…なんて接客をしてしまうと、お客様も楽しむことができませんよね。中には、「ディープキスはNG」なんてキャストもいますが、NG事項を増やせば増やすほど、稼ぎにくくなってしまう…ということは理解しておきましょう。

まとめ

今回は、夜職の中でも安定して稼ぐことが言われるセクキャバなのに、思ったように稼げない…と悩んでしまう方の特徴についてご紹介してきました。この記事でご紹介したように、セクキャバ嬢の方で稼げない…という場合、そもそもの働くお店選びを間違ってしまっている…という場合が考えられます。この理由で稼げない…というのであれば、できるだけ早く自分にあったコンセプトのお店を見つけて、そこに移籍するのがオススメです。

しかし、稼げない理由が自分自身の行いにある場合、お店を変えたとしてもあまり意味はないでしょう。自分自身に理由がある方が難しいのは、その人自身は「自分に原因がある」と気付いていない場合が多いからです。他人の振り見て我が振り直せではありませんが、セクキャバで稼いでいく場合、トップクラスに稼いでいる方がどのような接客をしているのかをよく見ておき、自分もそれを真似ていくことが最も安全だと思いますよ。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。