今なら誰でももらえる10万円の入店祝い金キャンペーン実施中

セクキャバ嬢として働くなら、知っておきたいよくあるトラブルについて

セクキャバ嬢などの夜職のお仕事は、一般の昼職などでは考えられないようなお給料が手に入る一方、昼職ではあまり考えられないようなトラブルに見舞われてしまうリスクがあります。

セクキャバやキャバクラ、風俗店など、どのような夜職で働くにしても、その目的は「お金を稼ぎたい」ということだと思います。そして、セクキャバは、さまざまある夜職の中でも、最も安定的に稼ぐことができるお仕事ですし、近年非常に高い人気を誇るようになっています。

しかし、夜職全般に存在すると言われるリスクに関しては、セクキャバ嬢のお仕事も同様ですので、どんなトラブルに見舞われてしまう危険があるのかはおさえておいた方が良いですよ。ここでは、セクキャバ嬢やキャバ嬢など、夜職で働いている女性におきやすい代表的なトラブルをご紹介します。

夜職女性が遭遇しがちなトラブルとは?

それでは、セクキャバ嬢を始めとした、夜職で働く女性が見舞われてしまうリスクの高いトラブルについて代表的なものをご紹介していきましょう。

①お客様からのプレゼントが原因のトラブル

セクキャバ嬢などは、誕生日やクリスマスなどのお店イベントがあった時、お客様からプレゼントを頂くことが多いです。それ以外にも、何度も通って本指名してくれるお客様の中には、毎回のようにプレゼントを持参してお店に来てくれるようなことも多いのです。

お客様からのプレゼントはさまざまな物が考えられますが、現在でも多いのは『ブランド物』を渡してくる人です。ちなみに、キャバ嬢さんの中には、「ブランド物は客から貰う物」などと公言しているような強者もいるほどなのですが、実はこのプレゼントが原因でトラブルに発展してしまうこともあるのです。

お客様が、嬢にプレゼントを渡す理由は、単純に嬢に喜んでもらいたいと考えてということも考えられますが、お客様の中には「仲良くなればホテルに連れ込めるかも…」などという見返りを求めている方もいるのです。こういった考えを持つお客様であれば、自分で勝手にプレゼントしたのに、「あれだけ物をあげたのだから店外デートしてよ!」としつこく誘ってきたりします。

こういったトラブルを避けるためには、プレゼントをもらうにしても、自分からおねだりは絶対にしないというルールをたてるのが良いです。また、貰う時には、一度断ってから貰うようにすれば、「お客がどうしても…」というのでもらったといった体裁を作ることができます。
そして、プレゼントをもらったのであれば、何らかのお返しを必ずすることでフェアな状況を作るという方法もあります。もちろん、高価なものを貰ったから高価なものを返す必要などなく、ハンカチやネクタイなどの比較的安価なものでも、「お返しはした」という状態を作りましょう。

②お金にまつわるトラブル

夜職で働く女性は、お客様とお金に関するトラブルを引き起こす方もいます。例えば、自分の指名客からお金をもらっているような人もいるのです。

夜職の中でも、キャバ嬢さんに多いと言われていますが、「学費を自分で稼いでいる…」などという設定を作り、お客様が好意で援助を持ちかけるなんてことも少なくないのがこういった世界です。そして、このような場合に、相手側がボランティアの精神などでお金はあげているつもりで、返してもらうつもりなんかないというのであれば別に構わないでしょう。しかし、中に、初めにきちんと話をつけておらず、お客様は「貸した」という認識になっている場合があるのです。このような時には、「返済を求められる」「お金以外の見返りを求められる」と言った状況になり、トラブルに発展するわけです。

こういったトラブルを避ける対処は、とても簡単で、お客様とはお金の貸し借りをしないということです。もし借りる場合でも、きちんと返済期日を決め、期日まで返しましょう。

③客がストーカーになる

これは、夜職業界の女の子にとって最も恐ろしいトラブルかもしれませんね。お客様の中には、ねじ曲がった愛情表現が当たり前と考えているような方もいて、お気に入りの嬢のストーカーに変貌してしまうなんてケースも存在します。

例えば、自宅までつけられていたり、お店の前で出待ちをされたり、メールや電話が頻繁に届いたりと言った事は珍しくありません。そして、最悪の場合、嬢の命にかかわるような事件にまで発展してしまった事もあります。

ストーカーに関しては、絶対に自分で解決しようとは考えない方が良いですよ。ストーカーされているかも…なんて不安になった時は、すぐにお店に相談し、対処をしてもらうようにしましょう。最悪の場合、警察に入ってもらうことも考えなければいけません。

④キャスト同士のトラブル

セクキャバ業界では、キャバクラ業界ほどキャスト同士がライバル関係のようになることはありません。しかし、そうはいっても売り上げを競う相手ではあるので、「お客さんの奪い合い」や「指名客を横取りする」なんてことで、キャスト同士でトラブルになってしまうことは考えられるのです。

特に、セクキャバのお仕事は、ドリンクバック制度がないお店が増えてきており、指名の数がお給料に影響を与える割合が大きくなっていることから、指名客の確保に敏感な人も多いです。キャバクラのようなヘルプはないので、その場でお客をとられるなんてことはないのですが、フリー客に対して悪口を言うみたいなことはよくあります。

ちなみに、上記のようなキャスト同士の争いは、セクキャバ業界ではそこまで多くないので、気にしなくても良いかもしれませんよ。

まとめ

今回は、セクキャバ嬢などの夜職で働く女性が陥りやすいトラブルについてご紹介してきました。夜職のお仕事は、一般のアルバイトやOLさんなどの櫃職などと比較すると、圧倒的に高額なお給料が貰えるというのが大きなメリットになります。しかしその一方で、女性の美しさやセクシーさを売りにする職業ということから、男女間の問題でトラブルに発展してしまうようなこともあるので注意が必要です。

特に、男性客から好かれなければいけないものの、必要以上に好かれてしまうと、お客様がストーカーに変貌して、大事件に発展してしまう…なんて恐れもあるなど、決して給料が良くて楽な仕事とは言えない過酷な面もあるのです。
コロナ問題も落ち着いてきましたし、今なら夜職で稼げると考えている方も多いと思いますが、余計なトラブルに見舞われないように注意しましょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

もちろん勤務地のご相談も受け付けております。神戸、京都からも好アクセスの梅田や身バレしにくい十三など、あなたにピッタリの求人を探してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。