神戸店営業再開、及び十三店リニューアルオープンのお知らせ

セクキャバで働く女性は何をメリットと考えてセクキャバ嬢を選んだの?

今回は、現在セクキャバで働いている女性が、数あるナイトワークの中でも「なぜセクキャバを選んだのか?」について考えてみたいと思います。

「女性が稼げる仕事」と言われているナイトワークですが、さまざまな業種のお仕事が存在しています。ナイトワークと聞いて、誰もが真っ先に思い浮かべるのはキャバ嬢だ思います。そして、デリヘルやソープなどの風俗店のお仕事が次に思い浮かぶという方が多いのではないでしょうか?
セクキャバも、これらのお仕事と同じく、ナイトワークに分類されるのは間違いないのですが、女性からの知名度に関してはまだまだ低いのが現状です。実際に、夜職で稼いでみようかな…と考えている女性でも、まず最初にセクキャバ嬢が思い浮かぶという方は非常に少ないのではないかと思います。

それでは、現在セクキャバ嬢として働いている女性たちは、さまざまな夜職のお仕事があるのにもかかわらず、なぜセクキャバを選んだのでしょうか?実は、セクキャバには、キャバ嬢や風俗嬢にはない、明確なメリットが存在しており、それを知っていると夜職はセクキャバが一番と考えてしまうのも普通のように思えてしまうのです。そこでこの記事では、セクキャバを仕事として選ぶ際のメリットについてご紹介していきたいと思います。

そもそもセクキャバってどんなお店

それではまず、「セクキャバって何?」という方のため、セクキャバがどういったお店なのかについて簡単にご紹介しておきます。男性からは非常に人気が高いお店になっているため、男性の知名度は高いのですが、働く女性からはあまり知名度が高く無くて、業種を勘違いしている方も少なくありません。

というのも、セクキャバについて、デリヘルやピンサロのような、いわゆる『ヌキ』サービスを提供しなければいけない風俗店だと考えている人が多いのではないでしょうか?このイメージから、「稼ぎたいけど、風俗まではちょっと…」と、仕事としては敬遠してしまう女性も少なくありません。
最初に行っておきますが、セクキャバは、風俗店ではないので、男性客に対してヌキサービスを提供する必要は一切ありませんよ。セクキャバは、オッパブやツーショットキャバクラなどといろいろな呼ばれ方があるのですが、あくまでも接客飲食店に分類されるお店です。このセクキャバという業種は、キャバクラから派生したお店で、基本的なお仕事はキャバ嬢と同じく「お客様の横に座って、お酒とトークの相手をする」というものです。そして、お酒の相手をする際に、キャバクラでは禁止されている「女性へのお触り」がサービスとして認められているのです。要は、「サービスが過激になったキャバクラ」と言ったイメージを持っていただければ、間違いないと思います。

ちなみに、セクキャバにも種類が存在しており、お店によってサービスの過激度がかなり違ってきます。例えば、近年増えている『いちゃキャバ』と呼ばれるお店は、服の上からのみ上半身のお触りがOK程度です。過激なお店になると、上半身のお触りだけでなく、下半身のお触りがOK、ディープキスもOKなど、サービスの範囲はさまざまなです。したがって、セクキャバ嬢として働こうと思った際には、自分がどこまでのサービスを許容できるかをよく考えて、お店のサービス範囲と照らし合わせておいた方が良いでしょう。

セクキャバを選ぶ理由

それでは、現在セクキャバ嬢として働いている方が、数あるナイトワークの中でセクキャバのどこにメリットを感じたのか?についてご紹介していきましょう。冒頭でご紹介したように、セクキャバのお仕事は、他のナイトワークにないメリットがたくさん存在しているのです。

メリット1 誰でも稼ぎやすい

最近では、テレビにキャバ嬢が出演して、1日で数千万円の売り上げを作った…なんて伝説的な話をする場面がありますね。これを見て「そんなに稼げるんだ…」と考えて夜職で働くという方も多いでしょう。しかし、キャバ嬢については、圧倒的に稼げるのはほんの一握りで、多くのキャバ嬢は生活すら苦しい…など、一般職よりも稼げない子が非常に多いのです。

一方セクキャバはというと、ナンバークラスのキャバ嬢ほど圧倒的に稼ぐのは難しいのですが、きちんと出勤さえすれば、誰でも高収入を得られるという特徴があるのです。というのも、セクキャバは、キャバクラよりもサービスが過激になっている分、基本となる時給が非常に高額です。人気店ともなると、時給5000円以上を保証していますし、ここに指名などの各種バックが加算されますので、人気嬢は時給換算で1万円を超える場合も珍しくありません。
さらに、キャバ嬢のような待機カットと呼ばれる女性に不利な制度がないため、出勤していれば、高額な時給分のお金が確実にもらえるわけです。したがって、安定して高収入を得たいという方には非常に大きなメリットになるわけです。ちなみに、デリヘルのような風俗店の場合は、完全歩合制になっていますので、お客様がつかなければ1日のお給料0円なんてこともあるのです。

メリット2 風俗じゃない

上述したように「稼ぎたいけど、風俗まではちょっと…」と考えている女性は多いです。この点、セクキャバは、あくまでも接客飲食店で、風俗店のような『ヌキサービス』は一切ありませんし、それをメリットとして考えて入店する人も多いです。

確かに、体に触られる…と言う点は、キャバ嬢にはないデメリットになりますので、それすらNGだという方であれば、セクキャバのお仕事は向いていないと思います。サービス内容さえ我慢できる人なら、非常に効率的かつ確実に稼げるのがセクキャバ嬢です。

メリット3 特別なテクニックがいらない…

セクキャバ嬢は、お酒を飲まなくても良い、トークが苦手でも良い、接客テクニックがそこまで関係ないなど、初心者でもその日から稼ぎやすいというメリットがあります。

キャバ嬢として働く場合、トークのみでお客様を楽しませなければならないため、コミュニケーション能力が非常に重要になります。さらに、ドリンクバックで稼いでいくという特性上、稼ぎたいのなら大量のお酒を飲まなければいけません。デリヘルなどの風俗店であれば、男性を楽しませるための各種テクニックが必要になります。
しかしセクキャバの場合、来店するお客様は『女性へのお触り』を目的としていますので、トーク力やお酒が飲めるのか…などは一切関係ないのです。したがって、初めてナイトワークで働く…という方でも、体に触れられるということを許容できれば、その日から大金を稼ぐことも可能です。こういった点から、キャバ嬢としては稼げなかった…なんて方が、セクキャバでは稼げるなんて状況になることも多いです。

メリット4 30代以上でも稼げる

最後は、30代以上の方でも問題なく稼げるというメリットです。一般的に、キャバ嬢や風俗嬢というものは、若い女性ほど稼げる可能性が高いと言われています。特にキャバ嬢に関しては、25歳を境に稼げなくなってしまう…なんて話もあるほどなのです。

しかし、セクキャバに関しては、明確にコンセプトがわかれており、30代以上の女性ばかりを集めた人妻・熟女コンセプトのお店が近年非常に高い人気を誇るのです。こういったコンセプトのお店では、20代そこそこの女性は逆に雇ってもらえないなど、他のナイトワークにはない大きなメリットになっています。
ちなみに、若い女性をメインとしたお店もありますので、長く稼いで行ける可能性が高いというのも人気の理由になっているのかもしれませんね。

まとめ

今回は、数あるナイトワークの中で、なぜセクキャバ嬢を選んだのかについてご紹介してきました。この記事でもご紹介したように、セクキャバは、キャバクラと同じく接客飲食店に分類されるため、風俗店はちょっと…と考えている方には非常にオススメです。特に、キャバ嬢のような女性に不利なシステムが無く、安定して高収入を得られると言う点も大きなメリットになっているようですね。特に、30代を超えると、他のナイトワークでは急激に稼げなくなるものの、セクキャバであれば何の問題もなく稼げると言う点も大きな特徴です。

これから、何らかの目的のため、ナイトワークで稼ぎたいと考えているのであれば、計画的に稼いで行けるセクキャバが非常にオススメです。セクキャバは、出勤さえしていれば、待機カットやノルマ未達による罰金などが無いため、計画的に目標金額を稼いでいくことが可能です。
今までセクキャバという選択肢を排除していた方は、ぜひこの記事を参考に、セクキャバ嬢のお仕事も候補に入れてみてはいかがでしょうか?

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。