セクキャバ嬢の悩みは「乳首が痛い…」その対策や解決法をご紹介します!

近年では、女性の高収入ワークの中でもセクキャバやオッパブが非常に高い人気を誇っています。セクキャバは『セクシーキャバクラ』の略語で、要はキャバクラよりもサービス内容が少し過激になったお店です。セクキャバのお仕事は、キャバクラとよく比較されるのですが、大きな違いと言えば、キャバ嬢特有の顧客への営業が一切必要ない…ということや、キャバ嬢のように高いコミュニケーション能力が必要ないのが特徴です。セクキャバは『お触りOKなキャバクラ』と言われるように、「トーク<スキンシップ」というお店なので、来店するお客様も、女の子と会話を楽しむというよりもお触りを楽しむために来ているという方が多いのです。

それでは、このようなセクキャバで働いている女性の仕事上の悩みとはどのようなことがあるのでしょうか?もちろん、人それぞれいろいろな悩みを抱えているのでしょうが、ほとんどのセクキャバ嬢に共通して言えるのが「乳首が痛い…」という悩みなのです。これは、セクキャバのサービスの特性上、上半身へのお触りが共通してOKになっているため、出勤すれば必ずおっぱいを触られることになり、特に乳首をいろいろな人に責められることで痛くなってしまうというものです。

今回は、セクキャバ嬢特有の悩みとその対策について簡単にご紹介していきたいと思います。

セクキャバ嬢の代表的な悩み

それではまず、セクキャバ嬢の代表的な悩みについてご紹介していきましょう。高収入を目指して入店するわけですから、多くの人が売り上げやお給料について悩んでいそう…というイメージがあるかと思いますが、セクキャバ嬢の方で自分の売り上げやお給料について悩んでいるという方は、他のナイトワークに比較すると極端に少ないと言えます。
実はセクキャバというお仕事は、基本となる時給が他のナイトワークよりも圧倒的に高いですし、キャバクラのような罰金や待機カット、風俗のように完全歩合という訳でもないので、誰もが平均的に高収入を得ることができるのです。お金がもらえるなら悩みなんてないんじゃないの?と思うかもしれませんが、セクキャバ嬢特有の悩みがあるのです。
以下でいくつかご紹介しましょう。

乳首が痛い…

これは、セクキャバ嬢の職業病と言っても良いかもしれませんね。大多数のセクキャバ嬢があげる大きな悩みと言えばサービスによって『乳首が痛くなる…』ということです。

セクキャバは、風俗ではありませんので、男性への性的サービスや下半身を触られることなどがありませんので、性病リスクも限りなく低くなるのに、高額な時給があるため、風俗嬢をやるよりも楽に稼げるというのが大きなメリットとなります。さらに、キャバ嬢と比較しても、トークだけでお客様を楽しませるわけではありませんので、お酒が飲めない…トークが苦手…などと言った人でも問題なく人気嬢になれるというメリットがあります。

しかし、セクキャバは上半身のお触りが共通でOKなお店となりますので、お客様はそれを目的にやってくるわけです。特に最近では、AVの影響もあり、「女性は乳首を責めると感じる」などと考えている男性も多く、出勤中は常におっぱいを触られている…といったイメージをしていただければ間違いないような感じです。
乳首というのは、そこまで強い皮膚に守られているという訳ではありませんので、仕事中常に触られるということで、炎症や肌荒れを起こしてしまうわけです。したがって、仕事に出勤していない時でも、衣服に触れて乳首が痛い…なんてことなる人もいるのです。

乳首を守る対策は?

セクキャバ嬢として働く限りは「今日は乳首が痛いので触らないで!」などという訳にはいきません。それでは、仕事をしながら、乳首を守るためにはどうすれば良いのでしょうか?
ひとつの対策としては、赤ちゃんにおっぱいをあげるママが使う『馬油』を塗るです。赤ちゃんは、意外と強い吸引力でおっぱいをすいますので、授乳後に乳首が痛くなってしまう…なんていう人は多いのです。その対策として有効と言われるのが『馬油』で、馬油を塗ることで痛みを緩和させることができると言われています。馬油は、殺菌効果と血行促進で肌の代謝が促進され、肌トラブルの緩和や傷の治癒効果が期待できると言われていますので、ぜひ用意しておきたいものです。また、コーフル軟膏という塗り薬も非常に安全で乳首の悩み解決に良いと言われています。どちらもドラッグストアなどで手に入りますので、セクキャバ嬢として働くなら用意しておくのが良いのではないでしょうか?
接客中の対策としては、あえて積極的にお客様にくっついていき、おっぱいを密着させ防御するという方法もあります。この方法であれば、お客様も積極的で良い子だと判断してくれますので、指名も取りやすくなるなど、一石二鳥です!

強引なお客様に悩む…

セクキャバは、他のお店で一通り飲んでから来店するお客様が多いです。そのため、セクキャバ店ではあまりお酒を飲まないという方も多く、お酒が苦手…という方でも働きやすいのが特徴です。
しかし、ほとんどのお客様はかなりお酒が入った状態で来店するため、キャストの扱いが乱暴だったり、強引に無理なサービスを強要させようとする方が一定数いるのです。こういった客は『くそ客』などと呼ばれ、ナイトワーク全般で嫌われるのですが、そもそもお触りがOKだというセクキャバの特性上、そういったお客様の行為は想像以上に無茶なものとなります。
例えば、「禁止されているのに強引に下半身を触りに来る」「自分の股間を露出しくっつけて来る…」など、普通では考えられないような事をされることがあるのがセクキャバ嬢の悩みとなります。もちろん、慣れてくれば、そういったお客様の扱いもうまくなるのですが、入店直後にそういったお客様に出会ってしまい、お店をすぐに辞めてしまう人もいるのです。

強引なお客様への対処は?

セクキャバ店は、他のナイトワーク以上に『明確なお店のサービス範囲』が決まっています。したがって、それ以上のサービスを要求されたのであれば、きっちりと断ってもOKです。お金を払ってくれるお客様だから…と遠慮する気持ちわかりますが、お店からしても大切なキャストに無理をさせようとすることもありません。はっきりと「サービス内容ではない!」ということをいって断りましょう。
それでも、強引にサービスを迫ってくれるのであれば、すぐにボーイさんを呼べば良いです。セクキャバでは、女性が安全に働けることを第一にしていますので、自分が無理だと判断した場合にはすぐにチェンジしてくれますし、お客様に退店してもらうなどの対応を取ってくれます。セクキャバ店は、基本的に女性キャストを大切に扱いますので、無理なチャレンジャーがいてもしっかりとした対応をして、守ってもらうことが可能です。

まとめ

今回は、高収入ワークでセクキャバを選んだ場合、仕事上の悩みとして抱えてしまう可能性がある問題をご紹介しました。
強引・乱暴なお客様に出会う可能性がある…ということに関しては、何もセクキャバだけに関わらず、全てのナイトワークで言えるキャストの悩みと言えます。最近ではお触り禁止のはずのキャバ嬢がお客様からお触りされても、お店が注意することもない…なんてお店が増加しているようで、どうせ触られるなら、お給料の高いセクキャバに移籍しようと入店することも増加しています。セクキャバは、過激なサービスが売りになっている一方で、お店はできるだけ女性キャストが安全に働けるように注意しています。そのため、何か問題がある…悩みがある…といった場合には、はっきりとお店に相談すると良いでしょう。そうすれば、何らかの対策を必ず取ってくれると言えます。

ただし「乳首が痛い…」という悩みに関しては、お店の売りでもあるため、触らせないようにする…なんて対策を取ることができません。したがって、上述したような塗り薬を常備しておき、なるべく乾燥するのを防ぐのがオススメです。どういった薬があるのかは、お店の人に聞けばきちんと教えてくれますので、入店時に相談してみると良いでしょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。