デリヘルでもメンエスでもない新業態 - デリセクとは -

セクキャバは誰でも稼げる?思うように稼げていないセクキャバ嬢の特徴とは?

近年、数あるナイトワークの中でも、特に稼ぎやすいと言われるのがセクキャバのお仕事です。セクキャバは、キャバ嬢と同じくお酒やトークの相手をするのがメインとなるお仕事なのですが、接客中にお客様がキャストへのお触りやキスが認められているという特徴があります。つまり、キャバ嬢などと比較すれば、お仕事内容が過激になってしまう分、お給料の基本となる時給が非常に高く設定されているのです。さらに、キャバ嬢のようにノルマや罰金などの設定がないため、基本的には出勤さえすれば、誰でも稼ぎやすいお仕事になっているわけです。

しかし、こういった「稼ぎやすい!」と言われるセクキャバ業界ですが、トップクラスに稼ぐ人とそこまで稼げていない人では、月収にかなりの格差が生じてしまうものです。もちろん、稼げない人でも、時給が高額ですので一般のアルバイトなどに比較すれば、十分に高収入と言えるのですが、トップクラスの人と比べれば月収で数十万円単位の差が生じてしまうものです。
それでは、同じセクキャバ嬢として働いているのに、これほどまでに収入格差が生じてしまうのはなぜなのでしょうか?実は、セクキャバ嬢の中ではあまり稼げない…と悩んでしまう方には、いくつかの共通する特徴が存在するのです。ここでは、セクキャバ嬢になったのに「予想していたほど稼げない…」と悩んでしまう方の特徴をご紹介していきます。

稼げないセクキャバ嬢の特徴とは?

それでは、セクキャバ嬢になってみたものの、トップ層のキャストと比較すると「なぜ私は稼げないの?」と悩んでしまう人の特徴についてご紹介していきましょう。こう聞くと、稼げているのは可愛い、スタイルが良いなど、見た目が良い人ばかりで、そこまで見た目が良く無ければどうせ稼げないのでしょう…なんて考えてしまう方がいると思います。

しかし、こういった考えは大きな間違いであり、中には飛びぬけて綺麗な見た目をしているのに稼げていない…なんて場合もあるのです。その逆に、見た目は飛びぬけて良くはないのに、圧倒的に稼いでいるような方も少なく無いのがセクキャバの世界です。ここでは、「あまり稼げない…」と悩んでしまっているキャストの特徴をいくつかご紹介しておきます。

出勤日数が少ない、出勤が不安定

まずは、そもそもの出勤日数が少ないという特徴です。当たり前のことですが、出勤する日数が少なくなれば稼げる金額が減ってしまいます。

また注意が必要なのは、出勤する曜日が不安定や当日欠勤が多いなど、出勤自体が不安定な女性はお客様が定着しずらいというデメリットがあると言う点です。お客様の中には、毎週〇曜日に来店する、毎月〇日に来店するなど、決まった日に来る方も少なくありません。したがって、そういったお客様を取りこぼさないためには、ある程度安定した出勤スケジュールを作っておくのが稼ぐためのコツになります。
「月曜に行けば〇〇ちゃんがいる!」とお客様に認識されれば、それだけ指名を獲得できる可能性が高くなるはずです。

すぐにドリンクをねだる

ドリンクバックが存在するセクキャバで働いている場合、ドリンクバックを目的に、ガツガツドリンクをねだってしまう方がいます。やる気は分かるのですが、お客様の雰囲気なども無視してねだってばかりだと、良く思われるわけはありませんよね。

そもそもセクキャバに来店するお客様は、嬢とのお酒やトークを楽しみに来ているわけではなく、お触りが目的なのです。リーズナブルにイチャイチャしたいと考えてきているお客様に対して、ガツガツおねだりしても、敬遠される一方ですので、ドリンクなんてどっちでも良いよ~といった感じで、サービスに注力したほうが指名などを獲得できやすくなります。セクキャバで稼いでいる方は、ドリンクバックなどにあまり重きを置いていません。

お客様との会話を楽しまない

セクキャバのお仕事は、あくまでもお触りが主目的となるため、キャバ嬢のようなコミュニケーション能力はあまり必要とされないとよく言われます。そのため、接客時の態度を間違った方法で行う方も少なく無いのです。例えば、席について、お客様に笑いかけもせず、会話もおざなり…なんて態度をとっていれば、お客様が楽しいと思うでしょうか?正直、愛想のない子だな…と、お客様には悪印象しか残らず、指名などにつながる可能性はありませんよね。

セクキャバのお仕事でも、最低限お客様との会話を楽しもうとする前向きさは絶対に必要だと思っておきましょう。もちろん、会話だけでプレイに入ろうとしない…なんて態度もいけませんが、きちんとお客様が何を必要としているのかをしっかりと読み取り、楽しませる必要はあると考えましょう。

言葉遣いが悪い、マイナス発言が多い

セクキャバのお仕事に慣れてくると、言葉遣いが悪くなってしまう方がいます。ノリで接客して楽しければ良いのでは…と考えるかもしれませんが、あくまでも接客業の基本は忘れてはいけません。また、会話の内容が思いつかないからか、意味不明にマイナスな発言を繰り返す人もいます。例えば、「私は何時も暇だから(笑)」などといった自虐を聞かされると、お客様はどう思うでしょうか?あなたの事を人気のない嬢だと思い、二度と指名しないですよね。

セクキャバ嬢として働くのであれば、テキトーなことを口走ったり、あまりふざけた言葉遣いをするのはやめておきましょう。また、お店のスタッフや他の女の子の愚痴などもNGですよ。お客様は、あなたの相談相手ではなく、セクキャバという空間を楽しみに来店しているということを忘れてはいけません。

お客様が現実に戻る発言をする

セクキャバに来店するお客様は、仕事も家庭も忘れて楽しむために来ているのです。それなのに、「奥さん綺麗なんですか?」「借金を返さなきゃいけないのでセクキャバ嬢をやってる…」など、現実に引き戻されるような話をされると、その場を楽しむことができなくなってしまいます。

セクキャバもキャバクラも「夢を売る仕事」などと言われるように、現実的な話や家庭の話はNGと考えなければいけません。また、自分の身の上話などをしてしまうと、身バレリスクなども高くなってしまいますし、何も良いことなどありません。セクキャバ嬢として働くときには、できるだけ楽しい話などを中心にするようにしましょう。

見た目に気を使わない人

これは、見た目が綺麗とかスタイルが良いなんて問題ではありません。例えば、髪の毛のケアもせずに頭がボサボサになっている…、お腹が出ている…なんて感じで、自分の美しさを保とうともしていない方の事です。たとえ、キレイな方でも、いつもメイクも髪型も一緒…なんて場合であれば、お客様に飽きられてしまう場合もあるのです。

セクキャバ嬢として長く稼いでいこうと思えば、常にお客様に新鮮な印象を当たる必要がありますので、メイクや髪型はもちろん、ボディケアやオーラルケアに気を遣う必要があります。常に自分自身を清潔で美しく保つようにしていれば、お客様も毎回楽しんでくれることでしょう。

まとめ

今回は、ナイトワークの中で最も稼ぎやすいと言われているセクキャバの中で、稼げる人と稼げない人の差がどこから来ているのかについてご紹介してきました。この記事でご紹介したように、セクキャバは、非常に高い時給設定になっていることから、誰でも出勤すれば比較的容易に稼ぐ事ができる稀有な仕事だと言えます。しかし、同じ仕事をしているはずのセクキャバ嬢でも、たくさんのお客様から指名が入り、圧倒的に稼いでいるという方がいるのも事実なのです。

誰でも、セクキャバ嬢として働くのであれば、圧倒的に稼ぎたいと考えるのは同じことだと思います。もしあなたが、セクキャバ嬢として思ったよりも稼げていない…というのであれば、この記事でご紹介したような事が原因かもしれませんよ。まずは、現在の働き方に何か間違ったポイントがないかチェックしてみましょう。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。