神戸店営業再開、及び十三店リニューアルオープンのお知らせ

お酒が飲めなくても稼げる!似ているようで異なるセクキャバとキャバクラの稼ぎ方

今回は、ナイトワークで稼ぎたいと考えている女性の中でも「お酒が飲めないから稼げないかな…」とナイトワークを諦めている方に向け、お酒が苦手でもセクキャバなら問題なく稼げる理由をご紹介します。

ナイトワーク初心者の方であれば、まずはキャバクラなど性的サービスの必要がない業種で働きたい…と考えることでしょう。近年では、キャバクラ嬢が普通にテレビに出演することが増えていることから、キャバ嬢の水商売色がかなり薄れてきており、キャバクラで働いていることをオープンにしているという方も増えています。そのため、多くのナイトワーク初心者は、まずキャバクラで働いてみるという流れになるのだと思います。

しかしキャバ嬢のお仕事は、お酒と切っても切れない縁があるものですので、お酒が苦手…飲めるけどちょっとしか飲めない…などという方は、「キャバ嬢になってもどうせ稼げない…」と考えてしまうようです。最近では、「お酒が飲めなくても大丈夫!」と記載されたキャバ嬢の求人情報なども多くなっていますが、仕事の特性上お酒が飲めるに越したことがないのは事実です。

それでは、お酒が飲めない人はナイトワークで稼ぐのが難しいものなのでしょうか?実は近年注目度が高くなっているセクキャバは、お酒が全く飲めない人でも何の問題もなく稼げる業界なのです。そこでこの記事では、セクキャバとキャバクラの稼ぎ方の違いをご紹介していきます!

似ているようで異なるキャバ嬢とセクキャバ嬢の稼ぎ方!

セクキャバは「お触りOKなキャバクラ」などと呼ばれるように、お客様の横についてお酒やトークの相手をする仕事になります。こう聞くと、キャバ嬢と同じシステムなのだからお酒が重要では?と考えてしまうかもしれませんね。
しかしそのようなことはなく、セクキャバは『お触りがOK』と言う点が人気になっているのです。つまり、セクキャバに来店するお客様というものは、お酒とトークを楽しみに来ているのではなく、お気に入りの女の子におさわりできるから遊びに来ているわけです。したがって、セクキャバのお客様は、嬢がお酒を飲もうが飲むまいが全く気にしないという方の方が多いのです。

こういった業種的な違いもあり、キャバクラとセクキャバでは、女の子の稼ぎ方自体もかなり違ってきます。

キャバ嬢とセクキャバ嬢の稼ぎ方

セクキャバは、お客様である男性からは非常に高い知名度があるのですが、働く女性からは勘違いされていることが多いような業界です。例えば、セクキャバは風俗店で性的サービスが必要だと考える人がいますがこれは間違いです。逆に、キャバクラのような物で、お給料形態もキャバクラと同じような感じと考える人もいるのですが、これも違います。

上述したように、セクキャバは「お触りOKなキャバクラ」と呼ばれているように、業種的にはキャバクラと同じく接客飲食店という扱いです。つまり、風俗店ではないのです。しかし、「お触りがOK」という過激さから、お給料の基本となる時給がかなり高く設定されています。キャバクラは、一般的に2500~3500円程度の時給に設定されるのですが、セクキャバの場合は5000円以上が当たり前の店も多いのです。つまり、同じ時間働いたとすると、時給分のお給料はセクキャバの方が確実に稼げます。

バックに関しては、キャバクラはお客様から頂くドリンクで稼ぐというイメージですね。もちろん、セクキャバもドリンクバックがあるお店も存在しますが、お客様自体がキャバクラほど飲みませんので、ドリンクで稼ぐことは難しいです。最近では、飲み放題になっていてドリンクバックすらないというセクキャバ店も多いです。こう聞くと稼ぎにくいと考えてしまう人もいますが、ドリンクバックを貰うには自分もかなりのお酒を飲まなければならないですし、ドリンクを入れていただくための営業力も必要になります。これらが一切必要ないと考えると、セクキャバの方が楽に効率よく稼げると考える方が多いのです。

ちなみに、セクキャバの場合は、基本的に指名料でバックを稼いでいくとスタンスになります。したがって、サービスのエロさや楽しい雰囲気のつくり方など、自分の努力次第でどんどん自分のお給料を高くすることができるわけです。また、キャバクラのように、お客様がいない時間のお給料をカットされる待機カットなどの不利な制度もありませんし、出勤さえしていれば確実に高収入が得られるという安定感が大きなメリットになります。

キャバ嬢は、ひと月で一千万円以上稼ぐ…なんて伝説的なキャストもいますが、セクキャバはここまで稼ぐことはできません。ただし、月収100~200万円程度稼ぐような人はいますし、安定的にどなたでも稼ぎやすいのが魅力です。

セクキャバ嬢はお酒を飲まなくても良い

ここまでの説明で分かるように、セクキャバ嬢であれば、お酒が飲めるかどうかは稼ぎに全く関係がありません。お店側も、当然女の子の稼ぎ方のシステムを理解していますので、面接で「お酒が全く飲めない」と言っても全く関係なく雇ってもらうことができます。それどころか、セクキャバ店の場合、フェイクドリンクなどを用意してくれますので、「飲めないなら飲めないと正直に言ってくださいね」というスタンスの所の方が多いです。

現在「お酒が飲めない…」ということでナイトワークで働くことを躊躇している方がいれば、セクキャバで働くことを考えてみてはいかがでしょうか?「セクキャバは体を触られる…」と言う点をデメリットと考える方もいますが、キャバ嬢をやっていたとしてもお酒の席ですので普通にセクハラをしてくるお客様が多いです。キャバクラであれば、そういったセクハラ行為を上手にかわすテクニックを身につけなければいけませんし、それが面倒で「どうせ触られるなら…」とセクキャバに移籍するキャバ嬢も多いのです。

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。