神戸店営業再開、及び十三店リニューアルオープンのお知らせ

20代、30代、40代…セクキャバ嬢っていつまで出来るの?

近年では、元々キャバクラやデリヘルなど、他の夜職で働いていた女性が、セクキャバ嬢として働き始めるというケースが増えています。これは、セクキャバ嬢の勤務条件が、他の夜職と比較しても、働く女性側に有利な点が多いということから、安定して高額な収入を得られるというメリットがあるからです。そして、夜職を考えている方にとってさらに嬉しいのは、キャバ嬢などと比較しても、セクキャバ嬢は、より長く稼いでいくことができると言われている点です。

というのも、夜職の代表とも言えるキャバ嬢に関しては、「稼げるのは20代前半が全盛期」と言われるように、25歳ぐらいになると、他の若いキャストにお客様をとられてしまい、収入が減ってきてしまう…と言われています。そのため、キャバ嬢を代表とする夜職は、短期間で大金を稼いで辞めるものだと考えられているわけですね。

しかし、同じ夜職の中でもセクキャバ嬢に関しては、30代に入っても全く問題なく稼いでいくことができると言われているのです。そこでこの記事では、実際にどのような年代の方がセクキャバ嬢として活躍しているのかをご紹介していきたいと思います。

セクキャバ嬢の年代について

それでは、ここ数年、夜職の中でも特に人気が高くなってきているセクキャバ嬢について、どのような年代の方が働いているのかについて、いくつかの年代に分けてご紹介していきましょう。

そもそも、セクキャバが、他の夜職と異なり、若さだけが武器ではないという状況になっているのはなぜだと思いますか?実は、この状況というのは、セクキャバ店それぞれが、明確なコンセプトに基づいて営業されているというのが非常に大きいと言われています。セクキャバは、単に「お触りができる!」というだけでなく、コンセプトがきちんと分かれていることから、男性客もどのお店に行けば自分の好みの子がいるのか、非常にわかりやすい状況になっているのです。そして、男性客の中には、若い女性ばかりではなく、大人の色気を楽しみたいと考えている方が多いため、人妻や熟女と言ったコンセプトのお店が高い人気を誇っているのです。

つまり、働く女性側からしても、どのお店に行けば稼げるのかが分かりやすく、実際にコンセプト選びを間違わなければ、「稼げなくて困る…」なんてことがないのも人気の理由です。

20代の女性が一番多い

セクキャバ業界でも、ほかの夜職業界と同じで、20代の女性の方が最も割合的には多いと思います。ちなみに、セクキャバ店に関しては18歳以上(高校生不可)であれば働くことができますので、10代の大学生やフリーターの方が働いている場合もあります。

なお、同じ20代でも、20代前半と20代後半では、稼げるタイプのお店のコンセプトが変わってきます。20代前半となると、一般企業に勤めていても満足な収入が得られないことから、Wワークとしてセクキャバ嬢として働くというケースも多いです。そして、この年代の場合、素人コンセプトや制服コンセプトなどのお店を選ぶ方が多いです。さらに最近では、かなりソフトなサービスを売りとしている『いちゃキャバ(服の上からお触り)』なるものが登場しており、セクキャバ業界に慣れるまでは、こういったソフトサービス店で働くという方も多いです。
20代の中盤以降となると、童顔で若く見える…なんて方でなければ、素人や制服コンセプトでは指名が獲得しにくくなるでしょう。この年代となると、キャバ嬢を引退してセクキャバに移籍してくるという方が多いのですが、和服コンセプトや人妻コンセプトのお店を選択する方が多いようです。

どちらにせよ、セクキャバ業界では、最も多い年齢層が20代です。

30代のの女性もセクキャバでは大活躍

30代以上になってくると、雇ってもらうことすら難しい…という夜職も多くなってきますよね。最近では、キャバクラ業界でも『姉キャバ』なる部門が人気になっており、20代後半から30代前半のキャバ嬢が活躍していると言われています。しかし、姉キャバに関しては、まだまだお店自体が少ないので、大阪や東京などの大都市でなければ、お店を見つけることすら難しい…というのが現状でしょう。

なお、夜職業界では、古くから『人妻』『熟女』と言ったコンセプトが確立されており、どのような業界でもかなりの人気を誇っています。ただし、デリヘルなどで言う『人妻』に関しては、20代の女性に見えるような、とても人妻や熟女などの表現が似合わないような場合も少なくありません。そのため、20代後半になってくると、そういった業界では稼げなくなってしまう…という方も多いのです。

セクキャバに関しては、人妻・熟女系のコンセプトが非常に高い人気を誇るようになっており、最近では求人情報にも「30代以上の女性」と言った記載が登場しているほどなのです。通常の夜職であれば、30代は上限として記載されることが多いのですが、セクキャバでは「30代は十分に旬な女性」という扱いになっているのです。実際に、30代中盤の方でも、20代前半の女性以上に稼いでいるなんてことも珍しくありません。

40代ってどうなの?

30代の女性に関しては、何の問題もなく稼いでいけると分かっていただけたと思いますが、それでは40代のセクキャバ嬢になるとどうなのでしょうか?熟女コンセプトがあると聞けば、40代の女性こそがそのコンセプトにふさわしいを考える方が多いかもしれません。中には、「熟女は40代後半からでしょ」という人もいるかもしれませんね。

実際の所、人妻や熟女コンセプトが人気になっているセクキャバですが、40代以上のセクキャバ嬢に関しては、そこまで多くないのが実情です。40代でセクキャバ嬢として働いている方がいるのはいるのですが、そういった方でも、40代ではなく30代前半に見えるという方ばかりです。セクキャバでは、30代以降も稼いでいけると言われるのですが、それでも、普段から不摂生をしていて、見た目も体型も崩れている…などとなると、雇ってもらうことはできないと考えておいた方が良いでしょう。
人妻や熟女コンセプトで遊ぶお客様に関しては、大人の色気やより過激なサービスを楽しめるという点でこういったコンセプトを選ぶのですが、スタイルなどを全く無視するというわけではないのです。したがって、40代の女性に関しては、働いていることもあるが、かなり珍しいと思ってください。

まとめ

今回は、セクキャバ嬢として働く女性の年代についてご紹介してきました。正直な話、セクキャバに関してはも、その他多くの夜職と同じく、働く女性の最も多い年代は20代の方だというのは間違いないでしょう。他の夜職との違いについては、キャバ嬢やデリヘルになると、20代前半が最も稼げる年代のはずですので、20代中盤を過ぎると徐々に働いている女性が少なくなるのですが、セクキャバに関しては、20代後半になってもそれなりの割合を占めていることでしょう。というのも、セクキャバのお仕事は、キャバ嬢などとして稼ぎにくくなってきた…という方が、セクキャバ嬢ならまだまだ稼げると移籍してくることが非常に多くなっているのです。そのため、その流れで30代になってもセクキャバで働いているという方が多くなっているのだと思います。

このように、セクキャバ業界は、10代後半から30代後半までといった感じに、非常に長く稼いで行けるという点が他の夜職にはない特徴だと思います。もちろん、年代によって自分に合うコンセプトを選んでいく必要はあると思いますよ!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。初めてのセクキャババイトで、たくさんの不安を抱えている方も多いと思います。そんな方は遠慮せず、お気軽にご質問等してください。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。