セクキャバを1つのステップと捉えて!シングルマザーが働きながら取得するのにオススメな資格は?

近年『3組に1組の夫婦が離婚する』とまで言われるほど、日本国内の離婚率が高くなっており、離婚率の上昇にともなって、女手一つで大切なお子様を育てる『シングルマザー』の方も増加しています。
シングルマザーの方は、大切なお子様に苦労をかけまいと、昼夜問わず働いている人も少なくなく、仕事と子育ての両立で悩んでいる方が非常に多いと言われています。当たり前のことですが、ママであればお子様との時間をできるだけ長く取ってあげたいと考えるものの、経済的な苦しさからそれもままならず、忙しい日々の中でお子様の寝顔しか見れていない…と悩んでいる方も非常に多いと耳にします。
もし、この記事を読んでいただいているシングルマザーの方で、上記のような悩みを抱えているのであれば、『ヴィヴィッド・クルー』で働いてみることを考えてみてはいかがでしょうか?セクキャバというお仕事は、多くの女性に風俗店だと考えられがちで、あまり良いイメージがないかもしれません。しかし、セクキャバはあくまでもキャバクラ同様の『接客飲食店』に分類されるお店で、風俗的な性的サービスの提供は一切ありません。さらに、他の水商売よりもさらに高い時給や、キャバクラのようにプライベートの時間に営業行為をする必要もないなど、お子様との時間を作りながら、しっかりとお金を稼ぐための体制を作ることができるお仕事です。
セクキャバは、安定して高額なお給料を稼げるだけでなく、自分の時間をきちんと作ることもでき、お子様との将来に向けて資格取得を考えながら生活していくには最もオススメ出来るお仕事だと考えています。そこで本稿では、シングルマザーの方にセクキャバがお勧めできる理由と、セクキャバをステップとするために働きながら取得しやすい資格についてご紹介します。

シングルマザーにセクキャバがお勧めの理由


厚生労働省が行った『平成28年度全国ひとり親世帯等調査』によると、全国のひとり親世帯の数は、「母子世帯123.2万世帯」、「父子世帯18.7万世帯」となっているそうです。この数字は、前回の調査と比較して減少しているそうですが、まだまだ全国には100万人以上のシングルマザーがいるということです。この調査では、さらに衝撃的な結果が公表されており、ひとり親世帯の年間収入に関して、「父子世帯:平均420万円」の収入に対して、「母子世帯:平均243万円」となっており、母子家庭どれだけ厳しい経済状況に置かれているのかがわ良くかります。
そのため、短時間でも高収入を得ることができ、お子様との時間や、自分の将来のための時間を作ることができるナイトワークを選択するシングルマザーが増えているのです。ここでは、シングルマザーの方がナイトワークを選ぶときに、セクキャバが最もオススメ出来る理由についてご紹介したいと思います。

メリット1 お給料が高い

シングルマザーの方が、セクキャバを選択する最も大きなメリットは『お給料が高い』という点でしょう。近年、アルバイトの最低時給も引き上げられていますが、それでも1000~1500円の時給が普通ですね。当たり前ですが、このような時給でお子様と生活するためには、昼夜問わず働く必要があり、それでも十分な収入を得るのは厳しいですよね。さらに、体調を崩したからと休みを取っては、生活に影響が出てしまう…など不安を抱えながらの生活になるので、ストレスも非常に大きいと思います。
セクキャバであれば、基本となる時給が3500円以上になるのが普通で、さらにヴィヴィッド・クルーでは業界未経験者でも5000円の時給を保証しています。もちろん、指名やドリンクのバックは時給以外に加算されますので、人気の女性になると時給換算で1万円を優に超す人も大勢いるのです。例えば、時給だけの収入を考えた場合でも、1日5時間で月に15日の出勤数で、月収37万5千円となり、かなり余裕を持って生活を作ることができるのです。
キャバクラも高時給でシングルマザーのお仕事として人気ですが、平均で時給2500円程度と考えると、セクキャバがどれほどシングルマザーの味方になるかわかりますね。

メリット2 自分の都合で働ける

セクキャバは「夜のお仕事」とのイメージが強いと思いますが、近年は朝や昼から営業している『朝セクキャバ』や『昼セクキャバ』が登場しています。その為、その人の都合に合わせて「朝から働くor昼から働く」などお子様との時間を考えて勤務形態を選択することが可能です。
さらに、セクキャバは『自由出勤制』を採用しているお店がほとんどですので、休みも自由に取れますし、自分の体調やお子様との時間など、人それぞれのライフスタイルに合わせて稼げるのが大きなメリットと言えます。
なお、セクキャバは、キャバクラとは異なり、キャストがお客様に電話やメールで営業をする必要がありません。キャバクラであれば、お店にお客様を呼ぶための営業はキャストの仕事とされるため、出勤していないプライベートの時間でも小まめに営業メールやLINEで連絡することを強要されます。当然ですが、こういった営業行為は、プライベートの時間ですので時給など一切出ません。セクキャバは、そもそもお客様との連絡先交換を禁止するお店の方が多いので、こういった煩わしい仕事でお子様との時間を取られることもありません。

メリット3 女性に不利なシステムが少ない

シングルマザーの方がナイトワークを始めようと考えた時、真っ先に思い浮かぶのがキャバクラ、その次がデリヘルなどの風俗なのかもしれませんね。もちろん、この二つのお仕事も、一般の昼職と比較すると、かなり高収入を見込めるお仕事だとは言えるでしょう。しかし、注意しておきたいのが、こういったお店で働く場合、あまり知られていない女性に不利な制度があるということです。例えば、風俗店であれば、基本的にお客様の相手をしたときにお給料が発生する『完全歩合制』が取られています。そのため、いくら待機所に出勤していたとしても、その日お店が暇であれば「お給料が0円だった…」なんてことも考えられるのです。キャバクラは、時給制ですので、一定のお金はもらえると思いますが、お店に出勤しても自分のお客様がいない場合は『待機カット』で時給がカットされる、ノルマの未達で罰金されるなど、考えていたより全く稼げない…なんて話はよく耳にします。
一方でセクキャバは、高額な時給があるため、出勤すれば「お給料が0円…」なんてことはありませんし、お店にお客様を呼ぶお仕事は『お店の責任』とみなされているため、お店が暇でも出勤さえしていれば確実に高収入が得られるのです。キャバクラは、高額なボトルバックで圧倒的なお給料を稼げる可能性もありますが、生活に必要不可欠な『安定した高収入』という面ではセクキャバに軍配が上がるはずです。

メリット4 その日からでも働ける

セクキャバで働くにあたっては、学歴や職歴、資格などは一切関係ありません。さらに、『業界未経験』ということもデメリットになるのではなく、その人の強みとされるため、安心して面接に行ってみましょう。通常、お仕事を決める際には、面接をしてその合否が後日でて、早くても翌月から働くといった感じになり、お給料はさらにその翌月です。これはすぐにお金が欲しいという方にとっては、大きなデメリットになりますし、場合によってはお子様がいるシングルマザーというだけで面接で落とされてしまうことも多いですね。しかし、セクキャバの場合は、体験入店制度なども用意されており、その人にやる気があれば、面接当日からでもお店で働くことができ、しかも、その場でお給料を貰って帰ることさえできるのです。したがって、「今すぐにある程度のお金が必要…」と思っている方には非常に強い味方になってくれます。

メリット5 年齢が関係ない

女性のナイトワークの代表と言われているキャバクラは、平均で18~25歳程度の若い女性が人気になる傾向があります。したがって、20代後半や30代のシングルマザーになると、なかなか雇ってもらえない可能性もあり、入店できても指名が全く取れず稼げない…なんてことが少なくありません。一方でセクキャバは、若さが重視されることはほとんどなく、何より『エロさ』が重視される傾向にあります。そのため、セクキャバ店の人気嬢を見てみると、20代前半の若い女性よりも20代後半や30代の女性がトップ嬢として働いていることが非常に多いのです。
セクキャバは、自分ではどうすることも出来ない『若さ』ではなく、誰もが努力次第で人気を取れるお店なので、シングルマザーにとっては非常に働きやすい環境と言えます。

働きながらでも取得できる!シングルマザーにオススメの資格


セクキャバは、ある程度自分の時間を持った状態で、生活に余裕が出る程度の収入を得られるお仕事だということは分かっていただけたのではないでしょうか。しかし、セクキャバやキャバクラといったナイトワークは、偏見もまだまだ多いですし、体力的にも精神的にも長期間続けるのは難しいお仕事なのも事実です。したがって、「良い条件の昼職を見つけるために資格取得を目指す!」「〇〇円貯めるまで働く」など、セクキャバを次のキャリアへのステップとして考えて働くのがオススメです。
実際に、セクキャバで働くシングルマザーの中には、「専門学校に通うのに充てるお金を貯めるため…」、「子供のために急な出費があっても良いように、働けるうちにある程度貯蓄を作るため…」など、期間を決めて働いている女性が少なくないのです。セクキャバは、上述したように、働きながらある程度自由な時間を作ることも出来ますので、将来の目的や目標を持って人生にトライするには非常にオススメです。以下で、セクキャバで働きながら取得するのにオススメな資格をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみましょう。

看護師や介護福祉士

看護系のお仕事は、求人もたくさん出ていますし、自宅の近くで仕事を探すのにも非常に有利な資格です。もちろん、資格取得には時間がかかりますが、資格取得すれば安定した生活を手に入れやすい非常にオススメな資格です。他にも、少子高齢化が社会問題となっている日本では、介護関係のお仕事もお勧めです。介護系は、業界全体で人手不足が叫ばれていますので、資格なしでも問題なく就職は出来るでしょう。しかし、資格なしで就職してしまった場合、お給料も安いですし、その後のキャリアアップも日々の生活に追われ、なかなか資格試験の勉強が進まない…なんて話をよく耳にします。したがって、入社前に介護福祉士などの資格を取得しておき、余裕を持ってケアマネージャーを目指すなどすれば、将来的なキャリアアップや収入アップも叶えやすいと思います。
ちなみに、こういったお仕事は、ひとり親世帯向けの『高等技能訓練促進費事業』を利用すれば、資格取得のための支援を受けることができますので、資格取得を目指す時には利用しましょう。

医療事務

比較的簡単に取得できオススメなのが『医療事務』です。医療事務は、職場となる医療機関が全国各地どこにでもあるため、資格取得⇒就職もスムーズにいくことが多いです。さらに、正社員、パートなど勤務形態も選べますし、景気に左右されることがない、週休2日の日中仕事と安定したスタイルで働けるというのが大きなメリットです。
医療事務は、体力などもそこまで問われませんし、年齢に関係なく長く働けるということで、シングルマザーの方にはとてもオススメです。

調剤事務

これは、調剤薬局で受付や薬剤料の算定をするお仕事になります。病院や医院の近くには、必ずと言っていいほど調剤薬局が併設されていますので、職場も多く就職もしやすいのではないでしょうか。調剤事務も、勤務形態を選べることが多いですし、清潔な職場で、薬にも詳しくなれるということで、医療事務と並んでシングルマザーにはオススメ出来ます。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、シングルマザーに人気の資格で、取得している人も多いです。資格取得は難しいと思われがちなのですが、3級であれば合格率も60%を超えると言われていますし、空き時間をきちんと作って勉強すれば決して取れない資格ではありません。ファイナンシャルプランナーの資格取得をすれば、保険、金融、住宅メーカーなど、就職先も非常に多く、独立も比較的しやすいというメリットもあります。お子様との時間を大切にしながら、自分のキャリアも大切にしたいと考える人にはオススメです。

まとめ

今回は、シングルマザーの方がセクキャバを選ぶことのメリットと、将来設計を考えた場合に取得することがオススメな資格についてご紹介してきました。本稿でもご紹介しているように、ひとり親世帯の中でも母子家庭は経済的に難しい状況に陥ることが珍しくなく、日々の生活に追われ、お子様との時間が取れなくて悩んでしまう…なんて人も少なくないでしょう。
そのような状況に陥ってしまった場合には、何とか生活していこうと、いくつものアルバイトを併用し、自分の時間も取れないまま、お子様のために働くシングルマザーの方が少なくありません。もちろん、それはとても尊いことではありますが、万一その働き方で体を壊してしまったら、元も子もありません。したがって、シングルマザー方は、将来の一つのステップとして、ぜひセクキャバを選んでみてはいかがでしょか。セクキャバであれば、他の仕事にはない安定した高時給が得られますので、資格取得のための時間を作りながら、生活に余裕を持てるだけの収入を得ることが可能です。
現在、お子様や自分の将来に不安を感じているシングルマザーの方がいれば、ぜひヴィヴィッド・クルーに相談してみてください!ヴィヴィッド・クルーでは、シングルマザーの将来設計を一緒に考え、出来る限り支援したいと考えています!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。