【初心者のための業種選び】セクキャバとキャバクラって具体的に何が違うの?

今回は、前回ご紹介したナイトワーク初心者のための業種選び第二弾として『セクキャバとキャバクラ』の違いについてご紹介したいと思います。前回は、セクキャバと風俗店との違いでしたが、今回はさらに分かりにくい『キャバクラ』との違いです。キャバクラといえば、昔から女性の高収入ナイトワークの代表ともいえるお仕事で、ほとんどの女性の方が「キャバクラの仕事内容であれば知っている!」と思っているのではないでしょうか?
しかし、恐らく皆さんがキャバクラに対して持っている『お仕事のイメージ』と本当のキャバクラのお仕事はかなりのズレがあると思います。実際にナイトワーク未経験者の人に「キャバクラってどんな仕事だと思いますか?」と聞いてみると、ほとんどの方が「綺麗なドレスを着用して、おじさんのお酒の相手をするお仕事」だと答えます。もちろん、この返答であれば完全に間違っているとは言えないのですが、表面的な部分しか見えておらず、これだけで高時給が発生すると考えていたら大間違いなのです。
そこで本稿では、ナイトワークで働くときには真っ先に思い浮かぶキャバクラで、本当にしなければいけない仕事内容と、それに対してセクキャバが有利になる点をご紹介したいと思います!

キャバクラのお仕事内容って?


それではまず、基本的なキャバクラのお仕事内容を押さえておきましょう。冒頭でもご紹介したように、キャバ嬢の表面的な主なお仕事は『男性客の横に座ってお酒を作ったり、話し相手をする』というものです。
これだけを見るととても簡単なお仕事に見えますが、お客様に対してのマナーも非常に厳しいです。キャバ嬢は、名刺の渡し方からお酒の作り方、タバコに火をつける動作など、美しく見えるように訓練も必要ですし、多くのお客様と会話ができるよう幅広い知識を身につけなければ『稼げるキャバ嬢』にはなれません。さらに、お店の売り上げを考えると、お酒をたくさん飲むことも求められますし、常に会話だけでお客様を楽しませなければならないため、酔っぱらう訳にもいきません。
キャバ嬢は、営業中だけでもイメージと異なり、難しい仕事が必要なのですが、実はお客さんの相手をしていない待機中や営業時間外でもやることはたくさんあるのです。まず、自宅にいようが、どこかに遊びに行っていようが、お客様にメールやLINEで営業することを強要されますし、同伴やアフターといった営業時間外にお客様と会うことも要求されます。しかも、同伴であればインセンティブになるからまだしも、アフターは自分のお給料にも反映しないため、普通のお仕事より時給が高いといっても、上記のような時給が発生しない仕事を加味すると、とても時給が高いとは思えない場合もあるのです。
ただし、お客様がキャバ嬢にボディータッチすることは基本的に禁止されているので、風俗のように過激なサービス提供に抵抗がある人はキャバクラの方が良いと思います。

キャバクラお給料事情

キャバ嬢のお仕事内容が分かったうえで、キャバ嬢はどれぐらい稼げるのか簡単にご紹介しましょう。キャバ嬢のお給料は、基本的に『時給制』が取られています。もちろん、時給制といっても、お店によって売上やポイントで時給がスライドする制度など違いがあるのですが、非常に複雑ですので、ここではわかりやすく平均時給だけでご紹介します。
一般的なキャバ嬢の平均時給は2500円程度で、平均月収は30万円程度といわれています。これを見るとさほど高くないと思うかもしれませんが、もちろんキャバ嬢の中にはサラリーマンの平均年収を1月で稼ぐような女の子もいます。しかし、それだけ稼げるのは、ほんの一握りで、キャバ嬢の中には一般の昼職よりも稼げていないという人も珍しくありません。
キャバ嬢は、上記の時給以外にも、ボトルバックやドリンクバック、指名バックなどと様々なインセンティブが発生します。したって、お給料的には、上記の時給分のお給料に、インセンティブになるものがどれだけとれるかが勝負になるでしょう。しかし、キャバクラの残念なところは、様々な項目で『天引き』があるということです。これは、源泉徴収はもちろん、ドレスのレンタル代、送迎代、メイクさんが専属でいる場合のメイク代など、お店が決めている内容の項目について給料から引かれてしまいます。さらに、お店によっては、お客様についていない待機中は時給がカットされる『待機カット』やノルマが達成できなかった時の罰金など、キャバ嬢側に不利なシステムが意外に多いので注意が必要です。
もちろん、こういった天引きや罰金制度をなくしているお店も最近は増えているようですので、お店の面接時に、お給料システムや何が天引きになるのかなどしっかり確認するようにしましょう。

セクキャバのお仕事内容って?


次は、セクキャバのお仕事内容について簡単にご紹介します。セクキャバでも、お客様が来店したら『となりに座って接客する』という点はキャバクラと同じです。しかし、決定的に違うのは、セクキャバは『女の子へのボディータッチがサービスの一環』ということです。女の子は、男性の膝の上にのり、上半身のお触り、軽いキスやディープキスのサービスが必要になります。
逆に、セクキャバは、キャバクラのようにさほどマナーを気にする必要もありませんし、ドリンクはボーイが運んでくれるので、女の子はお酒の作り方を覚える必要が無いのは楽です。他にも、お客様もお酒を飲みに来ているわけではありませんので、キャストもお酒の強さなど関係なく、ソフトドリンクでもバックが付くお店が多いです。お酒を飲まないということは、お客さんと深く会話をする必要もないので、コミュニケーションが苦手…という人も気にせず働けるのが非常に大きなメリットになるでしょう。
なお、セクキャバは、キャバ嬢のようにお店外でお客様に合うことを要求されることも少なく、そもそも連絡先交換すら禁止にしているお店が多いです。したがって、キャバクラのようにお給料にもならない営業活動が必要なく、働いた分だけきちんとお金がもらえるのも大きなメリットと言えるでしょう。

セクキャバお給料事情

セクキャバは、上記の通りキャバクラよりも体を張るお仕事のため、お給料は高めに設定されています。
一般的なセクキャバの平均時給は4000円程度ですが、繁華街の人気店となると基本となる時給ですら5000円を超えるようなお店も多くあります。平均的月収で考えると50万円程度で、良く稼ぐ子であれば200万円以上稼ぐような女の子もいます。ただし、キャバクラのように高級なボトルで稼ぐなどが難しいため、超人気店のナンバークラスのキャバ嬢のように圧倒的に稼ぐのは難しいと考えておきましょう。
もちろん、セクキャバにも様々なインセンティブが存在しており、指名やドリンクのバックである程度稼ぐことができます。キャバクラとの違いを考えると、天引きされる項目は少なく、待機カットや罰金の制度はほとんどのお店でないと思います。これは、そもそもお店に来店するお客様は、キャバクラと異なり店側が集客するものですので、キャストにその責任を負わせないと考えているからでしょう。
したがってセクキャバは、入店して出勤しているだけで誰でもそれなりの金額を稼ぐことができ、キャバクラのように天引きや罰金など、不利なシステムが少ないことを考えると全く稼げないということはありません。そのため、安定して高収入が必要と考えるシングルマザーや短時間でも稼ぎやすいという特徴でOLさんのWワークなどとして、近年非常に高い人気があります。

2つのお仕事内容を理解したうえでのセクキャバのメリット

それでは最後に、セクキャバとキャバクラを比較した場合のセクキャバのメリットをご紹介しておきましょう。セクキャバは、上述の通りお客様からのお触りやキスがサービスの一環となるお仕事ですので、「そもそも知らない男性に触れられるのは抵抗がある…」という方には難しいお仕事です。しかし、そこを抜きに考えると非常に多くのメリットがあるお仕事だと言えるでしょう。

  • ●女性有利なシステムが多い
    セクキャバとキャバクラを比較したときに、最もセクキャバのメリットと言えるのは、お店の制度のほとんどが女性優位に作られている点でしょう。そもそもセクキャバであれば、時給が発生しないお仕事などありませんし、出勤さえすればお給料としてお金が返ってきます。また、キャバクラのように、よくわからない天引きや出勤しているのに「客がいないのはキャストの営業のせい」などと時給がカットされるようなことはありません。
  • ●初心者でも一気にトップになれる
    キャバクラは、簡単に言えばトークや仕草のみでお客様を楽しませなければいけないお仕事です。そういったスキルは、慣れや元々のコミュ力などが必要とされるため、稼げるようになるには時間がかかるのが当たり前です。しかし、セクキャバは、トーク以外にも『エロさ』で勝負できる土俵ですので、頑張り次第で誰でも人気嬢になることが可能なのです。それどころか、初々しい反応が好きな男性も多く『未経験』が非常に強い武器となるセクキャバでは、入店初月から指名ナンバーワンになるような子も多いです。
  • ●幅広い年齢の人が活躍できる
    キャバクラは、一般的に10代後半から25歳ぐらいまでが稼げる年齢といわれます。しかしセクキャバの場合であれば、30代に入っても全く問題なく働けます。それどころか、若い女性を押さえて、30代の人がトップレベルで稼いでいるお店も少なくないのです。
  • ●働きやすい
    セクキャバは、キャバクラのように他のキャストと席を同じくするということがありません。したがって、キャスト同士でライバル意識が生まれることもなく、水商売特有の『派閥』もなく女性同士が仲良く働けるという点も大きなメリットと言われます。さらに、シングルマザーの方などであれば、出勤さえすれば確実にお給料が出るという安定感も働きやすさの一つとしてあげる人が多いです

まとめ

今回は、ナイトワークの代表『キャバクラ』と最近ナイトワークで高い人気を誇る『セクキャバ』の違いについてご紹介してきました。セクキャバは「お触りOKのキャバクラ」といわれるように、基本的に男性の横に座って接客するという点は同じです。しかし、キャバクラでは禁止されているお触りがサービスとなるので、基本時給やお店のシステムが女性優位になっているのです。
元々、セクキャバというお仕事は女性からの知名度が非常に低かったため、キャバクラとの違いが判らないどころか、風俗店と勘違いして仕事の候補から外している人が多いのです。しかし、本稿でもご紹介したように、セクキャバの仕事内容や条件を詳しくみてみると、お仕事の候補から外すにはもったいないと思える条件ばかりが並ぶのです。確かに「知らない男性に触られるorキスは抵抗がある…」という人には難しいお仕事かもしれませんが、「働いてみると、こんなに楽とは思わなかったと」とおっしゃる方の方が多いのも事実です。
実際に自分ができるかわからないけど、興味があるという方は、一度体験入店で雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか?特別なテクニックも必要なく、出勤していれば高時給がもらえるお仕事はセクキャバ以外にないと思いますよ!

ご質問・お問い合わせはこちら

24時間OK

お好きな方法でお問い合わせください。

06-6379-3008

大阪最大手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。

お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。