【接客テクニック】ホステスがやっている会話を続けさせるためのコツ

キャバ嬢は会話が得意というイメージがありますが、やはり会話が苦手な子も多くいます。
せっかくお客様につけても会話を続けさせなければ・・・という方向に飲みに頭がいってしまうと、思わぬトラブルが発生する可能性もあります。
そこで今回はホステスが実践しているという「会話のコツ」をご紹介いたします!

会話のコツ

セクキャバ求人

まず基本として「目に入ったものは何でも褒める」というテクニックをご紹介します。
これは何でもいいから褒めればいいのではなく、素直に自分が見て良いと感じたもののみ褒めればオッケーです。
素直な気持ちで褒められるので、お客様にとってもただのお世辞じゃないということがわかり、会話が広がります。

そして「質問が来たら質問で返す」ということも覚えてください。
例えば「どこ出身?」と聞かれた場合、ただその答えを伝えるのではなく「○○さんはどちらですか?」と続けて質問し返すというように、自分で会話を終わらせないようにします。

自分が話し始める時は前置きを入れるのも忘れないようにしましょう。
「そういえばこのあいだ観た映画なんですけど・・・」という風に、これから何を話すのかを含めて前置きが入れられればより良いですね。

動画でおさらい

匿名・相談のみの方大歓迎!
LINEでご相談ください

大阪最王手のセクキャバ、ヴィヴィッド・クルーでは毎日10名以上の女性からお問い合わせをいただいております。 すべての女性が面接をしたいというわけではなく、面接前にサービスや待遇面での質問のみの女性ももちろんいらっしゃいます。 お問い合わせ後のブロック大歓迎、少しでも興味あれば一度ご連絡ください。